うつびょう

うつ病

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

うつ病とは、気分の落ち込みや喜び・興味の減退などの症状が長い間持続し、日常生活にも支障をきたすようになった状態を指します。気分の落ち込みを感じることは誰にでもあることですが、うつ病では時間を経ても気分が晴れることがなく、強い抑うつ感が続くことになります。

うつ病の患者さんの数は、日本においては100万人を超えると報告されています。また、一生涯の有病率は3~7%ほどであり、誰でもかかる可能性のある病気です。

原因

うつ病の発症原因は一つではなく、それぞれの人の持つ性格的な背景や環境要因によるストレス(経済的な要因・社会的な要因・個人的な要因・周囲の要因)などが複雑に関与していると考えられています。

同じようなストレスにさらされてもうつ病になる方とならない方がいますし、たとえ生まれつきストレスに強い方であっても、離婚・倒産・解雇など大きな問題に直面すればうつ病を発症するリスクとなりえます。

うつ病の原因となる主なイベントには、仕事関係としてはリストラ、昇進(仕事に対する不安が強くなるため)、単身赴任などがあります。また、ライフイベントでは、死別や離別、子どもの独立、出産などが考えられ、これらの環境変化がうつ病の原因となりえます。

症状

うつ病になると、気分の落ち込みや喜び・興味の減退などの症状が長い間持続し、日常生活に悪影響を及ぼすようになります。具体的に生じうる自覚症状としては、抑うつ気分、今まで好きであったものに対して楽しさを感じることができない、集中力が続かない、不安を感じてイライラする、などがあります。

他人からわかる変化としては、見た目に元気がなく表情が暗い、涙もろい、反応が遅い、といったものが挙げられます。

うつ病では身体症状も現れます。たとえば、食欲がない、体がだるい、疲れやすい、性欲がない、頭痛・肩こりがする、口が渇く、などの症状です。身体症状から始まるうつ病もまれではなく、「抑うつ気分になるのがうつ病である」といった固定観念を持たないことが、病気の早期発見につながるでしょう。

検査・診断

うつ病は、基本的には症状を詳細に評価することから診断します。うつ病ではさまざまな心理面での変化や身体症状が現れますが、なかでも重要視されているのは、抑うつ気分、興味・楽しみの喪失、の2点です。この2つの症状を代表としたうつ病に関連する症状が2週間以上持続することで診断されます。

ただし、うつ病と類似の症状を表すものとして、甲状腺機能低下症などの病気や薬物の影響などがあります。これらとうつ病を区別することも、うつ病の診断では重要です。

治療

うつ病は、病気のパターンや、その方の状況にあわせて治療を行うことが重要です。抗うつ薬や抗精神病薬などの薬物が使用されることも多いですが、注意すべき点は薬だけで治そうとしてはいけないということです。大切なのは、薬物以外の治療方法です。特に、休息をとることが重要です。何かしらのストレス要因からうつ病を発症していることもあるため、ストレスから離れて休息をとり心身ともにリラックスを図ることが重要です。

また、うつ病の治療を考える上では、患者さんの背景を深く理解することが重要です。まず、どのような生活を送っているか、どのような生い立ちだったか、学校ではどのような生徒だったか、年齢によって対人関係はどう変わったのか、などということをしっかりと聞きます。

その上で、その方の考え方、頑張る方法、周りの方が患者さんをどのように解釈しているのか、周りの方のことをどう考えているのか、などということを総合的に判断して、患者さんと治療に関する認識を合わせ、治療の目標を立てます。

「うつ病」に関連する他の記事
もっと見る