新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

横浜労災病院 こどもセンター長 小児科部長

日本小児科学会 小児科専門医・小児科指導医・代議員 日本糖尿病学会 糖尿病専門医・学術評議員・小児糖尿病委員会 日本小児内分泌学会 評議員・糖代謝委員会・移行期対応委員会 日本小児・思春期糖尿病学会 理事・庶務・あり方委員会 日本マススクリーニング学会 評議員 小児インスリン治療研究会 世話人幹事 小児成長研究会 監事 成長科学協会 地区委員

菊池 信行  きくち のぶゆき 先生

公開日
2020/11/18

1988年より小児糖尿病・内分泌疾患医師として、神奈川県立こども医療センターでキャリアをはじめる。2009年には横浜市立大学附属市民総合医療センター小児科部長に就任。横浜市立みなと赤十字病院を経て、2018年から横浜労災病院小児科部長、2020年こどもセンター長に就任。特に、小児1型糖尿病、内分泌疾患を専門として日本の治療を牽引してきた。小児疾患全般にも精通している。2018年からは日本小児・思春期糖尿病学会の理事に就任。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 小児科
  • 【得意な領域】内分泌・糖尿病
  • 【疾患名】成長障害【治療法】成長ホルモン療法

資格・学会・役職

日本小児科学会 小児科専門医・小児科指導医・代議員
日本糖尿病学会 糖尿病専門医・学術評議員・小児糖尿病委員会
日本小児内分泌学会 評議員・糖代謝委員会・移行期対応委員会
日本小児・思春期糖尿病学会 理事・庶務・あり方委員会
日本マススクリーニング学会 評議員
小児インスリン治療研究会 世話人幹事
小児成長研究会 監事
成長科学協会 地区委員
  • 横浜労災病院 こどもセンター長 小児科部長
  • 横浜市立大学医学部 臨床教授
  • 神奈川県先天性代謝異常対策委員会 委員長
  • 日本小児・思春期糖尿病学会学術集会 代表世話人
  • 神奈川県小児内分泌懇話会 世話人
  • 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA) 専門委員

所属病院

横浜労災病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科
  • 神奈川県横浜市港北区小机町3211
  • ブルーライン「新横浜駅」 JR横浜線の新横浜駅も利用可(徒歩10分) 徒歩7分
  • 045-474-8111
横浜労災病院

来歴等

略歴

1986年 横浜市立大学 医学部 卒業
1988年 神奈川県立こども医療センター 内分泌科 レジデント
1992年 横浜市立大学附属病院 小児科 助手
2009年 横浜市立大学附属市民総合医療センター 小児科 部長
2011年 横浜市立みなと赤十字病院 小児科 部長
2018年 横浜労災病院 小児科 部長
2020年 横浜労災病院こどもセンター センター長

論文

  • 1.Increased diagnosis of autoimmune childhood‐onset Japanese type 1 diabetes using a new glutamic acid decarboxylase antibody enzyme‐linked immunosorbent assay kit, compared with a previously used glutamic acid decarboxylase antibody radioimmunoassay kit. J Diabetes Investig,11:594-602,2020

    Sugihara S, Yokota I, Mukai T, Mochizuki T, Nakayama M, Tachikawa E, Kawada Y, Minamitani K, Kikuchi N, Urakami T, Kawamura T, Kawasaki E, Kikuchi T, Amemiya S; Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood, Adolescent Diabetes (JSGIT).

  • 2.The incidences of and risk factors for severe retinopathy requiring photocoagulation and albuminuria in Japanese patients with childhood-onset type 1 diabetes. Diabetol Int. 9:121-128,2018

    Takaike H, Uchigata Y, Matsuura N, Sasaki N, Amemiya S, Urakami T, Kawamura T, Kikuchi N, Sugihara S, The Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes (JSGIT)

  • 3.Metformin monotherapy in children and adolescents with type 2 diabetes mellitus in Japan. Diabetol Int, 27:51-57,2018.

    Matsuura N, Amemiya S, Sugihara S, Urakami T, Kikuchi N, Kato H, Yodo Y; Study Group of the Pediatric Clinical Trial of Metformin in Japan.

  • 4.Estimation of glycaemic control in the past month using ratio of glycated albumin to HbA1c.Diabet Med, 35:855-861,2018

    Musha I, Mochizuki M, Kikuchi T, Akatsuka J, Ohtake A, Kobayashi K, Kikuchi N, Kawamura T, Yokota I, Urakami T, Sugihara S, Amemiya S; Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes.

  • 5.Protein-altering variants of PTPN2 in childhood-onset Type 1A diabetes. Diabet Med, 35:376-380, 2018.

    Okuno M, Ayabe T, Yokota I, Musha I, Shiga K, Kikuchi T, Kikuchi N, Ohtake A, Nakamura A, Nakabayashi K, Okamura K, Momozawa Y, Kubo M, Suzuki J, Urakami T, Kawamura T, Amemiya S, Ogata T, Sugihara S, Fukami M; Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes.

  • 6.Comprehensive screening for monogenic diabetes in 89 Japanese children with insulin-requiring antibody-negative type 1 diabetes. Pediatr Diabetes, 19:243-250, 2018.

    Ushijima K, Fukami M, Ayabe T, Narumi S, Okuno M, Nakamura A, Takahashi T, Ihara K, Ohkubo K, Tachikawa E, Nakayama S, Arai J, Kikuchi N, Kikuchi T, Kawamura T, Urakami T, Hata K, Nakabayashi K, Matsubara Y, Amemiya S, Ogata T, Yokota I, Sugihara S, Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes.

  • 7.FUT2 non-secretor status is associated with Type 1 diabetes susceptibility in Japanese children. Diabet Med, 34: 586-589, 2017

    Ihara K, Fukano C, Ayabe T, Fukami M, Ogata T, Kawamura T, Urakami T, Kikuchi N, Yokota I, Takemoto K, Mukai T, Nishii A, Kikuchi T, Mori T, Shimura N, Sasaki G, Kizu R, Takubo N, Soneda S, Fujisawa T, Takaya R, Kizaki Z, Kanzaki S, Hanaki K, Matsuura N, Kasahara Y, Kosaka K, Takahashi T, Minamitani K, Matsuo S, Mochizuki H, Kobayashi K, Koike A, Horikawa R, Teno S, Tsubouchi K, Mochizuki T, Igarashi Y, Amemiya S, Sugihara S:Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes (JSGIT)

  • 8.Nucleotide substitutions in CD101, the human homolog of a diabetes susceptibility gene in non-obese diabetic mouse, in patients with type 1 diabetes. J Diabetes Investig, 8: 286-294, 2017

    Okuno M, Kasahara Y, Onodera M, Takubo N, Okajima M, Suga S, Watanabe N, Suzuki J, Ayabe T, Urakami T, Kawamura T, Kikuchi N, Yokota I, Kikuchi T, Amemiya S, Nakabayashi K, Hayashi K, Hata K, Matsubara Y, Ogata T, Fukami M, Sugihara S

  • 9.Variants associated with autoimmune Type 1 diabetes in Japanese children: implications for age-specific effects of cis-regulatory haplotypes at 17q12-q21. Diabet Med. 33: 1717-22, 2016.

    Ayabe T, Fukami M, Ogata T, Kawamura T, Urakami T, Kikuchi N, Yokota I, Ihara K, Takemoto K, Mukai T, Nishii A, Kikuchi T, Mori T, Shimura N, Sasaki G, Kizu R, Takubo N, Soneda S, Fujisawa T, Takaya R, Kizaki Z, Kanzaki S, Hanaki K, Matsuura N, Kasahara Y, Kosaka K, Takahashi T, Minamitani K, Matsuo S, Mochizuki H, Kobayashi K, Koike A, Horikawa R, Teno S, Tsubouchi K, Mochizuki T, Igarashi Y, Amemiya S, Sugihara S; Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes (JSGIT).

  • 10.FUT2 non-secretor status is associated with Type 1 diabetes susceptibility in Japanese children. Diabet Med.34;586-589,2017

    Ihara K, Fukano C, Ayabe T, Fukami M, Ogata T, Kawamura T, Urakami T, Kikuchi N, Yokota I, Takemoto K, Mukai T, Nishii A, Kikuchi T, Mori T, Shimura N, Sasaki G, Kizu R, Takubo N, Soneda S, Fujisawa T, Takaya R, Kizaki Z, Kanzaki S, Hanaki K, Matsuura N, Kasahara Y, Kosaka K, Takahashi T, Minamitani K, Matsuo S, Mochizuki H, Kobayashi K, Koike A, Horikawa R, Teno S, Tsubouchi K, Mochizuki T, Igarashi Y, Amemiya S, Sugihara S; Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood Adolescent Diabetes (JSGIT).

  • 11.Improvement in glycemic control through changes in insulin regimens: findings from a Japanese cohort of children and adolescents with type 1 diabetes. Pediatr Diabetes.18:435-442.2017

    Mochizuki M, Kikuchi T, Urakami T, Kikuchi N, Kawamura T, Yokomichi H, Hoshino T, Matsuura N, Sasaki N, Sugihara S, Amemiya S; Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood Adolescent Diabetes (JSGIT).

著書

  • 小児内分泌学 改訂第2版 日本小児内分泌学会 (編集)  診断と治療社 (2016年 共著)

  • 小児・思春期糖尿病コンセンサス・ガイドライン 日本糖尿病学会・日本小児内分泌学会 (編集) 南江堂(2015年 共著)

  • 糖尿病専門医研修ガイドブック 改訂第7版 日本糖尿病学会編著 診断と治療社(2017年 共著)

  • 小児・思春期糖尿病の対応マニュアル 中山書店 (2012年 共著)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。