新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国際医療福祉大学三田病院 婦人科部長、国際医療福祉大学 病院教授

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医 日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医・代議員 日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医・評議員 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(産科婦人科領域) 日本臨床細胞学会 評議員 日本癌学会 会員 日本女性医学学会 会員

上田 和 うえだ かず 先生

公開日
2020/11/12

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 婦人科
  • 上田先生の子宮頸がんの専門領域
    • 手術療法(腹腔鏡手術含む)
    • 放射線療法
    • 化学療法
  • 上田先生の子宮体がんの専門領域
    • 手術療法(腹腔鏡手術含む)
    • 化学療法
    • ホルモン療法
  • 上田先生の卵巣がんの専門領域
    • 手術療法
    • 化学療法
    • 緩和医療
  • 上田先生の子宮筋腫の専門領域
    • 腹腔鏡手術
    • 薬物療法
  • 上田先生の子宮内膜症の専門領域
    • 腹腔鏡手術
    • 薬物療法

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医・代議員
日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医・評議員
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(産科婦人科領域)
日本臨床細胞学会 評議員
日本癌学会 会員
日本女性医学学会 会員
  • 国際医療福祉大学三田病院 婦人科部長
  • 国際医療福祉大学 病院教授

所属病院

三田病院

  • 内科 血液内科 外科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 血管外科 脊椎脊髄外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 東京都港区三田1丁目4-3
  • 都営大江戸線 赤羽橋 赤羽橋口出口または中之橋出口 徒歩5分 東京メトロ南北線 麻布十番 3番出口 徒歩8分 都営三田線 芝公園 A2番出口 徒歩10分 JR山手線 田町 三田口出口  車5分 徒歩20分
  • 03-3451-8121
公式ウェブサイト
三田病院

医療記事

来歴等

略歴

1998年 東京慈恵会医科大学 卒業
2000年 東京慈恵会医科大学 産婦人科学講座 助教
2006年 東京慈恵会医科大学 生化学講座 留学
2015年 東京慈恵会医科大学 産婦人科学講座 医局長
2016年 東京慈恵会医科大学 産婦人科学講座 講師
2017年 University of Ulsan, College of Medicine, Asan Medical Center 客員教授
2020年 国際医療福祉大学三田病院 婦人科部長
2020年 国際医療福祉大学 病院教授

論文

  • 1.Ueda K, Yanaihara N, Iida Y, Kobayashi R, Kato S, Matsuda Y, Tomita K, Yamamura N, Saito R, Hirose S, Kuroda T, Seki T, Saito M, Takano H, Yamada K, Okamoto A. (in press). Analysis of risk factors for patients with early-stage cervical cancer: A study of 374 patients. Obstet Gynaecol Res.

  • 2.Saito M, Odajima S, Ezawa M, IiDA Y, Ueda K, Yanaihara N, Tanabe H, Takano H, Yamada K, Okamoto A. (in press). Neoadjuvant Chemotherapy for Patients With Diaphragmatic Lesions: A Prognostic Postoperative Analysis. in vivo.

  • 3.Yanaihara N, Sato C, Ueda K, Okamoto A. (in press). Juvenile ovarian mature teratoma with malignant transformation diagnosed after laparoscopic surgery: a case report. Eur J Gynaecol Oncol.

  • 4.Saito M, Odajima S, Yokomizo R, Tabata J, Iida Y, Ueda K, Yanaihara N, Yamada K, Okamoto A. A simple method of quantifying chemotherapy-induced peripheral neuropathy using PainVision PS-2100®. Asia Pac J Clin Oncol. 2020; 16: 80-5.

  • 5.Morikawa A, Hayashi T, Shimizu N, Kobayashi M, Taniue K, Takahashi A, Tachibana K, Saito M, Kawabata A, Iida Y, Ueda K, Saito M, Yanaihara N, Tanabe H, Yamada K, Takano H, Nureki O, Okamoto A, Akiyama T. PIK3CA and KRAS mutations in cell free circulating DNA are useful markers for monitoring ovarian clear cell carcinoma. Oncotarget. 2018; 9: 15266-74.

  • 6.Ueda K, Nagayoshi Y, Kawabata A, Kuroda T, Iida Y, Saitou M, Yanaihara N, Sugimoto K, Sakamoto M, Okamoto A. Feasibility of reduced port surgery applying Higuchi's transverse incision. Gynecology and Minimally Invasive Therapy 2017; 6: 12-6.

  • 7.Okamoto A, Nagayoshi Y, Kawabata A, Sakamoto M, Ueda K. Higuchi's transverse incision and a modification of this method for minimally invasive surgery. Gynecol Minim Invasive Ther. 2017; 6: 66-8.

  • 8.Yokomizo R, Yamada K, Iida Y, Kiyokawa T, Ueda K, Saito M, Yanaihara N, Nakamura M, Okamoto A. Dedifferentiated endometrial carcinoma: A report of three cases and review of the literature. Mol Clin Oncol 2017; 7: 1008-12.

  • 9.Iida Y, Tabata J, Yorozu T, Kitai S, Ueda K, Saito M, Yanaihara N, Yamada K, Okamoto A. Polypoid endometriosis of the ovary and müllerianosis of pelvic lymph nodes mimicking an ovarian carcinoma with lymph node metastasis. Int Cancer Conf J. 2017; 6: 145-8.

  • 10.Ueda K, Tabata J, Yanaihara N, Nagayoshi Y, Kawabata A, Onota S, Yamamoto R, Iida Y, Sugimoto K, Okamoto A. Laparoscopic conservative surgery for massive ovarian edema with torsion. Gynecology and Minimally Invasive Therapy 2016; 5: 91–3.

  • 11.Saitou M, Iida Y, Komazaki H, Narui C, Matsuno K, Kawabata A, Ueda K, Tanabe H, Takakura S, Isonishi S, Sasaki H, Okamoto A. Success rate and safety of tumor debulking with diaphragmatic surgery for advanced epithelial ovarian cancer and peritoneal cancer. Arch Gynecol Obstet 2014; 291: 641-6.

  • 12.Morikawa A, Ueda K, Takahashi K, Fukunaga M, Iwashita M, Kobayashi Y, Takechi K, Umezawa S, Terauchi F, Kiguchi K, Aoki D, Nomura H, Yoshikawa H, Satoh T, Jobo T, Fujiwara H, Takei Y, Kamoi S, Terao Y, Isonishi S. Pathology-oriented treatment strategy of malignant ovarian tumor in pregnant women: analysis of 41 cases in Japan. Int J Clin Oncol 2014; 19: 1074-9.

  • 13.Ueda K, Yamada K, Kiyokawa T, Iida Y, Nagata C, Hamada T, Saito M, Aoki K, Yanaihara N, Takakura S, Okamoto A, Ochiai K, Ohkawa K, Tanaka T. Pilot study of CD147 protein expression in epithelial ovarian cancer using monoclonal antibody 12C3. J Obstet Gynaecol Res 2012; 38: 1211-9.

  • 14.Dobashi M, Isonishi S, Morikawa A, Takahashi K, Ueda K, Umezawa S, Kobayashi Y, Iwashita M, Takechi K, Tanaka T. Ovarian cancer complicated by pregnancy: Analysis of 10 cases. Oncol Lett 2012; 3: 577-80.

  • 15.Iida Y, Aoki K, Asakura T, Ueda K, Yanaihara N, Takakura S, Yamada K, Okamoto A, Tanaka T, Ohkawa K. Hypoxia promotes glycogen synthesis and accumulation in human ovarian clear cell carcinoma. Int J Oncol 2012; 40: 2122-30.

  • 16.Sato T, Isonishi S, Sasaki K, Nozawa E, Maruta T, Sato Y, Morikawa A, Ueda K, Suzuki K, Kitai S, Fukunaga M, Tanaka T. A case of female adnexal tumor of probable Wolffian origin: significance of MRI findings. Int Canc Conf J 2012;1:108-12.

  • 17.Shibata S, Marushima H, Asakura T, Matsuura T, Eda H, Aoki K, Matsudaira H, Ueda K, Ohkawa K. Three-dimensional culture using a radial flow bioreactor induces matrix metalloprotease 7-mediated EMT-like process in tumor cells via TGFbeta1/Smad pathway. Int J Oncol 2009; 34: 1433-48.

  • 18.Ueda K, Yamada K, Urashima M, Ishibashi Y, Shirai M, Nikaido T, Takahashi H, Okamoto A, Saito M, Yasuda M, Ohkawa K, Tanaka T. Association of extracellular matrix metalloproteinase inducer in endometrial carcinoma with patient outcomes and clinicopathogenesis using monoclonal antibody 12C3. Oncol Rep 2007; 17: 731-5.

  • 19.Takakura S, Saito M, Ueda K, Motegi M, Takao M, Yamada K, Okamoto A, Niimi S, Sasaki H, Tanaka T, Ochiai K. Irinotecan hydrochloride (CPT-11) and cisplatin as first-line chemotherapy after initial surgery for ovarian clear cell adenocarcinoma. Int Surg 2007; 92: 202-8.

  • 20.Ueda K, Okamoto A, Yamada K, Saito M, Takakura S, Tanaka T, et al. Nonpuerperal inversion of the uterus associated with endometrial cancer: a case report. Int J Clin Oncol 2006;11:153-5.

  • 21.Yamada K, Tachibana T, Iida Y, Ueda K, Misawa A, Suzuki N, Takahashi H, Kato H, Kimura E, Yasuda M, Tanaka T, Ishikawa H. Establishment and characterization of JHUCS-1 cell line derived from carcinosarcoma of the human uterus. Hum Cell 2004; 17: 139-44.

著書

  • 1.上田和.がん患者の現況(卵巣がん).鈴木直・森重健一郎・高井泰・古井辰郎編.新版 がん・生殖医療:妊孕性温存の診療.東京:医歯薬出版,2020: 147-57.

  • 2.川畑絢子、上田和、田部宏、新美茂樹、岡本愛光.CDDP+Radiation療法.浮村理・勝俣範之編.癌化学療法と制吐薬使用マニュアル改訂版.大阪:メジカルビュー社,2016: 28-30.

  • 3.稲葉夕子、北井里美、福田国彦、上田和、清川貴子.双角子宮.後閑武彦編.腹部疾患:画像アトラス.東京:羊土社,2014: 303-6

  • 4.上田和、岡本愛光.若年婦人科がんの現況.鈴木直・竹原祐志編.がん・生殖医療:妊孕性温存の診療.東京:医歯薬出版,2013: 115-24.

  • 5.川畑絢子、上田和、田部宏、新美茂樹、岡本愛光.CDDP+Radiation療法.三木恒治・勝俣範之編.癌化学療法と制吐薬使用マニュアル.大阪:メジカルビュー社,2013: 26-8.

  • 6.上田和、新美茂樹.抗癌剤感受性試験.落合和徳編.卵巣腫瘍のすべて.東京:メジカルビュー社,2006: 140-3.

  • 7.斉藤絵美、上田和、高倉聡.画像診断.落合和徳編.卵巣腫瘍のすべて.東京:メジカルビュー社,2006: 100-15.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師