新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

病と悩み、異常と正常。精神医学から見る関係性

病と悩み、異常と正常。精神医学から見る関係性
井原 裕 先生

獨協医科大学埼玉医療センター こころの診療科 教授

井原 裕 先生

病気と健康の線引きというのは精神医学における難問です。悩みはある程度までなら病気ではない。しかし、悩める健康人も安易に病気と認定されてしまえば、不必要な薬を飲まされることになります。
精神医学における病気の認定の問題点について、『うつの8割に薬は無意味』などの著書で知られる獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授・井原裕先生にお聞きしました。

近年、精神科や心療内科の敷居が低くなりました。この「敷居が低くなった状況」については、メリット・デメリットの両面があります。デメリットは、過剰診断の問題です。もちろんすべての精神科医に当てはまるわけではありませんが、精神科医は一般に以下のような思考に陥りがちです。

まず、ある人が受診したとします。その際、「精神科医としてこの人に何ができるか」と考えます。そのとき、「この人は病気なのかどうか」という判断が不十分なまま、「医師の務めは病気の治療」という前提で思考をスタートさせてしまいます。そして次に「ではどの病気か」と考えます。たとえば「うつ病」です。そうなると、そこからその人をうつ病の治療のプロトコール(手順)にのせて、治療を開始していきます。

ここには大きな間違いがあります。つまり「人は皆、病気」ではありません。「憂うつな人は皆、うつ病」でもありません。それにもかかわらず、「憂うつだけれどもうつ病ではない」、つまりこの人は「悩める健康人」なのだという考え方をすることが、一部の精神科医にはとても難しいのです。

医師を志す人は、医学生時代から医学書という病気のカタログを与えられ、ひたすら病気のことを学んでいきます。精神医学の教科書には、うつ病やパニック障害などが記されています。こういうものばかり読んでいると、ある人がどの病気に分類されるのだろうと気になります。
そんな生活をしていれば、「人を見たら病気だと思う」癖がついてしまいます。これは医者の職業病です。「この人はどの病気なのだろうか」、そんなことばかり考えてしまいます。この傾向は医師一般にいえることですが、こと精神科医においてはとりわけ顕著です。

この、病名を特定してからすべてが始まるという点に、今日の精神科臨床の危険性があります。「まず病名を特定する」という姿勢には、「健康を作る」という観点が抜け落ちています。「健康を作る」ことを目標にするのではなく、まずいったんは病気だとみなして、その病気の治療を開始しようとすることにこそ危険があるのです。「健康を作る」とは「病気を治す」ことではありません。

ここでひとつの例をあげましょう。風邪薬です。風邪になったら風邪薬を飲みます(風邪薬に意味があるのかという議論は一旦おいておきます)。そして風邪が治ったとします。では、そのまま再発予防のために風邪薬を飲み続けるでしょうか? そんなことは誰もしないでしょう。「これは無意味だな」と直感的にわかると思います。

人が本来求めているのは「健康」です。「病気の治療」ではないのです。「うつ病」だの「パニック障害」だのと、病名をプレゼントしてもらうことを求めてはいません。はつらつとした生活、生き生きした毎日をこそ求めているのです。ところが、医師たちは人を「病気」とみて、その病気を特定し、その治療プロトコールにのっとって「治す」ということを行いたがります。その結果、「悩める健康人」も「うつ病」として薬を飲まされることになります。健康づくりとは風邪薬を飲み続けることではないのと同様、こころの健康づくりも抗うつ薬を飲み続けることではないはずです。

 

井原裕先生の最新作です

受診について相談する
  • 獨協医科大学埼玉医療センター こころの診療科 教授

    井原 裕 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。