千島 隆司 先生のプロフィール

千島 隆司 先生

ちしま たかし

千島 隆司 先生

独立行政法人 労働者健康安全機構 横浜労災病院 乳腺外科部長

 

専門分野

乳腺疾患一般

紹介

1991年福島県立医科大学医学部卒業。横浜市立大学大学院に在籍中に、カルフォルニア大学・サンディエゴ校へ留学。留学期間中はGFP遺伝子の研究に携わり、世界で初めてGFP遺伝子を使ってがん細胞が転移する様子を確認することに成功。このGFP遺伝子の研究は2008年にノーベル化学賞を受賞した。(ボストン大学下村脩名誉教授)
帰国後は、乳がん治療の最前線に携わりたいという思いから、臨床医としての経験と技術を積み上げる。

略歴

1991年 福島県立医科大学医学部卒業
1991年-1993年 横浜市立大学附属病院 臨床研修医(修了)
1993年-1997年 横浜市立大学大学院医学研究科博士課程(修了)
1995年-1997年 カリフォルニア大学・サンディエゴ校(UCSD)外科学 研究員
1997年-1998年 横浜赤十字病院(現 横浜市立みなと赤十字病院)外科医員
1998年-2000年 横浜市立市民病院 外科医務吏員
2000年-2001年 済生会横浜市南部病院 外科医員
2001年-2005年 同 外科医長
2005年-2006年 同 外科医長 兼 外来化学療法室長
2006年-2007年 横浜市立大学医学部 消化器・腫瘍外科学 助手
2008年-2009年 同 診療講師(助教)
2009年-2012年 横浜市立大学附属病院 臨床腫瘍科・乳腺外科 准教授
2010年-2012年 兼 消化器・腫瘍外科学 医局長
2012年-2017年 横浜労災病院 乳腺外科部長
2012年-現在 横浜市立大学大学院 客員准教授 / 同 医学部 非常勤講師
2017年-現在 横浜労災病院 包括的乳腺先進医療センター長 兼 乳腺外科部長

所属学会・資格・役職など

【資格】
日本乳癌学会指導医
日本乳癌学会専門医
日本外科学会指導医
日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会医認定登録医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本オンコプラスティックサージャリー学会乳房再建責任登録医
日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ読影AS認定医
厚生労働省医政局臨床研修指導医
神奈川県(横浜市)難病指定医

【役職】
日本乳癌学会評議員
日本乳癌検診学会評議員
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会評議員
日本乳癌学会 施設認定委員会委員
日本乳癌学会 地方創成委員会関東地区委員
日本乳癌学会 専門医制度乳腺専門医委員

【所属学会】
◎国際学会
Active Member of AACR (American Association for Cancer Research) 米国癌学会
Active Member of ASCO (American Society of Clinical Oncology) 米国臨床腫瘍学会
◎国内学会
日本外科学会 (Japan Surgical Society)
日本乳癌学会 (The Japanese Breast Cancer Society)
日本臨床外科学会 (Japan Surgical Association)
日本乳癌検診学会 (Japanese Association of Breast Cancer Screening)
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 (Japan Oncoplastic Breast Surgery Society)
日本癌学会 (The Japanese Cancer Association)
日本癌治療学会 (Japan Society of Clinical Oncology)
日本臨床腫瘍学会(Japanese Society of Medical Oncology)
日本消化器外科学会 (The Japanese Society of Gastroenterological Surgery)
日本・がん生殖医療学会 (Japan Society for Fertility Preservation)
日本サイコオンコロジー学会(Japan Psycho-Oncology Society)
日本職業・災害医学会(Japanese Society of Occupational Medicine and Traumatology)
日本乳がん看護研究会 (Japanese Association of Breast Care Nurses)

受賞・著書・論文など

【受賞】
◎基礎研究:
平成10年5月 横浜医学会医学研究奨励賞
:遺伝子導入法を用いた癌細胞転移機序の解明および転移巣の遺伝子治療
◎臨床研究:
平成26年3月 横浜労災病院院長賞(優秀賞)
:乳がん診療チームとピアサポートの連携による乳がん患者支援活動)
平成27年3月 横浜労災病院院長賞(優秀賞)
:サバイバーシップを重視した乳がん診療の構築
平成28年3月:初期臨床研修医優秀指導医賞
:エキスパンダーを用いた乳房再建の早期有害事象とリスク因子に関する検討

【著書】
1.乳がん患者の妊娠出産と生殖医療に関わる診療の手引き(2017年版). 金原出版株式会社. 東京, 2017年7月15日発刊
2.がんと就労支援ハンドブック. 株式会社アイワエンタープライズ. 東京, 2017年3月発刊
3.乳がん患者の妊娠出産と生殖医療に関する診療の手引き(2014年版). 金原出版株式会社. 東京, 2014年9月1日発刊
4.乳癌検診のための用語解説集. インターメルク社.東京, 2009年7月発刊
5.ノーベル賞のとなり(日経バイオテク/BTJジャーナル).日経BP社.東京,2009年1月12日発刊

【論文】
◎和文
1.千島 隆司:地域包括ケアにおける地域がん診療連携拠点病院の役割 チームで創る地域完結型のがん診療. クリニシアン 62巻

【受賞】
◎基礎研究:
平成10年5月 横浜医学会医学研究奨励賞
:遺伝子導入法を用いた癌細胞転移機序の解明および転移巣の遺伝子治療
◎臨床研究:
平成26年3月 横浜労災病院院長賞(優秀賞)
:乳がん診療チームとピアサポートの連携による乳がん患者支援活動)
平成27年3月 横浜労災病院院長賞(優秀賞)
:サバイバーシップを重視した乳がん診療の構築
平成28年3月:初期臨床研修医優秀指導医賞
:エキスパンダーを用いた乳房再建の早期有害事象とリスク因子に関する検討

【著書】
1.乳がん患者の妊娠出産と生殖医療に関わる診療の手引き(2017年版). 金原出版株式会社. 東京, 2017年7月15日発刊
2.がんと就労支援ハンドブック. 株式会社アイワエンタープライズ. 東京, 2017年3月発刊
3.乳がん患者の妊娠出産と生殖医療に関する診療の手引き(2014年版). 金原出版株式会社. 東京, 2014年9月1日発刊
4.乳癌検診のための用語解説集. インターメルク社.東京, 2009年7月発刊
5.ノーベル賞のとなり(日経バイオテク/BTJジャーナル).日経BP社.東京,2009年1月12日発刊

【論文】
◎和文
1.千島 隆司:地域包括ケアにおける地域がん診療連携拠点病院の役割 チームで創る地域完結型のがん診療. クリニシアン 62巻11号 Page1016-1024(2015.11)
2.千島 隆司、鬼頭 菜穂子:乳がん診療と患者中心のチーム医療. 日本診療放射線技師会誌 60巻5号 Page548-557(2013.05)
3.千島 隆司、田中 邦哉、遠藤 格:乳癌の浸潤・転移 乳癌肝転移の臨床的特徴. 日本臨床 70巻増刊7 乳癌 Page124-130(2012.09)
4.千島 隆司、太田一郎:外来化学療法におけるチーム医療の実践. Mebio 27巻2号 Page137-143(2010.02)
5.千島 隆司:乳がん患者と家族のメンタルケア. 予防医学 49号 Page93-97(2007.12)
6.千島 隆司、 須田 嵩、田村 暢男、有田 英二、福田 護、土屋 周二:20年間にわたる横浜市乳癌検診の評価 マンモグラフィ導入にあたって. 日本乳癌検診学会誌 12巻1号 Page77-87(2003.03)
7.千島 隆司、 須田 嵩、田村 暢男、有田 英二、福田 護、土屋 周二:横浜市乳癌集団検診の評価 視・触診とマンモグラフィ併用検診の比較検討. 日本乳癌検診学会誌 11巻3号 Page245-250(2002.10)
8.千島 隆司、藤井 正一、小金井 一隆、三辺 大介、橋本 邦夫、石山 暁、高橋 正純、鬼頭 文彦、福島 恒男:大腸癌肝転移に対する肝切除症例の検討. 横浜医学 52巻1号 Page77-82(2001.01)
9.千島 隆司、嶋田 紘:Green Fluorescent Protein発現細胞による微小転移研究モデル. 医学のあゆみ 192巻4号 Page290-291(2000.01)

など

◎英文
1.Yamamoto S, Chishima T.: Can magnetic resonance imaging obviate the need for biopsy for microcalcifications? Gland Surg. 2017 Aug;6(4):302-307.
2.Ishikawa T, Kaise H, Yamada K, Hosonaga M, Chishima T, Narui K, Yamada A, Sugae S, Ichikawa Y, Ota M, Nozaki M, Mikami R, Tokuuye K.: Objection to postoperative radiation therapy in breast cancer with one to three lymph nodes involvements. Breast Cancer. 2017 Jul;24(4):496-501.
3.Yamamoto S, Chishima T, Harada F, Matsubara Y.: A case of synchronous multiple bilateral breast cancer after breast augmentation. Springerplus. 2015 Dec 23;4:805.
4.Ishikawa T, Ichikawa Y, Shimizu D, Sasaki T, Tanabe M, Chishima T, Takabe K, Endo I.: The role of HER-2 in Breast Cancer. J Surg Sci. 2014 Dec;2(1):4-9.
5.Shimada K, Ishikawa T, Kita K, Narui K, Sugae S, Shimizu D, Tanabe M, Sasaki T, Chishima T, Ichikawa Y, Endo I.: Neoadjuvant docetaxel/cyclophosphamide in triple-negative breast cancer: predictive value of class III-β tubulin and non-basal subtype. Anticancer Res. 2015 Feb;35(2):907-912.
6.Yamamoto S, Chishima T, Mastubara Y, Adachi S, Harada F, Toda Y, Arioka H, Hasegawa N, Kakuta Y, Sakamaki K.: Variability in measuring the Ki-67 labeling index in patients with breast cancer. Clin Breast Cancer. 2015 Feb;15(1):e35-39.
7.Yamamoto S, Chishima T, Adachi S.: Nodular fasciitis of the breast mimicking breast cancer. Case Rep Surg. 2014;2014.
8.Yamamoto S, Chishima T, Adachi S, Harada F, Toda Y, Arioka H, Hasegawa N, Kakuta Y.: Serum p53 antibody in breast cancer. Cancer Biomark. 2014;14(4):203-6.
9.Shimada K, Ishikawa T, Yoneyama S, Kita K, Narui K, Sugae S, Shimizu D, Tanabe M, Sasaki T, Chishima T, Ichikawa Y, Endo I.: Anticancer Res. 2013 Nov;33(11):5119-5121.
10.Yamamoto Y, Ishikawa T, Hozumi Y, Ikeda M, Iwata H, Yamashita H, Toyama T, Chishima T, Saji S, Yamamoto-Ibusuki M, Iwase H.: Randomized controlled trial of toremifene 120 mg compared with exemestane 25 mg after prior treatment with a non-steroidal aromatase inhibitor in postmenopausal women with hormone receptor-positive metastatic breast cancer. BMC Cancer. 2013 May 16;13:239.
11.Chishima T, Miyagi Y, Li L, Tan Y, Baranov E, Yang M, Shimada H, Moossa AR, Hoffman RM. Use of histoculture and green fluorescent protein to visualize tumor cell host interaction. In Vitro Cell Dev Biol Anim. 1997 Nov-Dec;33(10):745-747.
12.Chishima T, Yang M, Miyagi Y, Li L, Tan Y, Baranov E, Shimada H, Moossa AR, Penman S, Hoffman RM.: Governing step of metastasis visualized in vitro. Proc Natl Acad Sci U S A. 1997 Oct 14;94(21):11573-11576.
13.Chishima T, Miyagi Y, Wang X, Baranov E, Tan Y, Shimada H, Moossa AR, Hoffman RM.: Metastatic patterns of lung cancer visualized live and in process by green fluorescence protein expression. Clin Exp Metastasis. 1997 Sep;15(5):547-552.
14.Chishima T, Miyagi Y, Wang X, Tan Y, Shimada H, Moossa A, Hoffman RM.: Visualization of the metastatic process by green fluorescent protein expression. Anticancer Res. 1997 Jul-Aug;17(4A):2377-2384.
15.Chishima T, Miyagi Y, Wang X, Yamaoka H, Shimada H, Moossa AR, Hoffman RM.: Cancer invasion and micrometastasis visualized in live tissue by green fluorescent protein expression. Cancer Res. 1997 May 15;57(10):2042-2047.

など

続きを見る

千島 隆司先生 の所属する医療機関

横浜労災病院

TEL: 045-474-8111

横浜労災病院

神奈川県横浜市港北区小机町3211

横浜市営地下鉄ブルーライン(3号線)「新横浜駅」 JR横浜線の新横浜駅も利用可(徒歩10分) 徒歩7分

- - -

受付時間: 8:15~11:00  原則、紹介・予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器内科 呼吸器外科 消化器内科 腎臓内科 循環器内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

千島 隆司 先生 の記事