新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

獨協医科大学埼玉医療センター 泌尿器科准教授

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・泌尿器科指導医 日本内視鏡外科学会 会員 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定者

井手 久満 いで ひさみつ 先生

前立腺がん・腎臓がんのロボット手術から男性更年期に対するアンチエイジングまで、泌尿器科で扱う幅広い診療内容に長けたエキスパート。医師の意見を押し付けるのではなく、可能性のあるすべての治療法のメリットとデメリットに関してもすべて丁寧に説明し、患者さんに選んでいただくことを心がけている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 泌尿器科
  • 泌尿器科腫瘍学

資格・学会・役職

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・泌尿器科指導医
日本内視鏡外科学会 会員
日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定者
  • 獨協医科大学埼玉医療センター 泌尿器科准教授
  • 医学博士 取得
  • 日本分子生物学会 会員
  • 日本がん学会 会員
  • アメリカがん学会 会員

所属病院

獨協医科大学埼玉医療センター

  • 内科 アレルギー科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 総合診療科
  • 埼玉県越谷市南越谷2丁目1-50
  • 東武伊勢崎線「新越谷駅」 徒歩3分 JR武蔵野線「南越谷駅」 徒歩3分
  • 048-965-1111
獨協医科大学埼玉医療センター

医療記事

来歴等

略歴

1991年 宮崎医科大学医学部卒業
1995年 国立がんセンター研究所分子腫瘍学部
1997年 宮崎医科大学医学部大学院卒業
1999年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校ハワードヒューズ研究所
2002年 杏林大学医学部泌尿器科学 助手
2005年 帝京大学医学部泌尿器科学 講師
2007年 帝京大学医学部泌尿器科学 准教授
2017年 獨協医科大学埼玉医療センター准教授

論文

1., Hisasue S, China T, Horiuchi A, Ide H, The impact of aging and comorbidity on the efficacy of low-intensity shock wave therapy for erectile dysfunction.,2016,Int J Urol., 23:80-84
2., Saito K, Hisasue S, Ide H, The Impact of Increased Bladder Blood Flow on Storage Symptoms after Holmium Laser Enucleation of the Prostate.,2015,PLoS One.,10:e0129111
3., Isotani S, Shimoyama H, Yokota I, Ide H, Novel prediction model of renal function after nephrectomy from automated renal volumetry with preoperative multidetector computed tomography (MDCT).,2015,Clin Exp Nephrol.,19:974-981
4., Muto S, Abe H, Noguchi T, Ide H, Maintenance monotherapy with gemcitabine after standard platinum-based chemotherapy in patients with advanced urothelial cancer.,2015, Int J Urol.,22:490-444
5., Isotani S, Shimoyama H, Yokota I, Ide H, Feasibility and accuracy of computational robot-assisted partial nephrectomy planning by virtual partial nephrectomy analysis.,2015,Int J Urol., 22:439-446
6., Nozawa M, Mukai H, Takahashi S, Ide H, Japanese phase I study of cabazitaxel in metastatic castration-resistant prostate cancer.,2015,Int J Clin Oncol., 20:1026-1034
7., Ide H, Yamagishi S, Lu Y, 1C, Circulating Pigment Epithelium-derived Factor (PEDF) Is Associated with Pathological Grade of Prostate Cancer.,2015, Anticancer Res.,35:1703-1708
8., Kitamura K, Muto S, Yokota I, Ide H, Feasibility of multiparametric prostate magnetic resonance imaging in the detection of cancer distribution: histopathological correlation with prostatectomy specimens., 2014, Prostate Int.,2:188-195
9., Ide H, Lu Y, Tanaka T, 1, Circulating Tumor Cell Count during Zoredronic Acid Treatment in Men with Metastatic Prostate Cancer: a pilot study.,2014, Prostate int.,2:147-51,
10., Muto S, Sugiura S, Nakajima A, Ide H, Maintenance therapy with intravesical bacillus Calmette-Guerin in patients with intermediate- or high-risk non-muscle-invasive bladder cancer., 2014, Int J Clin Oncol.,19:928-34
11.,Horie S, Hisasue S, Nakao M, Ide H, Correlation between the Japanese Aging Male Questionnaire (JAMQ) and Aging Male's Symptom (AMS) scale in Japanese male.,2014, Aging Male.,17:35-41
12.,Muto S, Kaminaga T, Horiuchi A, Ide H, Usefulness of proton magnetic resonance spectroscopy in predicting positive biopsy after high-intensity focused ultrasound for treatment of localized prostate cancer., 2014,Int J Urol.,21:776-780

著書

1.井手久満, 肉眼的血尿,今日の治療指針,山口徹,北原光夫,医学書院,2016,22-23
2.井手久満, 男性医療領域,機能性表示食品DATA BOOK,日本抗加齢協会,メディカルレビュー社,2015,136-138
3.井手久満,堀江重郎, 男性医療とサプリメント,アンチエイジング医学の基礎と臨床,日本抗加齢医学会,メディカルレビュー社,2015,371-372
4.井手久満,堀江重郎, 男女の性差から考える加齢とテストステロン,女性ヘルスケア集中講義,久保田敏郎,金原出版,2015,124-130
5.井手久満,アンチエイジングのための100の質問,メディカルレビュー社,2014,176-177
6.井手久満, 堀江重郎, 前立腺癌,内科検査値を読む,南江堂,2013,1606-1609
7.井手久満, 堀江重郎, PSA,臨床検査データブック2013-2014,医学書院,2013,660-661
8.井手久満, 尿閉と無尿,今日の治療指針,山口徹,北原光夫,福井次矢,医学書院,2013,24-25
9.井手久満, 膀胱癌,デビータがんの分子生物学,宮園公平,石川冬木,間野博行,メディカルサイエンスインターナショナル,2012,325-338
10.井手久満, 前立腺癌幹細胞の新知見,前立腺癌 基礎と臨床のアップデート,日本臨床,2011,633-637

その他

  • 【受賞】平成9年(1997年)9月 第8回前立腺癌ワークショップ医学賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。