新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

医療法人社団健育会 ねりま健育会病院 院長

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医 日本脳卒中学会 脳卒中専門医 日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医

酒向 正春 さこう まさはる 先生

1987年愛媛大学医学部卒業後、同大学脳神経外科学教室へ入局し、脳卒中治療を専門とする脳神経外科医となる。その後病気の治療のみならず、患者の残存能力を引き出し回復させていくことの重要性を感じ、2004年脳リハビリテーション医に転向。2012年より世田谷記念病院副院長および回復期リハビリテーションセンター長を務め、豊富な経験と深い知見から高い成果をあげている。またライフワークとして「健康医療福祉都市構想」を提言、超高齢化社会を見据え、高齢者や障害者、子育て世代を含めた全ての世代に、街でリハビリテーションに取り組める優しい街づくりに尽力している。2017年3月より医療法人社団健育会 ねりま健育会病院院長を務める。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経外科
  • リハビリテーション科

資格・学会・役職

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医
  • 医療法人社団健育会 ねりま健育会病院 院長
  • 日本障害者スポーツ 認定医
  • 日本脳循環代謝学会 評議員
  • 日本脳ドック学会 評議員
  • 二子玉川脳卒中リハケア連携研究会 代表世話人
  • 日本認知症治療研究会 世話人

所属病院

ねりま健育会病院

  • 内科 神経内科 リハビリテーション科
  • 東京都練馬区大泉学園町7丁目3-28
  • 西武池袋線「大泉学園駅」 北口 2番バス乗り場 大泉風致地区下車 徒歩約100m バス10分
  • 03-5935-6102
ねりま健育会病院

医療記事

来歴等

略歴

1987年 愛媛大学医学部卒業 愛媛大学脳神経外科入局
1993-97年 十全総合病院 脳神経外科 部長
1997年 愛媛大学医学部 脳神経外科 助手
1997-2000年 デンマーク国立オーフス大学脳神経病態生理学研究所助教授
2000-3年 愛媛大学医学部 脳神経外科 講師
2004-11年 初台リハビリテーション病院 脳卒中診療科科長
2012年 世田谷記念病院 副院長・回復期リハビリテーションセンター長
2015年10月 健育会竹川病院院長補佐 回復期リハビリテーションセンター長
2017年3月 医療法人社団健育会 ねりま健育会病院 病院長

論文

1. Sako M et al.: Role of protein kinase C in the pathogenesis of cerebral vasospasm after subarachnoid hemorrhage. JCBF&M 13(2): 247-54. 1993
2. Sakoh M, Ostergaard L, Røhl L et al.: Relationship between residual cerebral blood flow and oxygen metabolism as predictive of ischemic tissue viability: sequential multitracer positron emission tomography scanning of middle cerebral artery occlusion during the critical first 6 hours after stroke in pigs. J Neurosurg 93: 647-57, 2000
3. Sakoh M, Røhl L, Gyldensted C et al.: Cerebral Blood Flow and Blood Volume Measured by Magnetic Resonance Imaging Bolus Tracking After Acute Stroke in Pigs: Comparison with [15O]H2O Positron Emission Tomography. Stroke 31: 1958-64, 2000
4. Sakoh M, Ostergaard L, Gjedde A et al.: Prediction of tissue survival after middle cerebral artery occlusion based on changes in the apparent diffusion of water. J Neurosurg 95: 450-8, 2001
5. Røhl L, Sakoh M, Simonsen CZ et al.: Time evolution of cerebral perfusion and apparent diffusion coefficient measured by magnetic resonance imaging in a porcine stroke model. J MRI 15: 123-9. 2002
6. 酒向正春 植田敏浩 久門良明ら: ステント留置術後に興味ある脳循環の変動を示し、痴呆症状が改善した両側内頚動脈狭窄症の一例. 脳神経外科30: 759-765, 2002
7. Sakoh M, Gjedde A: Neuroprotection in hypothermia linked to redistribution of oxygen in brain. Am J Physiol Heart Circ Physiol 285: H17-25, 2003
8. Sakoh M, Ohnishi T, Ostergaard L, et al: Prediction of tissue survival after stroke based on changes in the apparent diffusion of water (cytotoxic edema). Acta Neurochir Suppl. 86: 137-40, 2003
9. 酒向正春.t-PA時代の新しいリハビリテーション. Mebio 2007; 9: 101-107
10. 酒向正春. 急性期脳卒中のリハビリテーションの適応と限界. 脳と循環 2008; 13: 213-216
11. 酒向正春: 脳神経外科治療のスタンダード 12. 脳卒中後遺症. 脳神経外科37: 1129-1141, 2009
12. 酒向正春 大村優慈ら:回復期機能予後からみた被殼出血314例の急性期治療方針の検討. 脳卒中32(6): 602-610, 2010
13. 酒向正春: 脳血管障害による失語症のリハビリテーション. 今日の治療指針2011年版(医学書院), p837, 2011
14. 酒向正春. 廃用症候群. Brain Nurs特殊号(夏期増刊)319-323, 2011
15. 酒向正春: 高齢先進国のビジョン 健康医療福祉都市構想. 病院(医学書院) 71(9): 697-701, 2012
16. 酒向正春. 脳卒中後リハビリテーションの意義と現状. Pharma Medica 30(2): 55-59, 2012
17. 酒向正春: 早期立位・歩行訓練戦略の最前線. 脳外速報22(6): 670-677, 2012
18. 酒向正春: 脳を救え:リハビリテーションと社会復帰支援. 循環器内科72(3): 313-320, 2012
19. 酒向正春: Monthly View Passion Mission Action プロフェッショナル~仕事の流儀~「希望のリハビリ、ともに闘い抜く リハビリ医・酒向正春」への道程. 脳外速報23(11): 1296-97, 2013
20. 酒向正春. 脳卒中回復期リハビリテーションの実際. 脳と循環19(1): 25-29, 2014
21. 酒向正春: 脳卒中EBMカタログⅡ. AVERT, PREVAIL. Clinical Neuroscience 32: 1118-1120, 2014
22. 酒向正春: 半側空間無視(失認)に関するエリア. Brain Nurs 31(4): 66-69, 2015
23. 酒向正春: 脳卒中後の攻めのリハビリ. 週刊「日本医事新報」, in press, 2015

著書

1.「あきらめない力」(主婦と生活社), 2014
2. 「人生に迷わない36の極意 」プロフェッショナル制作班, 「命が助かって、リハビリをして、それで終わりじゃない」担当(NHK出版新書)p76-82, 2014
3. 酒向正春. 脳梗塞の実態. 外科的治療の頻度と予後. 脳卒中データバンク2003 中山書店, 東京: p70-71, 2003
4. 酒向正春. 脳梗塞における外科的治療の頻度と予後.脳卒中データバンク2005 中山書店, 東京: p100-101, 2005
5. 酒向正春. 病型別、重症度別、年代別、性別にみたリハビリテーション開始時期と予後.脳卒中データバンク2009 中山書店, 東京: p124-125, 2009
6. 酒向正春. 回復期リハビリテーションと地域連携. レジデントのための脳卒中診療のコツ. (BEAM, 文光堂): p134-144, 2014
7. 酒向正春. 理学療法と作業療法. 豊田一則編集. 脳梗塞診療読本 (中外医学社): p229-242, 2014
8. 酒向正春. 急性期リハビリテーションの実施状況と予後. 脳卒中データバンク2015 中山書店: p48-49, 2015

その他

  • 1. 東京大学医療政策人材養成講座 優秀賞 (平成20年) 「医療崩壊の解決策としての健康医療福祉都市構想」酒向班

  • 2. 「まちなか集積医療の実現に関する研究」メンバー NIRA(総合研究開発機構)  (平成23年)

  • 3. 「健康・医療・福祉のまちづくりの推進ガイドライン」策定メンバー 国土交通省都市局(平成26年8月1日)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。