新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

医療法人社団善仁会 中田駅前泉クリニック 院長、医療法人社団ときわ 理事、横浜市立大学腎臓高血圧内科 客員研究員

日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医 日本透析医学会 透析専門医・透析指導医 日本腎臓学会 腎臓専門医・腎臓指導医 日本高血圧学会 会員

上條 由佳 かみじょう ゆか 先生

全人的総合的腎不全医療(Total Renal Care:TRC)を推進・普及させるためにアウトリーチ活動を行っている。一人ひとりの腎不全患者が自己管理や行動変容を実現するための教育というミクロなアプローチから、腎不全患者自身がさまざまな治療の選択肢を持てるようにするための社会システム全体の構築というマクロなアプローチも積極的に行っている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 腎臓高血圧内科
  • 一般内科
  • 【疾患】慢性・急性腎臓病、腎炎、多発性嚢胞腎【治療法】薬物療法、食事療法、運動療法、生活指導
  • 【疾患】サルコペニア【治療法】食事療法、運動療法
  • 【疾患】高血圧【治療法】薬物療法、食事療法、運動療法、生活指導
  • 【疾患】末期腎不全【治療法】透析療法全般、食事療法、運動療法
  • 【疾患】生活習慣病【治療法】薬物療法、生活指導

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医
日本透析医学会 透析専門医・透析指導医
日本腎臓学会 腎臓専門医・腎臓指導医
日本高血圧学会 会員
  • 医療法人社団善仁会 中田駅前泉クリニック 院長
  • 医療法人社団ときわ 理事
  • 横浜市立大学腎臓高血圧内科 客員研究員
  • 医学博士 取得
  • 日本臨床腎移植学会 会員
  • 身体障害者福祉法 指定医
  • 緩和ケア研修 修了医

所属病院

サルスクリニック武蔵境

  • 内科 腎臓内科 循環器内科 糖尿病内科
  • 東京都武蔵野市境1丁目15-5 グランシャルール武蔵境3F
  • JR中央線(快速)「武蔵境駅」 徒歩2分
  • 050-3851-0249
サルスクリニック武蔵境

サルスクリニック日本橋

  • 内科 腎臓内科 循環器内科 糖尿病内科
  • 東京都中央区日本橋2丁目8-1 東京日本橋タワーアネックスB1F
  • 東京メトロ銀座線「日本橋駅」 徒歩1分
  • 050-3851-0269
サルスクリニック日本橋

医療記事

来歴等

略歴

2007年 横浜市立大学医学部卒業
2007年 横浜市立大学附属病院勤務
2008年 横浜市立市民総合医療センター勤務
2009年 日本赤十字社医療センター腎臓内科勤務 PD腎不全外来総括
2019年 東京医科歯科大学大学院医学博士課程修了
2020年 医療法人社団ときわ 理事就任
2021年 医療法人社団善仁会 中田駅前泉クリニック 院長

論文

・Kamijo Y, Ishii H, Yamamoto T, Kobayashi K, Asano H, et al. Potential Impact on Lipoprotein Subfractions in Type 2 Diabetes. Clin Med Insights Endocrinol Diabetes
. 2019 Aug 14;12:1179551419866811.
・ Kamijo Y, Kanda E, Ono K, Maeda K, Yanai A, et al. Low tongue pressure in peritoneal dialysis patients as a risk factor for malnutrition and sarcopenia: a cross-sectional study. Renal Replacement Therapy 2018: 4:23; doi.org/10.1186/s41100-018-0165-8.
・ Kamijo Y, Kanda E, Ishibashi Y, Yoshida M. Sarcopenia and Frailty in Peritoneal Dialysis Patients; Impact on Morbidity and Mortality, Association with Malnutrition and Inflammation Markers. Pert Dial Int. 2018; in press.
・ Kamijo Y, Fujimoto S, Ishibashi Y. Total Renal Care Approach for the Patients with End-stage Renal Disease. Contributions to Nephrology. 2018; in press. doi: 10.1159/000485703.
・ Kamijo Y, Kanda E, Horiuchi H, Kounoue N, Ono K, et al. Continuous monitoring of blood pressure by analyzing the blood flow sound of arteriovenous fistula in hemodialysis patients. Clin Exp Nephrol. 2017: 10. doi: 10.1007/s10157-017-1499-1.
・ Kamijo Y, Iida H, Saito K, Furutera R, Ishibashi Y. Normal Peritoneum After 9 years of PD with biocompatible dialysate: A case report. Pert Dial Int 2013: 33: 712-4.
・ Uchiyama K, Kamijo Y, Yoshida R, Nakatsuka M, Ishibashi Y. Importance of Neurogenic Bladder as a Cause of Drainage Failure. Perit Dial Int. 2016; 36(2): 232-3.
・ Uchiyama K, Kamijo Y, Honda K, Yoshida R, Yanagi M, et al. Long-Term Peritoneal Dialysis in 2 Patients with Takayasu's Arteritis. Perit Dial Int. 2017; 37(1): 122-3.
・ Nozaki K, Kamijo Y, Nakatsuka M, Azuma T, Nakagawa T, et al. Computed tomography for the management of exit-site and tunnel infections in peritoneal dialysis patients. Clin Nephrol. 2016; 86(12): 328-32.
・ Kawabata C, Kinugasa S, Kamijo Y, Hidekazu I, Saito K, et al. Correction of peritoneal catheter obstruction using a neonatal bronchoscope. Perit Dial Int 2015; 35(1): 101-3.
・ Iida H, Kurita N, Fujimoto S, Kamijo Y, Ishibashi Y, et al. Association between keeping home records of catheter exit-site and incidence of peritoneal dialysis-related infections. Int Urol Nephrol. 2018; 18. doi: 10.1007/s11255-018-1789-x.
・Tanaka M, Ishibashi Y, Hamasaki Y, Kamijo Y, Idei M, et al. Bioimpedance Spectroscopy-Based Fluid Status in Combined Dialysis Compared With Hemodialysis and Peritoneal Dialysis: A Cross-Sectional Study. Ther Apher Dial. 2020;24(4):373-9.
・Tanaka M, Ishibashi Y, Hamasaki Y, Kamijo Y, Idei M, et al. Hospitalization for Patients on Combination Therapy With Peritoneal Dialysis and Hemodialysis Compared With Hemodialysis. Kidney Int Rep. 2020 Jan 23;5(4):468-474.
・Tanaka M, Ishibashi Y, Hamasaki Y, Kamijo Y, Idei M, et al. Health-related quality of life on combination therapy with peritoneal dialysis and hemodialysis in comparison with hemodialysis and peritoneal dialysis: A cross-sectional study. Perit Dial Int. 2020 Sep;40(5):462-9.
・Tanaka M, Ishibashi Y, Hamasaki Y, Kamijo Y, Idei M, et al. Ultrafiltration volume by once-weekly hemodialysis is a predictor of technique survival of combination therapy with peritoneal dialysis and hemodialysis. Ther Apher Dial. 2020. doi: 10.1111/1744-9987.13509.
・ Uchiyama K, Honda K, Yoshida R, Kamijo Y, Yanagi M, et al. Effect of tolvaptan in a patient with autosomal dominant polycystic kidney disease after living donor liver transplantation.
・ Uchiyama K, Yanai A, Maeda K, Ono K, Honda K, Tsujimoto R, Kamijo Y, et al. Baseline and Time-Averaged Values Predicting Residual Renal Function Decline Rate in Japanese Peritoneal Dialysis Patients. Ther Apher Dial. 2017; 21(6): 599-605.
・腹膜透析患者を対象とした舌圧測定による嚥下筋定量評価および筋力・筋量・炎症・栄養マーカーとの相関―サルコペニア増悪サイクル介入のため オーラルフレイルの観点から 腎と透析 85巻 (2018.10)
・腎不全患者の自己管理・自己実現および高齢透析患者に効果的な患者指導とは?日本透析医学会雑誌. 50 巻 (2017) 3 号 p. 182-183
・アシストPD成功へのアプローチ. 腎と透析83巻別冊. 腹膜透析2017 p200-201 (2017.11)
・保存期腎不全保存期のサイコネフロロジー 受容段階に合わせた心理学的アプローチとは. 腎と透析82巻2号 p192-195(2017.2)
・腹膜炎の科学と実践 PD関連腹膜炎を制御する 腹膜保護へ向けた理論と実践. 腎と透析81巻別冊2016 14-5(2016.9).
・ビタミンD製剤等薬剤により高Ca血症をきたし腎機能低下を呈した12症例  臨床体液 38: 73-77, 2011.

【受賞】
・第24回日本腹膜透析学会総会優秀演題賞
・17th International Society of Peritoneal Dialysis. Best Abstract
・第23回日本腹膜透析学会総会優秀演題賞
・第29回東京PD研究会最優秀演題賞
【書籍・DVD】
・絶対成功する腎不全・PD診療TRC―治療を通じて人生を形作る医療とは. 中外医学社. 2016.
・包括的腎不全ケア Total Renal Careをめざして. 中外製薬株式会社. 2016.
・腹膜透析・腎移植ガイドブック. 中外医学社. 2018.
【社会貢献活動】
・ 全国腎臓内科医師及びコメディカルの腹膜透析研修(TRC研修)
・ 全人的包括的腎不全医療 (Total Renal Care)及びPD診療普及のための講演活動

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。