医療法人社団彰耀会 メモリーケアクリニック湘南 理事長・院長、横浜市立大学医学部 臨床教授

日本精神神経学会 精神科専門医・精神科指導医

内門 大丈 うちかど ひろたけ 先生

1996年横浜市立大学医学部卒業。2004年横浜市立大学大学院博士課程(精神医学専攻)修了。大学院在学中に東京都精神医学総合研究所(現東京都医学総合研究所)で神経病理学の研究を行い、2004年より2年間、米国ジャクソンビルのメイヨークリニックに研究留学。2006年医療法人積愛会 横浜舞岡病院を経て、2008年横浜南共済病院神経科部長に就任。2011年湘南いなほクリニック院長を経て、2022年4月より現職。湘南いなほクリニック在籍中は認知症の人の在宅医療を推進。日本認知症予防学会 神奈川県支部支部長、湘南健康大学代表、N-Pネットワーク研究会代表世話人、SHIGETAハウスプロジェクト副代表、一般社団法人日本音楽医療福祉協会副理事長、レビー小体型認知症研究会事務局長などを通じて、認知症に関する啓発活動・地域コミュニティの活性化に取り組んでいる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 精神科

資格・学会・役職

日本精神神経学会 精神科専門医・精神科指導医
  • 医療法人社団彰耀会 メモリーケアクリニック湘南 理事長・院長
  • 横浜市立大学医学部 臨床教授
  • 日本大学松戸歯学部衛生学講座 兼任講師
  • 医学博士 取得
  • 精神保健指定医 取得
  • 日本老年精神医学会 専門医/指導医
  • 日本認知症学会 認定専門医/指導医/代議員
  • 日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医/指導医
  • 日本在宅医学会 会員
  • American Association of Neuropathologists 会員
  • N-Pネットワーク研究会 代表世話人
  • 広告医学研究会 代表世話人
  • 横浜認知症研究会 世話人
  • 湘南認知症研究会 世話人
  • レビー小体型認知症研究会 世話人/事務局長
  • 平塚市医師会 総務担当理事
  • 日本認知症予防学会 認知症予防専門医/代議員/神奈川県支部支部長

医療記事

来歴等

略歴

1996年 横浜市立大学医学部卒業
1996年 横浜市立大学医学部附属病院 臨床研修医
1998年 伊豆逓信病院 精神科
2000年 横浜市立大学大学院 (精神医学専攻)
2004年 Department of Neuroscience, Mayo Clinic Jacksonvilleへ研究留学
2006年 医療法人積愛会横浜舞岡病院 精神科
2008年 横浜南共済病院神経科 部長
2011年 湘南いなほクリニック院長
2012年 横浜市立大学医学部臨床准教授
2014年 いなほクリニックグループ共同代表(医療法人社団みのり会理事)
2022年 医療法人社団彰耀会 メモリーケアクリニック湘南 理事長/院長

論文

Uchikado H, Akiyama H, Kondo H, Ikeda K, Tsuchiya K, Kato M, Oda T, Togo T, Iseki E,Kosaka K (2004): Activation of vascular endothelial cells and perivascular cells by systemic inflammation-an immunohistochemical study of postmortem human brain tissues. Acta Neuropathol (Berl), 107: 341-351.
Uchikado H, Lin WL, Delucia MW, Dickson DW (2006): Alzheimer Disease With Amygdala Lewy Bodies: A Distinct Form of alpha-Synucleinopathy. J Neuropathol Exp Neurol, 65:685-97.
Uchikado H, DelleDonne A, Ahmed Z, Dickson DW (2006): Lewy bodies in progressive supranuclear palsy represent an independent disease process. J Neuropathol Exp Neurol, 65:387-95.
内門大丈、池田研二、土谷邦秋、新井哲明:【精神科医が知っておくべき神経内科の新知識 初発の際に精神症状を呈する可能性のある神経疾患】 前頭側頭葉変性症とTDP-43.精神科治療学24: 1375-1384, 2009.
Dickson DW, Uchikado H, Fujishiro H, Tsuboi Y. Evidence in favor of Braak staging of Parkinson's disease. Mov Disord. 2010;25 Suppl 1:S78-82. PubMed PMID: 20187227.
内門大丈:認知症患者の日常身体管理―在宅医療の視点から―.老年精神医学雑誌27:390-398, 2016.
内門大丈:認知症サポーターキャラバンの現状と課題.薬局 認知症対応力のエッセンスVol.68 No.5(4月)2017

著書

【著書】
アルツハイマー型痴呆と血管性痴呆.宮岡等編 : 精神科必須薬を探す59-65、中外医学社、2004年
もの忘れと認知症. ジョーン・カーソン・ブライトン(著)、都甲 崇(監訳)、内門大丈、勝瀬大海、青木直哉(訳):みすず書房、2010年
意外と知らない!?くすりのTips、メジカルビュー社、2015年
認知症の人を理解したいと思ったとき読む本 正しい知識とやさしい寄り添い方(心のお医者さんに聞いてみよう)内門大丈(監修)大和出版、2018年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。