クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
熱中症
熱中症とは、暑い環境や体温が下がりにくい環境で起こる、体の異常のことをいいます。かつては、夏の暑さや炎天下で具合が悪くなったり倒れたりする状態は、日射病などと呼ばれていました。また、医学的には、...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

熱中症ねっちゅうしょう

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

熱中症とは、暑い環境や体温が下がりにくい環境で起こる、体の異常のことをいいます。かつては、夏の暑さや炎天下で具合が悪くなったり倒れたりする状態は、日射病などと呼ばれていました。また、医学的には、以前は重症度に応じて熱疲労、熱けいれん、熱射病などと呼ばれていました。

しかし、2017年現在では、必ずしも熱が加わる灼熱(しゃくねつ)のような状況でなくても発症する恐れがあることから、「熱中症」と一括りにして呼ばれるようになりました。

熱中症は炎天下での運動などで発症しやすいことが知られていますが、高齢者の方が熱帯夜にエアコンを使用せずに寝ているうちに発症することもあります。

原因

熱中症の原因は、体温が上昇して体温調節機能のバランスが崩れ、体内に熱が溜まってしまうことです。体温が上昇した場合、人の体は適度な体温を維持するために、汗をかいたり皮膚温度を上昇させたりして熱を体外へと放出します。この機能が損なわれることで熱中症が生じます。

熱中症になる要因には、環境要因・身体要因・行動要因の3つがあります。

  • 環境要因:気温が高い、湿度が高い、日差しに当たっている、風通しが悪い、など
  • 身体要因:子ども、高齢者、脱水状態、など
  • 行動要因:炎天下で活動する、水分や休憩がとれない、日陰などで休まない、など

症状

熱中症の症状には、以下のようなものがあります。

  • めまいや立ちくらみ、顔のほてり
  • 筋肉痛や筋肉のけいれん、足がつる
  • 倦怠感(けんたいかん)や吐き気、頭が重い、頭痛(体がぐったりし、力が入りにくい状態)
  • 汗のかき方がおかしい(何度拭いても汗が出る、もしくはまったく汗が出ない状態)
  • 体温が高く皮膚が赤く乾いている
  • 呼びかけに反応しない、おかしな返答をする
  • まっすぐ歩けない
  • 自分で動けない、水分補給ができない

など

特に、呼びかけに反応しないなど意識障害がみられる場合には重症である可能性も高いため、速やかな治療が必要となります。

検査・診断

熱中症の診断では、身体診察とバイタルサインの確認に加えて、血液検査や尿検査を行うことが基本となります。

深部体温の測定

病歴や症状から熱中症の可能性が疑われる場合、必ず深部体温(直腸温、膀胱温)の測定が行われます。

脱水の有無の確認

また、皮膚や舌、指先の血の巡りの診察により、脱水状態かどうかの確認がなされます。血液検査でヘモグロビンという「血の濃さ」を示す値が通常以上に高くなっている場合には、血液が脱水によって過剰に濃縮されていることを意味します。尿検査では尿比重が高くなっていることを確認します。

意識障害がみられるほどの重症である場合には、ただちに冷却する必要があります。

合併症の検査

熱中症に合併しやすい病気に横紋筋融解症(おうもんきんゆうかいしょう)があります。筋肉に存在する酵素・クレアチニンキナーゼ(CK)が異常に高くなっている場合には、横紋筋融解症が疑われます。筋肉由来のミオグロビンが血中及び尿中に増加するため、赤褐色の尿が認められます。尿潜血検査が陽性で尿沈渣で赤血球を認めなければミオグロビン尿が疑われます。

治療

水分補給

熱中症の基本の治療は、体の熱がこもりにくい環境に避難したうえで、水分や電解質、糖分を摂取することです。患者さん本人が飲水できるようであれば、ゆっくりとこまめに水分を摂取してもらいます。自力での飲水が難しい場合は、水分を点滴で補充します。

冷却

非常に重症な状態では、体温が40℃を越えるほどになります。これは、体温調節を担う脳の体温中枢が機能しなくなるためです。冷却の方法には、ぬるま湯を皮膚に吹きかけて扇風機で送風するといった方法や、胃や膀胱内へ冷水を注入する方法などがあります。

冷却時にぬるま湯を使用する理由

冷たい水を皮膚にかけ冷たい風を送ると、毛細血管が収縮して血流が減少するため、効率が落ちます。また、シバリングと呼ばれる無意識の身震い(生理現象)を起こし、熱を産生してしまいます。そのため、熱中症患者さんの冷却時には、ぬるま湯をかけて扇風機の風を送ります。冷たい水をかける場合は、暖かい風をかける必要があります。

横紋筋融解症を起こしている場合には、十分な尿量が維持できるよう適切な点滴を行う必要があります。 

熱中症の記事を読む

もっとみる

熱中症の記事にご協力いただいている医師