新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
がんきゅうはれつ

眼球破裂

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

眼球破裂とは、眼球が何らかの外からの衝撃によって損傷して、眼球が破れてしまった状態のことです。

視覚情報として入ってくる光は角膜と水晶体(レンズ)を通って、眼球のなかにおさまっている硝子体(ガラス体)というゼリー状の組織を通過した後、眼球の後ろ側にある網膜とよばれるスクリーンのような組織で感知されます。眼球の構造が壊れてしまうと、この一連視覚情報の流れが阻害されてしまうため、放置すると失明してしまいます。

原因

眼球の外側は結膜、強膜、脈絡膜という比較的丈夫な膜でできています。その容積は閉鎖的な空間に限定されているため、外からの力が過度にかかると膜が破れてしまい眼球の構造が失われます。眼球破裂の原因は大きく分けて、眼球に直接外力が加わることによるものと、爆風や高い圧力などの間接外力が加わることによるものの2つに分けられます。

直接の外力による眼球破裂

交通事故、傷害事件、スポーツ競技などによる激しいコンタクト(ぶつかるなどの接触)などにより、眼球に直接大きな力が加わったことで生じる眼球破裂です。

間接外力による眼球破裂

ガス爆発の事故や、爆弾が炸裂した際の爆風などの衝撃による眼球破裂です。
 

症状

眼球破裂では、外力を受けた直後からの視力低下、充血、むくみ、眼の痛みなどの症状が出るようになります。眼球破裂をそのまま放置してしまうと、破裂した部位から細菌などが侵入して感染症を発症することもあります。

また、外力を受けた眼と反対側の眼に、強い炎症と視力障害が生じることがあります(交感性眼炎)。
 

検査・診断

眼球破裂の検査では、眼球の裂け目の有無や眼圧など器質的な異常と、視力低下の状態など機能的な異常の有無を各種検査で確認します。また、眼球破裂を起こした原因やそのときの状況から、眼球や眼窩への異物混入が疑われる場合には、頭部CT検査を実施して詳しく調べることもあります。
 

治療

眼球破裂の治療は、破裂による損傷が比較的軽くかつ修復が可能であれば、手術で縫合します。損傷箇所があまりに大きい場合には、眼球摘出手術が必要になることもあります。

いずれの場合でも、感染に対する治療も重要です。
 

「眼球破裂」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。