新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

愛知医科大学精神科学講座 教授

日本精神神経学会 精神科専門医

兼本 浩祐 かねもと こうすけ 先生

兼本先生のストーリー記事

患者さん1人1人にあわせた医療を提供する
患者さん1人1人にあわせた医療を提供する

AIにはできない医療の提供を目指す兼本浩祐先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 精神科
  • 精神神経科学

資格・学会・役職

日本精神神経学会 精神科専門医
  • 愛知医科大学精神科学講座 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本失語症学会 評議員
  • 日本神経心理学会 評議員
  • 日本精神病理学会 理事
  • 日本てんかん学会 理事・認定てんかん専門医
  • 日本医学史学会 理事
  • 厚生労働省指定 精神保健指定医
  • ILAE commission chair psychiatric aspect

所属病院

愛知医科大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 肝胆膵内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 内分泌外科 血管外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 愛知県長久手市岩作雁又1-1
  • 名古屋市営地下鉄東山線「藤が丘駅」 名鉄バス 愛知医科大学病院行き バス15分 名鉄瀬戸線「尾張旭駅」 名鉄バス 長久手古戦場駅(愛知医科大学病院経由)行き バス16分
  • 0561-62-3311
愛知医科大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1983年 京都大学医学部医学科卒業
1985年 国立療養所宇多野病院精神神経科医員
1986年 ベルリン自由大学神経科外人助手
1988年 国立療養所宇多野病院精神神経科医員
1993年 国立療養所宇多野病院精神神経科医長
1997年 医学博士学位取得
2001年 愛知医科大学精神医学講座助教授
2001年 愛知医科大学精神医学講座教授

論文

1)Kanemoto K, Janz D. The temporal sequence of aura-sensations in patients with complex focal seizures. J Neurol Neurosurg Psychiatry 52:52-56,1989
2)Kanemoto K, Kawasaki J, Kawai I. Postictal psychoses: A comparison with acute and chronic psychoses. Epilepsia 37:551-556,1996
3)Kanemoto K, Takeuchi J, Kawasaki J, Kawai I. Characteristics of temporal lobe epilepsy with mesial temporal sclerosis with special reference to psychotic episodes. Neurology 47:1199-1203,1996
4)Kanemoto K. Periictal Capgras syndrome following clustered ictal fear. Epilepsia 38:847-850,1997
5)Kanemoto K, Natori T, Kawasaki J, Kawai I. Characteristics and treatment of temporal lobe epilepsy with a history of complicated febrile convulsion. J Neurol Neurosurg Psychiatry 64:245-248,1998
6)Kanemoto K, Kawasaki J, Mori E. Violence and epilepsy: a close relationship between violence and postictal psychosis. Epilepsia 40:107-109,1999
7)Kanemoto K, Kawasaki J, Miyamoto T, Obayashi H, Nishimura M. Interleukin (IL)-1β, IL-1α, and IL-1 receptor antagonist gene polymorphisms in patients with temporal lobe epilepsy. Ann Neurology 47:571-574,2000
8)Kanemoto K, Kawasaki J. Familial aphasic episodes: Another variant of partial epilepsy with simple inheritance? Epilepsia 41:1036-1038,2000
9)Kanemoto K, Tsuji T, Kawasaki J. Re-examination of interictal psychoses; based on DSM IV psychosis classification and international epilepsy classification. Epilepsia 42:98-103,2001
10)Kanemoto K, Watanabe Y, Tsuji T, Fukami M, Kawasaki J. Rub epilepsy-a somatosensory-evoked reflex epilepsy induced by prolonged cutaneous stimulation-. J Neurol Neurosurg Psychiatry 70:541-543,2001
11)Kanemoto K, Kim Y, Miyamoto T, Kawasaki J. Presurgical postictal and acute interictal psychoses are differentially associated with postoperative mood and psychotic disorders. J Neuropsychiatry Clinical Neurosciences 13:243-247,2001
12)Kanemoto K, Kawasaki J, Yuasa S, Kumaki T, Oshima T, Kaji R, Nishimura M. Increased frequency of interleukin-1B-511T allele in patients with temporal lobe epilepsy, hippocampal sclerosis and prolonged febrile convulsion. Epilepsia 44:796-9,2003
13) Oshima T, Tadokoro Y, Kanemoto K. A prospective study of postictal psychoses with emphasis on the periictal type. Epilepsia 47:2131-4,2006
14) Tadokoro Y, Oshima T, Kanemoto K. Interictal psychoses in comparison with schizophrenia-A prospective study. Epilepsia. 2007

著書

世界はもう終わるときが来たというので、東京図書出版、2008年
専門外の医師のための大人のてんかん入門、中外医学社、2011年
心はどこまで脳なのだろうか(神経心理学コレクション)、医学書院、2011年
てんかん学ハンドブック 第3版、医学書院、2012年
深海魚のように心気症を病みたい 復刻版、東京図書出版、2014年
ママちゃりでぼくはウルムチに、東京図書出版、2015年
臨床てんかん学、医学書院、2015年

その他

  • 【受賞】1989年 ジュン・A・ワダ賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。