クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
男性更年期障害
男性更年期障害とは、加齢に伴う男性ホルモンの減少に関連して、うつ傾向になる、体がだるい、筋力が低下する、骨がもろくなる、勃起しない、性行為ができないなどの症状を呈するようになった状態を指します。...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

男性更年期障害だんせいこうねんきしょうがい

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

男性更年期障害とは、加齢に伴う男性ホルモンの減少に関連して、うつ傾向になる、体がだるい、筋力が低下する、骨がもろくなる、勃起しない、性行為ができないなどの症状を呈するようになった状態を指します。更年期障害とは女性特有のものと捉えられていた時期もありましたが、近年では男性にも生じることが広く社会に認知されるようになり、男性更年期障害を疑われる患者さんの数は増加しています。

男性更年期障害は男性ホルモンの減少を原因の一端として発症するため、男性ホルモンの補充療法がとられることもあります。また、ストレスに対応できるように生活スタイルの変更を行うことも治療方法のひとつとして重要になります。男性更年期障害では、自身に生じている加齢に伴って変化する自分の心身の状態と、どう折り合いを付けられるかが重要であるといえます。

原因

男性更年期障害は男性ホルモンの減少を原因として発症します。男性ホルモンは主に睾丸の精巣でつくられ、筋肉や骨格をつくったり、脂質、糖代謝を促進したり、性機能を維持したりする役割のほか、脳の認知機能、心理機能にもかかわっていると考えられています。そのため、男性ホルモンが減少することを原因として性欲や認知機能、心理機能が著しい影響を受けるようになり、性欲の減退、うつ症状、だるさなどの症状を呈することになります。

男性更年期障害につながる男性ホルモンの減少は、加齢による変化がひとつの原因です。その他、男性ホルモンの減少は加齢に伴うものだけではなく、ストレスが原因になることもあります。特に現在の日本においては、経済的に安定しないなかで漠然とした不安を抱えながら生活を送る方も多く、男性更年期障害を発症する方が多くなっていると考えられています。

反対に、仕事に充実感を持って取り組まれている方、仕事以外の日常において趣味や家族との関係性を通して自分らしく充実した日々を送っていらっしゃる方は、男性更年期障害を発症するリスクは低いと考えられます。

また、更年期障害は女性特有の現象として考えられがちですが、近年では男性にも発症しうるという考えが社会にも広く浸透しつつあります。病気の認知度が高まったことと関連して、男性更年期障害と診断される方が増えているともいえます。

症状

男性更年期障害では、うつ傾向になる、体がだるい、筋力低下、骨がもろくなる、勃起しない、性行為ができないなどの症状を呈するようになります。気分の落ち込みを表すうつ傾向と関連して、元気がなくなった、毎日の楽しみが減った、仕事に対しての活力・意欲が若い頃と比べて衰えているなどといった感情を抱くようになります。

男性更年期障害ではうつ症状をみるため、うつ病としての症状なのか、男性ホルモンの減少を原因とする更年期障害の一症状なのか判断が難しいこともあります。

検査・診断

男性更年期障害は男性ホルモンの減少を原因として発症する病気であるため、男性ホルモンの状況を評価するための血液検査が行われます。血液検査では「総テストステロン」と「遊離型テストステロン」を測定します。

また、男性更年期障害とうつ病は、両者とも類似した症状を呈します。AMS(Aging Male Symptoms rating scale)スコア(男性更年期障害にみられる症状がどれくらい当てはまるのかをみるための問診票)という問診票を活用しつつ、詳細な問診を重ね、うつ病との鑑別を行います。

男性更年期障害では、治療の一環として男性ホルモンの補充を行います。しかし、もし前立腺がんが隠れているとがんの増悪を誘発することになるため、事前に前立腺がんにかかっているかどうかの評価が必要です。具体的には、血液検査でPSAを調べてスクリーニングを行います。

治療

男性更年期障害の治療は、男性ホルモンの補充療法や生活スタイルの変更などを通して行います。男性ホルモンの補充療法は、症状が重い方に対して適応になりますが、必ずしも効果が望めるわけではなく、効果を示さないこともあります。

男性更年期障害は、日常生活のなかでのやりがいのなさを根本にしている側面もあります。そのため、日常生活の中でやりがい、充実感を感じられるように生活スタイルに工夫を取り入れることが重要です。具体的には、ボランティア活動をすることが男性更年期障害に対して治療効果を示すことがあります。ボランティアとして他者になにかを与える活動を行い、相手から感謝されるといった流れのなかで、人は自信と存在意義を取り戻していきます。

男性更年期障害の記事を読む

もっとみる

男性更年期障害の記事にご協力いただいている医師