【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 a5c02465 11dc 43a6 8ec2 9a23dbd439eb
ストレスと睡眠の関係性。たかぶって眠れないなら薬も
現代人はストレスにさらされています。その渦中で人は心の健康を失いがちです。これを防ぐには健康な生活習慣を送り、それをストレスがあっても崩さないで続けることです。薬を飲めば健康が得られるなどは、ゆ...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

ストレスと睡眠の関係性。たかぶって眠れないなら薬も

公開日 2015 年 08 月 31 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

ストレスと睡眠の関係性。たかぶって眠れないなら薬も
井原 裕 先生

獨協医科大学越谷病院こころの診療科 教授

井原 裕 先生

現代人はストレスにさらされています。その渦中で人は心の健康を失いがちです。これを防ぐには健康な生活習慣を送り、それをストレスがあっても崩さないで続けることです。薬を飲めば健康が得られるなどは、ゆめゆめ思ってはなりません(参考:「過大評価されている抗うつ薬の効果―「魔法の薬」ではない」)。

それでも、「すべてのケースで薬は無意味」というわけではありません。薬が必要なときもあります。『うつの8割に薬は無意味』などの著書で知られる獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授・井原裕先生に、ストレスと闘う現代人をどう支えていくべきか、お話をお聞きしました。

ストレスの多い現代人の生活

現代を生きる人々は、つねにストレスにさらされています。会社員なら、上司の叱責、顧客の苦情、連日におよぶ会議等々。会社が経営危機に陥り、自分にリストラの危機が迫っているのを感じている人もいるでしょう。その渦中にあっては、本来健康な人でも、心身ともに疲弊しきってしまいます。

過度の緊張にさらされると、気持ちがたかぶってしまって眠れなくなることがあります。人間のストレス応答は、「交感神経」と「副交感神経」の両方によって調整されています。24時間のうち12時間が交感神経優位、残りの12時間が副交感神経優位の状態にあり、心身は前者にあっては「戦闘態勢」、後者では「リラックス状態」にあります。緊張状態においては、交感神経優位の状態が長く続き、たかぶった状態を作ってしまうのです。

睡眠と心は密接に関係している

心身のたかぶりをしずめることこそ、睡眠の働きです。理想は一日の疲労を一晩の睡眠で解消することですが、これは実際には難しいことです。

睡眠においては、代償機能がある程度働きます。たとえば納期が迫っていて、遅くまで仕事をせざるを得ず、一昨日・昨日と2日間眠れなかった場合などもあるでしょう。その場合、納期後に長い睡眠をとって、それまでの睡眠の不足分を挽回すればいいのです。この働きを代償機能と呼びます。
このようなときに疲労を正しく自覚して、体の要求に適切に応じてそれ相応の長い睡眠をとることこそ、健康を維持するためのコツです。

しかしストレスの量が多すぎて、ついに心身の代償機構のキャパシティを超えると、体が戦闘体制からリラックス状態に入れなくなってしまいます。これが「不眠」です。この状態では、睡眠中に行われるはずの心身のメインテナンスが、十分に行われなくなります。こうして、心も体も健康を害していくのです。

これは危険な状態です。なんとしても睡眠を確保して、中断している心身のメインテナンスを再開しなければなりません。そのような場合は、高ぶった状態を鎮め身体を戦闘態勢からリラックス・モードに切り替えるために、睡眠改善作用のある薬剤を使ってもいいでしょう。

さらにひどくなると被害妄想も

寝不足は思考をゆがめます。疲労した脳では、正しい判断ができません。不眠が続いて、次第に周囲に猜疑心を抱きはじめ、同僚の片言隻句に悪意を読み取る人がいます。そうかと思えば、自分の状況を誤認し「自分の失敗は万死に値する」「我が家は破産する」「この腰痛はがんに違いない」などと極端なことを考えることがあります。

ここまでくれば、「妄想型うつ病」と呼ぶべき段階です。薬物療法は不可避でしょう。思考が暴走し、ブレーキが利かなくなっているのです。このような場合は、抗うつ薬だけでなく、通常量の1/8~1/10というごく少量ですが、抗精神病薬という精神病向けの薬剤を使うことすらあります。思考の走り過ぎに対してをブレーキかけるという意味合いです。

このように、うつの人のなかには薬を使うべき場合もあります。でも、それはあくまで少数派です。私が書名にしたとおり『うつの8割に薬は無意味』であり、特に「悩める健康人」の人の場合、抗うつ薬にメリットはほとんどありません。

 

井原裕先生の最新作です

精神科医となって以来、都心の大学病院・農村の精神科病院・駅前のクリニック・企業の健康管理センター・児童相談所と多様な治療セッティングのもとで診療を行う。この多彩な臨床経験をもとに、就学前から超高齢者までの、ほぼすべての年齢層の患者を診察。対象疾患も、うつ病・統合失調症・発達障害・知的障害・認知症・不安障害・パーソナリティ障害等、全領域にまたがる。近年は、プラダー・ウィリー症候群という希少疾患を、日本の精神科医としては最も多数例診ている。一方、司法精神鑑定医として、埼玉県内の事件を中心に数々の重大事件の精神鑑定を行い、精神保健判定医として多数の医療観察法審判に関与。刑事・民事ともに、法廷で精神鑑定人として証言する機会も多い。現在は、獨協医科大学越谷病院こころの診療科にて、セカンドオピニオン外来を開設。他の医療機関通院中の患者さんに対して、専門的見地からのコンサルテーションを行っている。今後も「精神科医としての守備範囲日本一」をめざし、限界に挑戦するつもりで広範な領域に関与していく予定。

関連記事