愛知医科大学 呼吸器・アレルギー内科 特命教授

日本内科学会 認定内科医 日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医 日本アレルギー学会 アレルギー専門医 日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・気管支鏡指導医

山口 悦郎 やまぐち えつろう 先生

1979年、北海道大学医学部卒業。北海道大学第一内科に入局し、呼吸器分野だけでなく幅広い疾患を診療。2003年より愛知医科大学呼吸器・アレルギー内科教授。愛知医科大学呼吸器・アレルギー内科は一般的な呼吸器疾患だけでなく、厚労省の研究班に加わり希少肺疾患の1つである肺胞蛋白症の治療と研究を精力的に行っている。

山口先生のストーリー記事

超高齢化時代の患者さんの“全心身”を診ることが呼吸器内科医の使命
超高齢化時代の患者さんの“全心身”を診ることが呼吸器内科医の使命

医師としてのすべての経験を患者さんに活かす山口悦郎先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器内科
  • 呼吸器疾患一般

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医
日本アレルギー学会 アレルギー専門医
日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・気管支鏡指導医
  • 愛知医科大学 呼吸器・アレルギー内科 特命教授
  • 医学博士 取得

所属病院

愛知医科大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 肝胆膵内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 内分泌外科 血管外科 ペインクリニック外科 頭頸部外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 愛知県長久手市岩作雁又1-1
  • 名古屋市営地下鉄東山線 藤が丘 名鉄バス 愛知医科大学病院行き バス15分 名鉄瀬戸線 尾張旭 名鉄バス 長久手古戦場駅(愛知医科大学病院経由)行き バス16分 名古屋市営地下鉄東山線 藤が丘 名鉄バス 愛知医科大学病院行き バス15分 名鉄瀬戸線 尾張旭 名鉄バス 長久手古戦場駅(愛知医科大学病院経由)行き バス16分
  • 0561-62-3311
公式ウェブサイト
愛知医科大学病院

来歴等

略歴

1979年-北海道大学医学部卒業
1993年-医学博士取得
1987年-北海道大学医学部附属病院 助手
1992年-北海道大学医学部附属病院 講師
2001年-北海道大学医学研究科呼吸器病態内科学分野 助教授
2003年-愛知医科大学 呼吸器・アレルギー内科 教授

論文

1) Kawai S, et al., The efficacy of montelukast and airway mast cell profiles in patients with cough variant asthma. J Asthma. 45(3):243-50, 2008.

2) Inoue Y, et al., Japanese Center of the Rare Lung Diseases Consortium. Characteristics of a large cohort of patients with autoimmune pulmonary alveolar proteinosis in Japan. Am J Respir Crit Care Med. 177 (7):752-62, 2008.

3) Tazawa R, et al., Inhaled Granulocyte/Macrophage-Colony Stimulating Factor as Therapy of Pulmonary Alveolar Proteinosis. Am J Respir Crit Care Med 181(12):1345-54, 2010.

4) Hattori T, et al., The role of atopy in the clinical course of pulmonary sarcoidosis in the Japanese population. Allergy & Asthma Proc 31(3):238-43, 2010.

5) Hattori T, et al., Genetic variants in mannose receptor gene (MRC1) confer susceptibility to increased risk of sarcoidosis. BMC Med Genet 11:151, 2010.

6) Zhu L, et al., Deficiency in the serum-derived hyaluronan-associated protein-hyaluronan complex enhances airway hyperresponsiveness in a murine model of asthma. Int Arch Allergy Immunol153(3):223-33, 2010.

7) Baba K, et al., Age-dependent deterioration of peak inspiratory flow with two kinds of dry powder corticosteroid inhalers (Diskus and Turbuhaler) and relationships with asthma control. J Aerosol Med Pulm Drug Deliv. 24(6):293-301, 2011.

8) Ohashi K, et al., Reduced GM-CSF autoantibody in improved lung of autoimmune pulmonary alveolar proteinosis. Eur Respir J. 39(3):777-80, 2012.

9) Tanaka H, et al., A case of disseminated nontuberculous mycobacteriosis and cerebellar toxoplasmosis with autoantibody to interferon-γ. Sarcoidosis Vasc Diffuse Lung Dis 30(4): 312-316, 2013.

10) Yokoe N, et al., UGT1A1*28 is associated with greater decrease in serum K+ levels following oral intake of procaterol.
J Asthma. 10:1-6, 2014.

11) Akasaka K, et al., Outcome of corticosteroid administration in autoimmune pulmonary alveolar proteinosis: a retrospective cohort study. BMC Pulm Med. 15:88, 2015.

12) Takahashi A, et al., A case of autoimmune pulmonary alveolar proteinosis with fluctuating lung shadows in parallel with cigarette smoke burden. Sarcoidosis vasculitis and diffuse lung disease 2017 in press.

著書

1) 山口悦郎:2.症候学 2-35 咳・痰,2-36 喘鳴
内科学 第10版,p109-111,矢崎義雄 総編集,朝倉書院,東京,2013年.

2) 山口悦郎:6.アレルギー疾患 急性好酸球性肺炎
呼吸器疾患診療最新ガイドライン p185-188, 弦間昭彦編集,総合医学社,東京,2014年.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。