新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

熱中症を予防するには? 腎臓内科医が教える熱中症対策

熱中症を予防するには? 腎臓内科医が教える熱中症対策
上條 由佳 先生

日本赤十字社医療センター腎臓内科

上條 由佳 先生

石橋 由孝 先生

日本赤十字社医療センター 腎臓内科部長

石橋 由孝 先生

暑い季節になると、熱中症になる方も増えてきます。しかし、熱中症はきちんとした対策を行えば、予防することが可能です。どのように熱中症を予防すればよいのか、日本赤十字医療センター腎臓内科の上條由佳先生に伺いました。

熱中症は「暑熱環境における身体適応の障害によって起こる状態の総称」と定義されています。つまり、「暑い環境で起こる健康の障害」のことをまとめて熱中症といいます。

熱中症予防の基本は「水分補給をしっかり行うこと」と「暑さを避けること」です。

  • 水分補給をこまめに行いましょう

水分補給は、のどが渇いていなかったとしてもこまめに行うことが大切です。
どのような飲み物が熱中症対策に適しているかについては、こちらをご参照ください。
参考記事「熱中症の予防・治療には何を飲めばいい?水分だけではダメ

  • 塩分を摂りましょう

食事で適切に塩分を摂りましょう。大量の汗をかいた時は体から塩分が失われますので、特に塩分補給をしっかり行うようにしましょう。スポーツドリンクは、水分と塩分を同時に摂ることができるためオススメです。

  • 気温、湿度をこまめに気にしましょう

自分がいる場所の気温・湿度を気にするようにしましょう。特に、子供や高齢者は、体温を調節するしくみがうまく働かないことがあるので、こまめに体温を測ることも大切です。

  • 睡眠をしっかりとりましょう

寝不足などの体調不良は、熱中症を引き起こす原因となります。睡眠はしっかりととるようにしましょう。

  • 通気性のよい服を着ましょう

通気性のよい服を着て、暑さを調整するようにしましょう。また、吸水性・速乾性に優れた下着を着用するのもよいでしょう。

  • 氷や冷たいタオルなどで体を冷やすのも効果的です

首元は太い血管が通っているため、首元に冷たいものを当てると効果的に体を冷やすことができます。

室内にいる時には、以下のことに気をつけて下さい。

  • 室内を涼しくしましょう

エアコンや扇風機を使って、室温調節をしましょう。節約のためにエアコンや扇風機を使わず、暑さを我慢してはいけません。

  • 室温をこまめに確認しましょう

外出する時には、以下のことに気をつけて下さい。

  • 日差しをよけましょう

日傘や帽子を着用することで、直射日光にあたらないようにして下さい。また、なるべく日陰にいるようにしましょう。

  • 飲み物は必ず持ち歩くようにしましょう
  • こまめに休憩をとりましょう
  • 暑い日の昼に外出するのはなるべく避けましょう

腎不全の患者さんの場合は、熱中症対策が上に述べたものと少し異なりますので、注意しましょう。詳しくは以下の記事をご参照ください。
参考記事「腎不全患者さんの熱中症対策。普通の熱中症対策とは違う

〈上條先生による「熱中症」関連の記事〉
 

受診について相談する
  • 日本赤十字社医療センター 腎臓内科

    上條 由佳 先生

  • 日本赤十字社医療センター 腎臓内科部長

    石橋 由孝 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が21件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「熱中症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。