【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 954862ce c2e5 4f48 aab1 38173653ddd0
各国におけるうつ病の現状と自殺率
「記事1」では、日本においてうつ病の患者さんが増加していることをお伝えしましたが、世界における状況はどのようになっているのか。また、自殺との関連性について横浜市立大学病院精神科 診療部長・主任教...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

各国におけるうつ病の現状と自殺率

公開日 2016 年 04 月 22 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

各国におけるうつ病の現状と自殺率
平安 良雄 先生

医療法人へいあん 平安病院法人統括院長・臨床研修センター長 / 横浜市立大学名誉教授

平安 良雄 先生

記事1」では、日本においてうつ病の患者さんが増加していることをお伝えしましたが、世界における状況はどのようになっているのか。また、自殺との関連性について横浜市立大学病院 精神科 診療部長・主任教授 平安良雄先生にお話をお伺いしました。

世界におけるうつ病の発症率

世界各国のうつ病の発症率が調べられていますが、日本・韓国・中国など東アジアにおいて経済的に発展している地域は、うつ病の発症率が極めて少ないことがわかっており、実は日本人はうつ病になりにくいのではないかといわれています。

WHO(世界保健機関)が発表しているデータによりますと、日本人では1年間に全人口の約3%前後がうつ病を発症し、アメリカでは約5%~6%、一番多い地域は中東諸国やアフリカ諸国で約15%、特にアフガニスタンは約20%とかなり高い結果でした。アフガニスタンは戦時下であり毎日そのような状況下にいると、うつ病になることは病気ではなく、うつ病でいることがむしろ当たり前なのではないかと想像できてしまうほど、過酷な状況なのでしょう。

現在、日本でうつ病患者さんが増えてきているといいましても、人種・環境・経済的状況や総合的なファクターから鑑みると、まだ日本人はうつ病になりにくい民族ともいえます。だからこそ、うつ病になってしまった方は立場が無いということもいえます。

日本では国民性・固定概念・意識もあり、根性で乗り切れる人は強いというイメージがあるので、たとえうつ病になっていても、「ならない」と頑張らなくてはいけない、隠さなめればならないという状況に陥っています。そして皮肉なことに、うつ病が最終的にいきつくところは「自殺」なのです。

うつ病と自殺率

日本・韓国など東アジアにおいてはうつ病の発症率が極めて少ないとお伝えしましたが、逆に日本や韓国の自殺率は世界でも有数に高くなっています。うつ病は比較的広く知られた病気であり、早期治療に繋がっている人も増えている一方、まだ多くの方が受診に至っていないので、最後の手段に手を出してしまうことが、精神科領域・社会学においてかなり大きな課題となっています。

経済的な回復も大きいですが、うつ病の治療・理解・啓発が比較的進んだことが功を奏したのか、幸い自殺者は一時に比べ少しずつ減っており、また、中高年の自殺者も減っています。

逆に中東諸国やアフガニスタンは自殺者が少なく、そもそも置かれている環境上、戦争・栄養障害・感染症で亡くなってしまうが多いので、自殺者が少ないということも考えられます。また、イスラム教は自殺を禁止しているのでその影響もあり、自殺者が少ないのではないかと思います。

 

うつ病(平安 良雄先生)の連載記事

岡山大学医学部卒業後、ブリティッシュ・コロンビア大学医学部精神科、ハーバード大学医学部精神科を経て、横浜市立大学病院 精神科 診療部長・主任教授を務めた。将来の精神医療を担う医師や看護師などの教育にも力を注いでいる。うつ病と発症年齢、自殺の関係性などの臨床・研究を行い、うつ病の啓発・普及にも力を注いでいる。

「うつ病」についての相談が25件あります

関連記事