新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国際医療福祉大学 教授、山王病院/国際医療福祉大学 東京ボイスセンター長

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医 日本気管食道科学会 気管食道科専門医

渡邊 雄介 わたなべ ゆうすけ 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 耳鼻咽喉科
  • 音声言語医学
  • 音声外科
  • 音声治療
  • GERD
  • 歌手の音声障害

資格・学会・役職

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
日本気管食道科学会 気管食道科専門医
  • 国際医療福祉大学 教授
  • 山王病院/国際医療福祉大学 東京ボイスセンター長
  • 山形大学医学部 臨床教授
  • 日本音声言語医学会 評議員/査読委員
  • 日本喉頭科学会 評議員/査読委員
  • 東日本音声外科研究会 世話人

所属病院

山王病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科
  • 東京都港区赤坂8丁目10-16
  • 東京メトロ銀座線「青山一丁目駅」 4番(南)出口 徒歩4分 東京メトロ半蔵門線「青山一丁目駅」 4番(南)出口 徒歩4分 都営大江戸線「青山一丁目駅」 4番(南)出口 徒歩4分 東京メトロ千代田線「乃木坂駅」 3番出口 徒歩4分
  • 03-3402-3151
山王病院

医療記事

来歴等

略歴

1990年 神戸大学医学部 卒業
2000年 大阪大学大学院 耳鼻咽喉科 助手
2001年 同 学内講師
2012年 東京ボイスセンター センター長

1993年-2006年 相愛大学 非常勤講師(音声生理学)
1994年 京都教育大学 教育学部 講師(聴覚・音声生理学)
2001年-2004年 名古屋芸術大学 講師(音声学)
2007年-2012年 国立身体障害者リハビリテーションセンター学院 講師 (発声発語の解剖生理)
2008年- 日本大学藝術学部 非常勤講師(音声学)
2014年- 東北大学大学院医学部 非常勤講師
2015年- 山形大学医学部 臨床教授

論文

Watanabe Y, Miura I, Kubo T
Discrimination of Word Accent and Timing by Cochlear Implant Patients
Studies in phonetics and speech communication 5・39-48 1995

Watanabe Y, Miura I, Iwaki T, Kubo T
Discrimination of Word Accent and Timing by Cochlear Implant Patients
Advances in Oto-Rhino-Laryngology 52 233-235 1997

Watanabe Y, IwakiT, Kubo T
Perceptual ability of synthesized speech by cochlear implant patients
Cochlear implants an update Kugler Publications 169-173 2002

Sasai H, Watanabe Y, Muta H, Yoshida J, Hayashi I, Kubo T
Long-term histological outcomes of injected autologous fat into human vocal folds
after secondary laryngectomy Otolaryngology-Head and Neck Surgery 132(5)
685-688 2005

Nakamura K, Muta H, Watanabe Y, Mochizuki R, Yoshida T, Suzuki M
Surgical treatment for adductor spasmodic dysphonia--efficacy of bilateral
t hyroarytenoid myectomy under microlaryngoscopy.
Acta Otolaryngol.;128(12):1348-53. 2008

Kanazawa T, Watanabe Y, Komazawa D, Indo K, Shimada M, Iino Y, Ichimura K.
Phonological outcome of laryngeal framework surgery by different anesthesia protocols:
a single-surgeon experience. Acta Otolaryngol. 2014 Feb;134(2):193-200

Konomi U, Watanabe Y, Komazawa D.
Application of pitch range evaluation subsequent to arytenoid adduction
and thyroplasty.J Voice. 2014 May;28(3):394.e5-1

Kanazawa T, Komazawa D, Indo K, Akagi Y, Lee Y, Nakamura K, Matsushima
K, Kunieda C, Misawa K, Nishino H, Watanabe Y.
Single injection of basic fibroblast growth factor to treat severe vocal fold lesions
and vocal fold paralysis. Laryngoscope. 2015 in press

Konomi U, Watanabe Y, Komazawa D.
Sex Differences in Pitch Range and Speech Fundamental Frequency
After Arytenoid Adduction and Thyroplasty J Voice. 2015 in press

著書

渡邊雄介
咽喉頭酸逆流症
今日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科 治療指針(医学書院) 第二版
森山寛 岸本誠司 小林俊光 川内秀之編 
385-386 2003

渡邊雄介  
喉頭微細手術(ラリンゴマイクロサージェリー)
医学書院 前田正一 編集
インフォームドコンセント その理論と書式実例
114-117 2005

渡邊雄介
咽喉頭酸逆流症 
診断の指針・治療の指針
総合臨床
56(3) 583-584 2007

渡邊雄介
GERDガイドライン作成に向けて 著書 分担
ヴァンメディカル 本郷道夫編
72-74 2007

渡邊雄介
ベーチェット病
今日の耳鼻咽喉科頭頸部外科治療指針(森山寛編 医学書院) 第3版
509 2008

渡邊雄介
声帯ポリープ
今日の治療指針 医学書院(山口徹 編集)
1266 2012

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師