こうぷろらくちんけっしょう

高プロラクチン血症

脳

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

高プロラクチン血症とは、プロラクチンと呼ばれるホルモンが血液中で異常な高値を示す病気のことを指します。脳自体の問題であることもあれば、薬剤が原因となるともあります。プロラクチンは本来出産後の乳汁分泌に関わるホルモンですが、高プロラクチン血症は出産とは関係ないタイミングでの乳汁分泌、月経不順、不妊などの原因になることがあります。

原因

高プロラクチン血症は、下垂体からプロラクチンが過剰に分泌されている状態をいいます。下垂体は、プロラクチンを始めとしてさまざまなホルモンを分泌する機能をもつ器官です。この部位にプロラクチンを産生する腫瘍が発生すると、高プロラクチン血症になります。

また、下垂体の近傍に頭蓋咽頭腫、ラトケ嚢胞などの異常構造物が生じることで、高プロラクチン血症が生じることもあります。この他、薬剤を原因として高プロラクチン血症が生じることもあります。具体的には、抗うつ薬や吐き気止め、胃薬、抗アレルギー薬などの薬剤の一部が原因となります。

症状

プロラクチンは、生理的には出産後の母乳分泌に重要な役割を担うホルモンです。そのため、プロラクチンの値が高くなると、出産とは無関係に母乳の分泌がみられるようになります。

その他、乳房の腫大や月経不順などの症状が認められることもあります。また、高プロラクチン血症は卵巣からの女性ホルモンの分泌を抑制するため、ホルモンバランスを崩し、月経不順になったり、排卵障害のために不妊症の原因になったりすることもあります。男性の場合には、性欲低下や勃起障害といった症状につながる場合もあります。

高プロラクチン血症が脳の下垂体近傍の異常をもとにして生じる場合があり、このことと関連して、頭痛や吐き気、目の見えにくさなどの症状が引き起こされることもあります。

検査・診断

プロラクチンが体内で異常に増えている状況を確認するために、高プロラクチン血症の診断には血液検査が行われます。また、脳の下垂体近傍の構造異常を原因として病気が引き起こされている疑いのある場合には、下垂体周囲のCTやMRIといった画像検査を行います。

下垂体近傍の異常においては、プロラクチン以外のホルモン異常を伴う場合もあります。合併する異常を検出する目的でその他のホルモンの血液検査が行われることもあります。

治療

高プロラクチン血症は抗うつ薬や胃薬などの薬剤を原因として引き起こされることがあります。そのため、高プロラクチン血症の患者さんには、まず、服用している薬剤の確認を行うことが重要です。原因となりうる薬剤を服用している場合には、原疾患の管理の上での必要性にもよりますが、可能な場合には原因薬剤の中止が求められます。

薬剤性以外の高プロラクチン血症では、薬物療法や手術療法、放射線療法などによって治療介入されます。もっとも一般的な治療は、薬物によってプロラクチンの産生量を抑制する治療法です。脳の異常構造物が原因の場合は、異常構造物をなくすために手術療法や放射線療法が選択されます。

高プロラクチン血症の原因はさまざまであるため、原因に応じた治療を受けることがとても大切です。

こちらも気になることはありますか?
▶︎不妊治療について詳しく知りたい方はこちら