新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

男性更年期障害の診断・治療

男性更年期障害の診断・治療
松田 公志 先生

関西医科大学枚方病院副院長 関西医科大学泌尿器科学講座教授 関西医科大学副学長 関西医科大学評...

松田 公志 先生

男性更年期障害は、症状の診察とともに男性ホルモンの量を測って診断を下しますが、症状のよく似たうつ病との区別が難しいとされています。関西大学腎泌尿器外科学講座教授の松田公志先生に、男性更年期障害の診断、治療の実践についてお話を伺いました。

またAMS(Aging Male Symptoms rating scale)スコア(男性更年期障害にみられる症状がどれくらい当てはまるのかをみるための問診票)、うつなどの精神疾患との鑑別を行い、総合的に診断を行います。

「テストステロン」は主に精巣でつくられる男性ホルモンで、SHBG結合型・アルブミン結合型・遊離型の3つに分かれます。現在は総テストステロン値と遊離型テストステロン値を測っています。

また、男性ホルモン補充療法を行う場合には併せてPSA(前立腺特異抗原)の検査を行います。PSAは前立腺がんの疑いを測定するために行うものです。男性ホルモンは前立腺がんを進行させる働きがあるため、PSAの値が高い人には男性ホルモン補充療法を行うことができません。

AMSスコアは自己記入式の問診票で,心理的因子5 項目・身体的因子 7 項目・性機能因子17 項目の質問から構成されています。各項目とも5 段階で評価し、総合点で評価します。また、うつ病かどうかの診断も併せて行います。

男性更年期障害を診断する上で難しい点は、うつ病とどう区別するかです。

重症のうつ病の場合は判断できますが、軽症のうつ病の場合、男性更年期障害との区別は非常に難しくなります。なぜなら、うつ病になると性機能も悪くなり、男性ホルモンも低めになることがあるからです。

そこで私は、心・体・性機能の3つに症状が現れているかどうかをまず診ます。その上でテストステロンの値を測って、明らかに高いということでなければ、注射による男性ホルモンを補充する治療法を一度行い、効果があるかどうかを調べます。その結果、症状が快方に向かえば「男性ホルモンが低かったから男性更年期障害だった」と判断することができ、継続的な治療に移ることができます。

当院の「男性更年期障害外来」を受診された800人ほどの方のうち、ホルモン補充療法を行う方は約60%ほどです。効果があった方は、そのうちの約50%ほどです。

そうなりますと残りの半分の方は「男性ホルモンが少し低めで注射をしたけれどもよくならなかった」ということで、更年期障害と同じような症状は出ているものの、うつ病や体力の減退などを疑うことになります。この場合は専門医に診てもらい、適宜抗うつ薬などによる治療を受けてもらいます。

 

受診について相談する
  • 関西医科大学枚方病院 副院長、関西医科大学 副学長/泌尿器科学講座 教授/評議員・理事

    松田 公志 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連の医療相談が15件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「男性更年期障害」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。