功刀 浩 先生のプロフィール

功刀 浩 先生

くぬぎ ひろし

功刀 浩 先生

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部、気分障害先端治療センター

専門分野

うつ病・統合失調症の新たな治療法の開発

紹介

東京大学卒後、帝京大学精神科学教室に入り、風祭元教授に薬物療法、廣瀬徹也教授から気分障害の臨床を学び、藤山直樹先生(現上智大教授)より力動的精神療法について学ぶ。南光進一郎先生より研究の手ほどきを受けた後、ロンドン大学精神医学研究所にてRobin Murray教授の指導下に疫学、分子遺伝学的研究を行う。以後、精神疾患の生物学的研究を継続的に行っている。専門は統合失調症やうつ病の脳科学、新たな診断・治療法の開発。最近は、脳脊髄液を用いたバイオマーカーや創薬標的分子に関する研究に精力的に取り組む。また、食生活・栄養に着目した研究も積極的に行っている。

略歴

1986年 東京大学医学部卒業、帝京大学医学部付属病院 研修医(精神科)
1989年 初石病院精神科医師
1991年 帝京大学医学部精神神経科 助手
1994年 博士(医学)取得(東京大学)
1994年 ロンドン大学精神医学研究所にて研究(1995年10月まで)
1998年 帝京大学医学部精神神経科講師
2002年 国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部・部長
2004年 早稲田大学理工学術院客員教授
2009年 防衛医科大学校非常勤講師
2011年 山梨大学客員教授
2012年 東京医科歯科大学連携教授
2017年 東北大学医学部連携教授
     国立精神神経医療研究センター気分障害先端治療センター長

所属学会・資格・役職など

資格など:精神保健指定医、日本精神・神経学会専門医・指導医、日本臨床精神神経薬理学会専門医・指導医、日本臨床栄養学会認定臨床栄養医・指導医、日本老年精神医学会専門医・指導医、日本医師会認定産業医、日本睡眠学会認定医、日本総合病院精神医学会認定一般病院連携精神医学専門医・指導医、日本臨床栄養協会NR・サプリメントアドバイザー

学会役員:日本生物学的精神医学会副理事長、日本神経精神薬理学会評議員、日本統合失調症学会評議員、日本うつ病学会評議員、日本栄養食糧学会代議員、日本臨床栄養協会評議員、躁うつ病の薬理・生化学研究懇話会幹事

受賞・著書・論文など

【受賞】
1992年 New Research Poster Award (Schizophrenia 1992: Poised for Change, Vancouver)
1995年 Young Investigator Award (International Congress on Schizophrenia Research, Virginia)
1995年 Daiwa Award (Daiwa Anglo-Japanese Foundation)
1996年 精神神経科学振興財団より研究助成金(100万円)
1996年 Stanley Foundation Research Award ($114,000)
1997年 上原生命科学財団より研究奨励金(200万円)
1997年 加藤記念難病治療基金より研究助成(200万円)
2003年 臨床薬理研究振興財団より研究奨励金(300万円)
2017年 Who’s Who Life time achievement award

【著書】
「精神疾患の脳科学講義」(2012年、金剛出版)
「図解 やさしくわかる統合失調症」(2012年、ナツメ社)
「うつ病の毎日ごはん」(共著、2015年、女子栄養大学出版) 
「こころに効く精神栄養学」(2016年、女子栄養大学出版)
「読

【受賞】
1992年 New Research Poster Award (Schizophrenia 1992: Poised for Change, Vancouver)
1995年 Young Investigator Award (International Congress on Schizophrenia Research, Virginia)
1995年 Daiwa Award (Daiwa Anglo-Japanese Foundation)
1996年 精神神経科学振興財団より研究助成金(100万円)
1996年 Stanley Foundation Research Award ($114,000)
1997年 上原生命科学財団より研究奨励金(200万円)
1997年 加藤記念難病治療基金より研究助成(200万円)
2003年 臨床薬理研究振興財団より研究奨励金(300万円)
2017年 Who’s Who Life time achievement award

【著書】
「精神疾患の脳科学講義」(2012年、金剛出版)
「図解 やさしくわかる統合失調症」(2012年、ナツメ社)
「うつ病の毎日ごはん」(共著、2015年、女子栄養大学出版) 
「こころに効く精神栄養学」(2016年、女子栄養大学出版)
「読めば気持ちがす~っと軽くなる 本人・家族に優しい統合失調症のお話」(監修、2018年、翔泳社)

【論文】
代表的論文
1: Yoon HS, Hattori K, Ogawa S, Sasayama D, Ota M, Teraishi T, Kunugi H. Relationships of cerebrospinal fluid monoamine metabolite levels with clinical variables in major depressive disorder. J Clin Psychiatry. 2017 Oct;35(10):584-589.

2: Sasayama D, Hattori K, Ogawa S, Yokota Y, Matsumura R, Teraishi T, Hori H, OtaM, Yoshida S, Kunugi H. Genome-wide quantitative trait loci mapping of the human cerebrospinal fluid proteome. Hum Mol Genet. 2017 Jan 1;26(1):44-51.

3: Fujii T, Hattori K, Miyakawa T, Ohashi Y, Sato H, Kunugi H. Metabolic profile alterations in the postmortem brains of patients with schizophrenia using capillary electrophoresis-mass spectrometry. Schizophr Res. 2017 May;183:70-74.ばかなかn

4: Ota M, Matsuo J, Ishida I, Hattori K, Teraishi T, Tonouchi H, Ashida K, Takahashi T, Kunugi H. Effect of a ketogenic meal on cognitive function in elderly adults: potential for cognitive enhancement. Psychopharmacology (Berl). 2016 Oct;233(21-22):3797-3802.

5: Matsuo J, Ota M, Hori H, Hidese S, Teraishi T, Ishida I, Hiraishi M, Kunugi H. A large single ethnicity study of prepulse inhibition in schizophrenia: Separate analysis by sex focusing on effect of symptoms. J Psychiatr Res. 2016 Nov;82:155-62.

6: Aizawa E, Tsuji H, Asahara T, Takahashi T, Teraishi T, Yoshida S, Ota M, Koga N, Hattori K, Kunugi H. Possible association of Bifidobacterium and Lactobacillus in the gut microbiota of patients with major depressive disorder. J Affect Disord. 2016 Sep 15;202:254-7.

7: Hattori K, Ota M, Sasayama D, Yoshida S, Matsumura R, Miyakawa T, Yokota Y,Yamaguchi S, Noda T, Teraishi T, Hori H, Higuchi T, Kohsaka S, Goto Y, Kunugi H. Increased cerebrospinal fluid fibrinogen in major depressive disorder. Sci Rep.2015;5:11412.

8: Ogawa S, Fujii T, Koga N, Hori H, Teraishi T, Hattori K, Noda T, Higuchi T, Motohashi N, Kunugi H. Plasma L-tryptophan concentration in major depressive disorder: new data and meta-analysis. J Clin Psychiatry. 2014 Sep;75(9):e906-15.

9: Adachi N, Numakawa T, Kumamaru E, Itami C, Chiba S, Iijima Y, Richards M,Katoh-Semba R, Kunugi H. Phencyclidine-induced decrease of synaptic connectivity via inhibition of BDNF secretion in cultured cortical neurons. Cereb Cortex. 2013 Apr;23(4):847-58.

10: Numakawa T, Kumamaru E, Adachi N, Yagasaki Y, Izumi A, Kunugi H. Glucocorticoid receptor interaction with TrkB promotes BDNF-triggered PLC-gamma signaling for glutamate release via a glutamate transporter. Proc Natl Acad Sci USA. 2009106(2):647-52.

11: Izumi A, Iijima Y, Noguchi H, Numakawa T, Okada T, Hori H, Kato T, Tatsumi M, Kosuga A, Kamijima K, Asada T, Arima K, Saitoh O, Shiosaka S, Kunugi H. Genetic variations of human neuropsin gene and psychiatric disorders: polymorphism screening and possible association with bipolar disorder and cognitive functions. Neuropsychopharmacology. 2008 Dec;33(13):3237-45.

12: Tamura Y, Kunugi H, Ohashi J, Hohjoh H. Epigenetic aberration of the human REELIN gene in psychiatric disorders. Mol Psychiatry. 2007;12(6):519,593-600.

13: Okada T, Hashimoto R, Numakawa T, Iijima Y, Kosuga A, Tatsumi M, Kamijima K, Kato T, Kunugi H. A complex polymorphic region in the brain-derived neurotrophic factor (BDNF) gene confers susceptibility to bipolar disorder and affects transcriptional activity. Mol Psychiatry. 2006;11(7):695-703.

14: Ohnishi T, Hashimoto R, Mori T, Nemoto K, Moriguchi Y, Iida H, Noguchi H,Nakabayashi T, Hori H, Ohmori M, Tsukue R, Anami K, Hirabayashi N, Harada S,
Arima K, Saitoh O, Kunugi H. The association between the Val158Met polymorphism of the catechol-O-methyl transferase gene and morphological abnormalities of the brain in chronic schizophrenia. Brain. 2006;129(Pt 2):399-410.

15: Kunugi H, Ida I, Owashi T, Kimura M, Inoue Y, Nakagawa S, Yabana T, Urushibara T, Kanai R, Aihara M, Yuuki N, Otsubo T, Oshima A, Kudo K, Inoue T, Kitaichi Y, Shirakawa O, Isogawa K, Nagayama H, Kamijima K, Nanko S, Kanba S, Higuchi T, Mikuni M. Assessment of the dexamethasone/CRH test as a state-dependent marker for hypothalamic-pituitary-adrenal (HPA) axis abnormalities in major depressive episode: a Multicenter Study. Neuropsychopharmacology. 2006;31(1):212-20.

16: Numakawa T, Yagasaki Y, Ishimoto T, Okada T, Suzuki T, Iwata N, Ozaki N,Taguchi T, Tatsumi M, Kamijima K, Straub RE, Weinberger DR, Kunugi H, Hashimoto
R. Evidence of novel neuronal functions of dysbindin, a susceptibility gene for schizophrenia. Hum Mol Genet. 2004 Nov 1;13(21):2699-708.

17: Kakiuchi C, Iwamoto K, Ishiwata M, Bundo M, Kasahara T, Kusumi I, Tsujita T, Okazaki Y, Nanko S, Kunugi H, Sasaki T, Kato T. Impaired feedback regulation of XBP1 as a genetic risk factor for bipolar disorder. Nat Genet. 2003;35(2):171-5.

18: Kunugi H, Ishida S, Kato T, Sakai T, Tatsumi M, Hirose T, Nanko S. No evidence for an association of polymorphisms of the tryptophan hydroxylase gene with affective disorders or attempted suicide among Japanese patients. Am J Psychiatry. 1999;156(5):774-6.

19: Kunugi H, Hattori M, Kato T, Tatsumi M, Sakai T, Sasaki T, Hirose T, Nanko S. Serotonin transporter gene polymorphisms: ethnic difference and possible association with bipolar affective disorder. Mol Psychiatry. 1997;2(6):457-62.

20: Kunugi H, Nanko S, Takei N, Saito K, Hayashi N, Kazamatsuri H. Schizophrenia following in utero exposure to the 1957 influenza epidemics in Japan. Am J Psychiatry. 1995 Mar;152(3):450-2.

続きを見る

功刀 浩先生 の所属する医療機関

国立精神・神経医療研究センター病院

TEL: 042-341-2711

国立精神・神経医療研究センター病院

東京都小平市小川東町4丁目1-1

西武鉄道多摩湖線「萩山駅」 南口 西武鉄道拝島線も利用可 徒歩7分

JR武蔵野線「新小平駅」 徒歩10分

- - - - - - - -

受付時間: 予約制 紹介状持参推奨 初診予約はFAXでの受付(一部診療科除く) 診療日時は科により異なる

診療科目: 内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 小児科 整形外科 リハビリテーション科 放射線科 歯科

功刀 浩 先生 の記事