【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 0bbeb773 90ff 40de 8856 5823cfadb583
うつ病で入院が必要になったら?入院時に知っておきたいこと
うつ病は通院での治療が一般的ですが、重症の場合などでは入院による治療が必要なこともあります。うつ病で入院が必要な目安や、うつ病の入院治療のメリットについて横浜市立大学名誉教授(前横浜市立大学医学...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

うつ病で入院が必要になったら?入院時に知っておきたいこと

公開日 2018 年 04 月 09 日 | 更新日 2018 年 04 月 09 日

うつ病で入院が必要になったら?入院時に知っておきたいこと
平安 良雄 先生

医療法人へいあん 平安病院法人統括院長・臨床研修センター長 / 横浜市立大学名誉教授

平安 良雄 先生

目次

うつ病は通院での治療が一般的ですが、重症の場合などでは入院による治療が必要なこともあります。うつ病で入院が必要な目安や、うつ病の入院治療のメリットについて横浜市立大学名誉教授(前 横浜市立大学医学部精神医学教室主任教授)の平安 良雄先生にうかがいます。

うつ病で入院が必要な場合

病室

通院では十分な治療が難しい場合に検討

うつ病は、重症でなければ通院での治療が可能です。数か月から年単位の長い治療期間を必要とすることから、基本は通院による治療が選ばれます。

しかし、「日本うつ病学会治療ガイドライン Ⅱ.うつ病(DSM-5)/大うつ病性障害 2016」によると、以下の場合では入院による治療が検討されます。

  • 自殺企図(自殺を実行する)・切迫した自殺念慮のある場合
  • 療養・休息に適さない生活環境
  • 病状の休息な進行が想定される場合(衰弱している場合や精神病症状*を伴う場合を含む重度の場合、治療反応性が悪い場合も含まれる)

精神病症状…幻覚や妄想など、精神病的な症状

入院したいといえば入院できる?

受け入れ先の病院によって入院の適応基準が異なる。まずは主治医に相談を

患者さんの希望で入院できるかどうかは、病院により対応が異なります。そのため、入院を希望する場合はまず主治医に相談して、入院可能かどうか尋ねましょう。

通院している病院が入院設備を設けていない場合には、入院先を含めて相談してみるとよいでしょう。

うつ病で入院するメリット

看護師と患者さん

治療に専念することができる

うつ病の入院治療のメリットは、治療に専念できるという点です。たとえば、休養のために休職をしていても、通院による治療では自宅で家事をする必要があったり、周囲からサポートをうまく得られなかったりと、必ずしも治療に専念できる環境でない場合があります。

このように、うつ病の治療に専念できる環境でない場合は、入院が有効であることもあります。

うつ病の入院期間と入院費用

個人により異なる

うつ病の入院期間と入院費用は、患者さんにより重症度や必要な治療が異なるため、一概にこの程度の期間・金額とはいえません。入院期間について疑問がある場合には、主治医に相談することをおすすめします。

うつ病の治療と入院(平安 良雄先生)の連載記事

岡山大学医学部卒業後、ブリティッシュ・コロンビア大学医学部精神科、ハーバード大学医学部精神科を経て、横浜市立大学病院 精神科 診療部長・主任教授を務めた。将来の精神医療を担う医師や看護師などの教育にも力を注いでいる。うつ病と発症年齢、自殺の関係性などの臨床・研究を行い、うつ病の啓発・普及にも力を注いでいる。

関連記事