【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 76bc500f 5fcb 4a3c 99be 9d78f5fd9d15
「声がかすれる」―機能性発声障害の治療法と予防法とは? 基本的には「切...
「声がかすれる」という経験は、誰にでも起こることです。歌手など、声を仕事にしている方にとっては特に声は大切です。声がかすれる原因には「声帯ポリープ」や「声帯結節」などの病気が考えられます。しかし...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

「声がかすれる」―機能性発声障害の治療法と予防法とは? 基本的には「切らない治療」

公開日 2015 年 07 月 09 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

「声がかすれる」―機能性発声障害の治療法と予防法とは? 基本的には「切らない治療」
渡邊 雄介 先生

国際医療福祉大学教授 山王病院 国際医療福祉大学・東京ボイスセンター長/山形大学医学部臨床教授

渡邊 雄介 先生

「声がかすれる」という経験は、誰にでも起こることです。歌手など、声を仕事にしている方にとっては特に声は大切です。声がかすれる原因には「声帯ポリープ」や「声帯結節」などの病気が考えられます。
しかし、実は声帯ポリープや声帯結節など(器質的な病変)がなくても、声がかすれてしまうことはあります。このことを「機能性発声障害」といいます。これがどのようなものかについては、前の記事「『声がかすれる』―機能性発声障害とは?」で述べました。では、どのように治療していくのでしょうか? 発声障害において日本でトップの患者数を診察されている山王ボイスセンター長の渡邊雄介先生にお話をお聞きしました。

機能性発声障害の治療―切らない治療

機能性発声障害は声帯そのものに声帯ポリープや声帯結節などの器質性病変がないため、基本的には「切らない治療」をします。
具体的に説明すると、治療は大きく“音声治療”と“声の衛生指導”の2つに分けられます。なお、発声には生来のクセがどうしても蓄積するため、特にお年寄りは長い間の習慣がありどうしても治りにくい傾向があるので、その点も考慮して治療をすすめます。

音声治療(ボイステラピー)

声楽家の先生などが行ういわゆるボイストレーニングとは異なり、国家資格を持っている言語聴覚士や耳鼻咽喉科医師のもと、正しい発声方法を訓練していきます。当然資格のないボイストレーナーの方がやっているようなボイストレーニングとは大きく異なり、経験論や芸術論だけでなく医学的理論に基づいた訓練(リハビリ)が施されます。
詳細は後段「機能性発声障害に対する具体的な治療」で具体的に述べます。

声の衛生指導(ボーカルハイジーン)

丁寧な問診を通して、機能性発声障害の原因となっている悪い習慣(例えば喫煙や咳払い癖など)の是正や声帯など発声器官に良い環境を保つための指導を行うものです。なかには 心理的なアプローチなども必要なこともあります。

機能性発声障害に対する具体的な治療

方法 対象となる疾患
Pushing exercise 音声衰弱症、声帯麻痺
胸声(地声)強化法 変声障害
Relaxationとchewing 仮声帯発声障害、痙攣性発声障害

<pushing法>

強い声または大きな声が出せない音声障害疾患に対して、声帯の内転力を強めるために訓練する方法です。音声衰弱症や声帯麻痺に適応されます。

<胸声強化法>

胸に手を当てて「アー」と連続的な声を出す訓練をします。連続的に同じ音程で音声を出す訓練をすることで、地声を鍛えます。変声障害などに適応されます。

<chewing法>

のどに力が入ってしまう音声障害疾患に対して、うまくのどの力を抜く訓練をします。その名の通りチューイングガムを噛んだり、割り箸を口に挟んだりしながら行うものです。これによりどうしても力が入ってしまうのどに対する意識を反らし、喉(のど)の力を抜く訓練をします。仮声帯発声に適応されます。

 

一般的にこれらの治療は疾患により異なりますが、基本は1セッション20分として週に一度から隔週に一度程度行い 合計10セッションを目標に行います。期間としては、約3ヶ月間の治療が予定されます。

しかし、これらの症状対処法的訓練法のみを行うことは最近では少なくなっており、現在はそれに対して包括的な訓練(リハビリ)が主流となってきています。

包括的治療の代表としては、「高い声と低い声の音色を揃えるようトレーニングする“Vocal Function Exercise(VFE:発声機能拡張訓練)” 」と「リズムと音の大きさを変えることにより声を揃える“アクセントメソッド”」という訓練(リハビリ)法があります。これらを文章で伝えるにはどうしたらよいでしょうか? → 参考文献をあげましょう。基本歌を文章で表現するようなものでとても難しいです。

ちなみにかつては、心理的な音声障害に対しても抗不安薬を投与してインタビューを行うような薬物治療や、プラセボ効果を期待した全身麻酔での声帯確認のみを行うような治療などが行われている時代がありましたが、現在では全く実施されておらず、基本は音声治療で訓練(リハビリ)します。

機能性発声障害の予防法

基本的に機能的な発声障害に対して「予防」することはとても困難です。
ただ、風邪を引いた時など、喉の調子が悪い時に無理して声を使わないことが、ひとつの大きな予防と言えるでしょう。このような時に無理に声を出そうとすると、普段と違う発声方法(例えばひそひそ声の多用)を行ってしまい、発声時の“悪いクセ”が出来て発声様式が変わってしまう場合があるためです。

記事1:「声がかすれる」―機能性発声障害とは? そのさまざまな種類について
記事2:「声がかすれる」―機能性発声障害の治療法と予防法とは? 基本的には「切らない治療」

耳鼻咽喉科の中でも特に音声を専門とする。センター長をつとめる山王病院・ボイスセンターの患者数は外来数・リハビリ数・手術数 いずれも日本でも随一であり、一般の方からプロフェッショナルまで幅広い支持を得ている。
声帯ポリープや声帯結節などの器質性の疾患から、肉眼的に異常が見当たらない機能性の疾患まで様々な患者を対象とし、幅広い経験に基づいて診察を行う。声の障害に対しては手術療法から切らずに治す治療まで多様な治療法が存在するが、それら全てに精通し、様々な方法の中から患者にとって最良な方法を見極め、治療にあたっている。

関連記事