Img searchbox

熱中症

目次

熱中症とは

熱中症とは、暑い環境や体温が下がりにくい環境で起こる体の異常のことをいいます。昔は、夏の暑さや炎天下のなかで具合が悪くなったり倒れたりする状態を「日射病」などと呼んでいました。医学的には、以前は重症度に応じて「熱疲労、熱けいれん、熱射病」と呼んでいましたが、現在は必ずしも熱が加わる灼熱のような状況でなくても発症する恐れがあることから、「熱中症」とひとくくりにして呼ぶようになりました。炎天下での運動で発症しやすいのはもちろんですが、高齢者が寝苦しい熱帯夜でエアコンを使用せずに寝ているうちに発症することもあるため、この病気を正しく理解することが重要です。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

原因

熱中症の原因は、体温が上昇して体温調節機能のバランスが崩れ、体内に熱が溜まってしまうことです。人間の体は、体温が上昇した場合、通常であれば汗をかいて蒸発させたり皮膚温度を上昇させたりすることによって熱が体外へ放出され、適度な体温が維持されるシステムを持っています。この機能が損なわれることで熱中症が生じます。 熱中症になる要因には、環境要因・身体要因・行動要因の3つがあります。

  • 環境要因:気温が高い、湿度が高い、日差しに当たっている、風通しが悪いなど
  • 身体要因:子ども、高齢者、脱水状態など
  • 行動要因:炎天下で活動する、水分や休憩がとれない、日陰で休まない、など

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

症状

熱中症の症状には、以下のようなものがあります。 ・めまいや立ちくらみ、 ・顔のほてり ・筋肉痛や筋肉のけいれん、あしがつる ・倦怠感や吐き気、頭痛(体がぐったりし、力が入りにくい状態) ・汗のかきかたがおかしい(何度拭いても汗が出る、もしくはまったく汗が出ない状態) ・体温が高く皮膚が赤く乾いている ・呼びかけに反応しない、おかしな返答をする ・まっすぐ歩けない ・自分で動けない(水分補給できない) 呼びかけに反応しないなど、意識障害がみられる場合には重症である可能性が高くなりますので速やかに治療が必要となります。

より詳しい情報は、記事①記事②をご参照ください

検査

熱中症の検査は、まず身体診察とバイタルサインの確認に加えて、血液検査や尿検査が基本となります。皮膚や舌、指先の血の巡りを診察で確認して脱水状態であることが診断の手がかりになります。血液検査では電解質の異常やヘモグロビンという「血の濃さ」を示す値が通常以上に高くなっている場合には、血液が脱水によって過剰に濃縮されていることを意味します。尿検査では尿比重が高くなっていることを確認します。また、熱中症に合併しやすいのが横紋筋融解症という病気で、この場合には破壊された筋肉から放出されるクレアチニンキナーゼ(CK,CPK)が異常に高くなっていることを確認します。また意識障害がみられるほどの重症である場合には頭部CT検査やMRI検査を行って、意識障害の原因となるほかの病変がないことを確認します。

治療

熱中症の治療の基本は、体の熱がこもりにくい環境に避難したうえで、水分や電解質、糖分を摂取することです。患者さん自身が飲水できるようであればゆっくりとこまめに水分を摂取してもらえばよいのですが、それが難しいようであれば点滴で補充します。また、もっとも重症である熱中症Ⅲ度では体温調節を担う脳の体温中枢が機能できていないため40℃を越えるほどの体温となってしまいますので、冷たい水を皮膚に吹きかけて冷風などで冷やすなどといった冷却を行う必要もあります。 熱中症を予防することはとても重要ですので、正しく理解することがとても重要です。

より詳しい情報は、記事①記事②記事③をご参照ください

熱中症に関する記事一覧

もっと見る

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る