Img searchbox
子宮

子宮筋腫

子宮筋腫
に関する情報を集めました

子宮筋腫とは

 子宮は平滑筋という種類の筋肉でできています。子宮筋腫は、主に子宮の平滑筋成分から発生し、女性ホルモン
(エストロゲン)の作用によって大きくなる良性のコブ(腫瘍)です。婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、その
発生頻度は30歳以上の女性で20~30%と推測されています。さらに非常に小さな子宮筋腫も含めると、過半数
の女性にあると考えられています。
子宮筋腫は、それ自体が生命を脅かすものではありません。しかし、子宮筋腫の大きさやできる部位により症状は
人それぞれで、治療の必要がないものから、手術が必要なものまであります。
筋腫はできる部位によって、3つのタイプがあります。子宮の内側の月経時に脱落する部分を子宮内膜と言いますが、
その子宮内膜に向かって発育したものを粘膜下筋腫、子宮の筋肉の中で発育したものを筋層内筋腫、子宮の外側に
向かって発育したものを漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)と呼びます。(図示 著作権の問題などあると思うので
メディカルノートにある図などを使用していただける様お願い致します。)

症状・治療法など

子宮筋腫に関する記事一覧

もっと見る

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る