新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

順天堂大学 医学部 麻酔科学・ペインクリニック講座 教授 (大学院医学研究科疼痛制御学 教授併任)

日本麻酔科学会 麻酔科指導医 日本ペインクリニック学会 ペインクリニック専門医 日本頭痛学会 指導医

井関 雅子 いせき まさこ 先生

日本麻酔科学会指導医、日本ペインクリニック学会認定ペインクリニック専門医、日本頭痛学会指導医、日本緩和医療学会暫定指導医。日本ペインクリニック学会認定ペインクリニック専門医ならではの治療を行う、数少ない医師の内の一人。「患者を第一に考えた「痛み」の治療をする」ことをモットーとする。また、麻酔科医としての神経ブロック治療等の他にも、臨床心理士と連携することで心の面からの「痛み」のケアにも力を入れている。オピオイドの使用に関するガイドライン作成にも携わり、日本における乱用防止の啓発も行っている。

基本情報

診療科

  • 麻酔科
  • ペインクリニック内科

主な領域

  • 麻酔学
  • 疼痛学
  • 神経ブロック治療
  • がん性疼痛治療

資格・所属学会

日本麻酔科学会 麻酔科指導医
日本ペインクリニック学会 ペインクリニック専門医
日本頭痛学会 指導医

役職など

  • 順天堂大学 医学部 麻酔科学・ペインクリニック講座 教授 (大学院医学研究科疼痛制御学 教授併任)
  • 日本疼痛学会(国際疼痛学会チャプター) 理事
  • 日本ペインクリニック学会 評議員/(平成27年まで理事)/東京・南関東地方会 評議員/2009年 第24回東京地方会 会長
  • 日本運動器疼痛学会 評議員/(平成27年まで理事)
  • 日本慢性疼痛学会 理事
  • 鎮痛薬・オピオイドペプチド研究会 代議員
  • 日本ニュ-ロモヂュレーション学会 理事
  • 日本麻酔科学会 代議員
  • 2012年 エピドラスコピー研究会 会長
  • American Society of Anesthesiology 会員
  • 日本緩和医療学会 暫定指導医

所属病院

順天堂大学医学部附属順天堂医院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 東京都文京区本郷3丁目1-3
  • JR中央線(快速)「御茶ノ水駅」 御茶ノ水橋口  JR中央・総武線も乗り入れ、東京メトロ丸ノ内線も利用可 徒歩5分 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」 徒歩7分
  • 03-3813-3111
順天堂大学医学部附属順天堂医院

医療記事

来歴等

略歴

1984年 大阪赤十字病院 麻酔科 臨床研修医
1985年 京都大学医学部付属病院 麻酔科 臨床研修医
1986年 京都大学医学部付属病院 医員
1986年 麻酔標榜医
1988年 東京女子医科大学付属病院 麻酔科 助手
1990年 日本麻酔学会指導医
1992年 順天堂大学医学部 麻酔科学講座 助手
1994年 日本ペインクリニック専門医
1997年 医学博士号修得(順天堂大学博士)
2003年 同 麻酔科学・ペインクリニック講座 講師
2005年 ペインクリニック東京地方会 評議員
2005年 順天堂医院 緩和ケアセンター長(〜2010年まで)
2007年 同 麻酔科学・ペインクリニック講座 助教授
2009年 日本緩和医療学会暫定指導医 日本頭痛学会指導医
2014年 順天堂大学医学部 麻酔科学・ペインクリニック講座 教授
     (大学院医学研究科疼痛制御学 教授併任)
【学会/医師会 委員など】
1. International Association for the Study of Pain (IASP) Education Group Member 2011年〜現在
2. 厚生労働省 献血者の健康被害に係る判定基準委員(医薬食発第0305001号)  2005年
3. 日本医師会 がん対策推進委員会 緩和ケア 2007年8月7日〜3月31日 「日本医師会編:がん疼痛治療のエッセンス」編集担当 平成20年に発行
4. 日本医師会 がん対策推進委員会 緩和ケア 2008年4月1日〜3月31日
5. 日本緩和医療学会 疼痛ガイドライン作成委員 2007年4月〜現在 「日本緩和医療学会編:がん疼痛に対する薬物療法ガイドライン 2010」執筆 平成22年発行
6. 日本緩和医療薬学会 教育委員アドバイザー 2009年〜現在
7. 日本麻酔科学会 関連領域小委員会 委員長 1996年〜2010年
8. 日本麻酔科学会 学術集会企画専門部会—ペインクリニック緩和点局所麻酔ワーキンググループ 2011 年〜現在
9. 東京麻酔専門医会学術委員 平成17年〜現在
10. 科学技術振興機構(JST)の知的活用推進ハイウエイ評価委員外部専門委員員.平成21〜〜現在日本ペインクリニック学会 神経障害性疼痛の治療ガイドライン作成ワーキンググループ委員 「神経障害性疼痛の治療ガイドライン」(第1版作成済)2011年発行
11. 日本ペインクリニック学会 非がん疼痛のオピオイド治療ガイドライン作成ワーキンググループ委員 「非がん疼痛のオピオイド鎮痛薬処方ガイドライン」(第1版作成済)2012年発行
12. 日本ペインクリニック学会 がん性痛に対するInterventional pain management ガイドライン作成ワーキンググループ委員(第1版作成中)
13. 日本ペインクリニック学会 非がん性痛に対するInterventional pain management ガイドライン作成ワーキンググループ委員(第1版作成中)
14. 日本ペインクリニック学会 治療指針作成委員 2005年〜現在 (第4版作成中)
15. 日本ペインクリニック学会 広報委員 2007年〜現在
16. 日本ペインクリニック学会 専門医試験委員 2009年〜現在

【広報 社会活動】
1. 市民講座 講師
(1) 日本麻酔科学会東京支部主催 東京国際フォーラム 「がんの痛みとはどういうもの?がんの痛みを正しく知ろう」(2008.3.29.)
(2) 第1回順天堂医院がん治療センター主催 有山記念講堂「がんの疼痛緩和法」(2008.7.15.)
2. 厚生労働省「慢性の痛みに関する検討会」 ペインクリニック専門医として提言 (2008.12.)
3. がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 講師: 施設協力
4. 医療商業誌:日経メデイカル(神経障害性疼痛) 日経メデイカル(非がん疼痛に対するオピオイド治療) Medical Tribune (神経障害性疼痛の薬物療法について)
5. 一般雑誌: Domani (肩こり) 婦人公論(神経障害性痛) 週刊女性(神経障害性痛) クロワッサン(女性の痛み)
6. 新聞: 読売新聞(シリーズ:高齢者の痛みについて) 読売新聞(医療用麻薬貼付剤)  
朝日新聞(痛みの緩和法 ペインクリニック) 毎日新聞(緩和ケア:がんの痛みについ て) 産経新聞(緩和ケア:がんの痛みについて) 日刊ゲンダイ(気鋭の医師 慢性疼痛)
7. ラジオ: NIKKEI短波放送 4回
8. テレビ: NHK (きょうの健康 —腰下肢痛− )  TBS (ニュース番組: Nスタ —神経障害痛— )

論文

【研究歴:文部科学省科学研究費】
1. 責任研究者:エピドラスコピーによるターゲット治療の確実性と安全性の検討と臨床応用. 2002年〜2004年度科学研究費補助金 基盤研究C−2研究課題番号14571466
2. 分担研究者:2007年度文部科学省科学研究(萠芽研究)鎮痛薬感受性個人差の遺伝メカニズムの解明とそれに基づく新たな疼痛治療法の開発.研究責任者: 財団法人東京都医学総合研究所 依存性薬物プロジェクトプロジェクトリーダー(参事研究員) 池田和隆
3. 分担研究者:平成24年度文部科学省科学研究(基盤B)神経障害性疼痛の発症と治療に関わる遺伝子多型の同定.研究責任者:財団法人東京都医学総合研究所 依存性薬物プロジェクトプロジェクトリーダー(参事研究員) 池田和隆
4. 責任研究者:非がん性痛に対するオピオイドの適正使用に関する調査と教育ツールの作成.2013年 文部科学省科学研究 基盤研究C 採択

【研究歴:厚生労働省科学研究費】
分担研究者:厚生労働科学研究費補助金障害者対策総合研究事業難治性慢性疼痛の実態と病態の解明に関する研究
1. 分担研究者:2011−2016年度厚生労働省科学研究—慢性の痛み対策研究事業—(0527第12号)班長:牛田享宏
2. 分担研究者:2011−2014年度厚生労働省科学研究—慢性の痛み対策研究事業—(0401第7号)班長:柴田政彦

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)特設サイト

特設サイトを見る

気になる症状をオンラインで医療チームに相談ができます

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

アプリから医療相談する
初回
無料

東京海上日動火災保険・ 東京海上日動あんしん生命のお客様 は、期間限定無料で医療相談が可能です。