新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

横浜労災病院 血液内科部長/医師臨床研修センター長

日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医 日本血液学会 血液専門医・血液指導医 日本輸血・細胞治療学会 日本輸血・細胞治療学会認定医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター 日本医師会 認定産業医

平澤 晃 ひらさわ あきら 先生

横浜市北東部の地域中核施設であり、650の病床を持つ横浜労災病院で血液内科部長を務める。血液内科学一般を専門とする一方で医学教育にも力を入れており、同院の臨床研修センター長として全国から集まる優秀な研修医を指導している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 血液内科
  • 病院感染制御
  • 内科学
  • 血液病学
  • 輸血学

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医
日本血液学会 血液専門医・血液指導医
日本輸血・細胞治療学会 日本輸血・細胞治療学会認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター
日本医師会 認定産業医
  • 横浜労災病院 血液内科部長/医師臨床研修センター長
  • 医学博士(千葉大学) 取得
  • 日本造血細胞移植学会
  • 日本骨髄腫学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本癌学会
  • 日本臨床免疫学会
  • 日本感染症学会
  • 日本環境感染学会
  • 日本医学教育学会

所属病院

横浜労災病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科
  • 神奈川県横浜市港北区小机町3211
  • ブルーライン「新横浜駅」 JR横浜線の新横浜駅も利用可(徒歩10分) 徒歩7分
  • 045-474-8111
横浜労災病院

医療記事

来歴等

略歴

1985年 千葉大学医学部卒業
     千葉大学医学部第2内科に入局
1988年 千葉大学医学部付属病院、成田赤十字病院での内科研修の後、
     千葉大学医学部第2内科血液研究室で血液内科学の研修及び研究を開始。
1992年 横浜労災病院内科勤務、血液内科担当
2000年 横浜労災病院血液内科副部長
2001年 横浜労災病院中央検査科部長
2005年 横浜労災病院血液内科部長・中央検査科部長
2011年 横浜労災病院血液内科部長・医師臨床研修センター長

論文

平澤晃、王伯銘、伊藤国明、森尾聡子、川野英一郎、橋本真一郎、青墳信之、脇田久、中村博敏、浅井隆善、吉田尚
難治性赤芽球癆に対するシクロスポリン療法
千葉医学 68:29〜33, 1992
平澤 晃、佐藤忠嗣、西川哲男、千葉省三、若林芳久
顆粒リンパ球の関与が疑われた好中球減少を伴った赤芽球癆の1例
 日本臨床免疫学会誌 18:98〜103, 1995
Hirasawa A, Sato T, Nishikawa T, Uozumi K, Wakabayashi Y,
Takeuchi K, Chiba S
An Adult Diagnosed as Hyper-IgM Immunodeficiency Syndrome
Internal Medicine 34:640〜642, 1995
平澤 晃、佐藤忠嗣、川淵靖司、西川哲男、千葉省三、若林芳久
副腎皮質ステロイド不応性特発性血小板減少性紫斑病(ITP)に対するdiaminodiphenyl sulfone (DDS)の効果ー長期的効果と安全性、作用機序についての考察ー
 臨床血液 40:1068〜1074、1999
Sato T, Hirasawa A, Kawabuchi Y, Nishikawa T, Wakabayashi Y
Cellular Expressions and Serum Concentrations of Fas Ligand and Receptor in Patients With Infectious Mononuculeosis
Int J Hematol 72:329〜336, 2000
Maezawa Y, Hirasawa A, Abe T, Kawamura H, Sekiguchi K, Kunimoto M, Sato T, Wakabayashi Y, Nishikawa T
Successful treatment of listerial brain abscess : a case report and literature review
Internal Medicine 41:1073〜1078, 2002

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。