新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国際医療福祉大学医学部呼吸器内科学 准教授、国際医療福祉大学三田病院 呼吸器センター呼吸器内科部長

日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医 日本睡眠学会 認定専門医 日本内科学会 総合内科専門医 日本アレルギー学会 アレルギー専門医

望月 太一 もちづき たいち 先生

東京慈恵会医科大学医学部を卒業後、膠原病に伴う肺疾患、睡眠呼吸障害を中心に診療を重ねる。呼吸器疾患において重視されるようになった慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診察など、幅広い診療を行う。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器内科

資格・学会・役職

日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医
日本睡眠学会 認定専門医
日本内科学会 総合内科専門医
日本アレルギー学会 アレルギー専門医
  • 国際医療福祉大学医学部呼吸器内科学 准教授
  • 国際医療福祉大学三田病院 呼吸器センター呼吸器内科部長

所属病院

三田病院

  • 内科 血液内科 外科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 血管外科 脊椎脊髄外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 東京都港区三田1丁目4-3
  • 都営大江戸線 赤羽橋 赤羽橋口出口または中之橋出口 徒歩5分 東京メトロ南北線 麻布十番 3番出口 徒歩8分 都営三田線 芝公園 A2番出口 徒歩10分 JR山手線 田町 三田口出口  車5分 徒歩20分
  • 03-3451-8121
公式ウェブサイト
三田病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 東京慈恵会医科大学医学部 卒業 
1989年 東京慈恵会医科大学 研修医
1990年 東京慈恵会医科大学内科学講座第4(現呼吸器内科) 研修医
1998年 同上(現呼吸器内科) 助手
2004年 同上(現呼吸器内科) 講師 外来医長
1996年 国立国際医療センター膠原病内科 レジデント(1998年まで)
1999年 国立国際医療センター地域保健研究室 流動研究員(2004年まで)
2007年 国際医療福祉大学三田病院呼吸器センター呼吸器病学 准教授
2014年 国際医療福祉大学塩谷病院内科(呼吸器) 教授
    同病院内科(呼吸器病学)
2015年 国際医療福祉大学三田病院呼吸器センター呼吸器内科 部長
2018年 国際医療福祉大学医学部准教授(現在に至る)

論文

  • Clinical and Laboratory features of lupus patients with complicating pulmonary disease. Respiratory Medicine 1999; 93 :95-101

    Mochizuki T, Aotsuka S, Sato T.

  • Clinical and Laboratory Features in Patients with Pulmonary Involvement of Primary Sjogren Syndrome .Jikeikai Medical Journal 2002; 49 :23-9.

    Mochizuki T,Kotajima F,Kotajima L, Jingu K,Inoue Y, Kimura A,Muramatsu H, Sato T,Aotsuka S.

  • 慢性呼吸不全に対し非侵襲的陽圧呼吸を導入し在宅医療が可能となった10症例の検討

    望月太一,原弘道,古田島太,木村啓,井上寧,佐藤哲夫,田井久量

  • Real-world efficacy and problems of once-daily use of inhaled steroid (fluticasone furoate) combined with long-acting beta-2 agonist (vilanterol) in Japanese patients with asthma

    Akira Umeda,Tateki Yamane,Taichi Mochizuki,Yasushi Inoue,Kenji Tsushima,Kazuya Miyagawa Cogent Medicine 2019:6 1-19

  • 当院経験した胸腺癌7症例の検討. 日本呼吸器学会雑誌 2004; 42: 634-9

    望月太一,沼田尊功他

  • CLINICAL STUDY OF COPD, BRONCHIAL ASTHMA OR OSAS PATIENTS WHO UNDERWENT A HOME SLEEP TEST

    Taichi Mochizuki, Ryuta Ueda, Yasushi Inoue, Akira Umeda, Tetsuo Sato RESPIROLOGY 2014:19 104 - 104

  • CONSIDERATION OF DRUG-INDUCED LUNG INJURY EXPERIENCED AT OUR HOSPITAL

    Taichi Mochizuki, Ryuta Ueda, Yasushi Inoue, Seisuke Nagase, Aeru Hayashi RESPIROLOGY 22 228 - 229 2017

  • FFECTS OF ONCE-A-DAY USE OF INHALED STEROID (FLUTICASONE FUROATE) COMBINED WITH LONG-ACTING BETA-2 AGONIST (VILANTEROL) ON VARIOUS FLOW DATA IN BRONCHIAL ASTHMA

    Akira Umeda, Tateki Yamane, Taichi Mochizuki, Taiji Watanabe, Yasushi Inoue, Yasumasa Okada, Kazuya Miyagawa, Atsumi Saito, Hiroshi Takeda RESPIROLOGY 22 167 - 167 2017

  • Clinical study of skin toxicity associated with gefitinib in advanced non-small cell lung

    Onodera R, Kotajima F, Yamaji T, Mochizuki T, Sato T:Clinical study of skin toxicity associated with gefitinib in advanced non-small cell lung cancer. Jikeikai Medical Journal 53(1):15-21, 2006

  • 多発性胸膜下リウマチ結節により膿胸をきたしたRAの1例. 関東リウマチ 1995; 30: 183-91.4)望月太一,竹内悦子,多田浩子,清水歩,深草元紀,小松崎克己.他 最近経験した皮膚筋炎および多発性筋炎における肺病変. 慈大呼吸器疾患研究会誌1993; 5: 60-2.

    望月太一,古田島理佐,木下牧子,青塚新一,隅谷護人.

著書

  • 望月太一、 薬剤師のための内科学 免疫アレルギー膠原病 慢性関節リウマチ. 編 新興医学出版社 1997;250-2

  • 望月太一、 今日のcommon disease診断ガイドラインーエスタブリシュ医薬品による標準治療. 医学書院 2012; 47-51

  • 【共著】望月太一,青塚新一 リウマチ科 顆粒球-好中球/好酸球 科学評論社 1996;15: 421-5

  • 望月太一:呼吸器内科  睡眠時無呼吸症候群・過換気症候群 呼吸器内科 Respiratory 科学評論社 2018; Vol.34 Supple.1;504-510

その他

  • 【受賞】平成17年2月 35回国際歯科学士会(ICD)冬季学会 睡眠時無呼吸症候群に対するアプローチ-歯科と医科の連携シンポジウムにて感謝状

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師