せいせんきのうていかしょう

性腺機能低下症

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

性腺機能低下症とは、精巣や卵巣がうまく機能しなくなってしまう状態を指します。精巣や卵巣そのものに異常がある場合もありますが、視床下部(ししょうかぶ)下垂体(かすいたい)といった脳の一部の異常が原因となることもあります。

精巣や卵巣がうまく成熟するためには、視床下部や下垂体といった脳からの情報伝達が必要不可欠です。これらの情報伝達として具体的には、視床下部からのゴナドトロピン放出ホルモン、下垂体からのゴナドトロピンといった物質が深く関与しています。これらホルモンが精巣や卵巣に働きかけることで、性腺の機能が成熟していきます。

原因

性腺機能低下症は、さまざまな原因で発症します。

精巣や卵巣そのものに異常がある場合

精巣や卵巣そのものに異常があるケースとしては、ターナー症候群やクラインフェルター症候群を例に挙げることができます。

これら病気は、染色体レベルの異常を原因として発症する性腺機能低下症であり、性腺機能低下以外の症状も現れます。また、加齢によって精巣や卵巣の機能が低下する場合にも、性腺機能低下症の症状が現れます。

視床下部や下垂体の異常が原因の場合

視床下部・下垂体の機能が低下する原因としては、脳腫瘍・がんの転移・放射線照射・カルマン症候群・シーハン症候群(分娩時の出血に起因して下垂体が機能障害を起こす疾患)などを例に挙げることができます。

症状

性腺機能低下症では、性ホルモンに関連したさまざまな症状が現れます。性ホルモンは特に二次性徴の発来に重要なホルモンであるため、二次性徴発来前に発症した場合には正常な二次性徴が達成されなくなってしまいます。

そのため、月経が発来しない、陰毛が生えない、乳房の膨らみがみられないなどの症状が現れます。二次性徴が達成された後に発症した場合には、月経が止まってしまうこともあります。

また、性ホルモンの分泌がうまくいかなくなることから、性欲の低下や勃起障害がみられることもあります。さらに、男女ともに妊娠に関係した機能がうまく成熟しないことから、不妊症を発症することもあります。

性ホルモンは身長にも大きく影響するホルモンであるため、成長に関しても影響がみられます。骨の成長も影響を受け、骨粗しょう症などの骨疾患を発症することもあります。

そのほか、性腺機能低下症ではそれぞれ原因疾患に応じた症状が現れます。具体的には、カルマン症候群であれば嗅覚障害が現れます。ターナー症候群では心疾患や腎疾患を発症する可能性があります。

視床下部や下垂体に異常が生じている場合には、性腺成熟に関与する以外のホルモンも障害を受けている可能性があり、甲状腺機能障害、血糖の異常など多くの症状が現れる場合があります。

検査・診断

性ホルモンが低下している状態を血液検査で確認します。また、性腺(せいせん)、視床下部、下垂体のどの部分で異常が生じているかを確認するため、各部位から分泌されるホルモン量を測定します。

性腺機能低下症の原因は多岐に渡るため、臨床経過や性腺機能低下以外の症状、身体所見などを参考に何が原因となっているかを調べます。

具体的には、頭部CTやMRIなど画像検査による腫瘍の検索、染色体検査によるターナー症候群やクラインフェルター症候群などの検索、カルマン症候群同定のための遺伝子検査などが検討されます。

治療

性腺機能低下症では、原因に応じた治療が検討されます。性ホルモンや性腺刺激ホルモンの補充療法を行い、二次性徴の発来・気分の安定化・骨粗しょう症の予防・妊孕性(にんようせい)(妊娠する能力)の改善などの効果を期待します。

実際にどのホルモン補充が必要かは、原因疾患や年齢などによって異なります。そのため、性腺機能低下症が診断された際には、原因疾患を特定したうえで治療計画を立てることが必要です。

こちらも気になることはありますか?
▶︎不妊治療について詳しく知りたい方はこちら