山崎 文和 先生のプロフィール

山崎 文和 先生

やまざき ふみかず

山崎 文和 先生

関西医科大学附属病院皮膚科 准教授

専門分野

乾癬 膠原病 光皮膚科学 色素細胞の発生・分化

紹介

乾癬や紫外線発がんなど、組織細胞や光免疫の反応による皮膚疾患を得意とする。関西医科大学枚方病院においては、難治性の免疫・アレルギー性疾患に対して、外来では有効性が高く副作用の少ないnarrow band UVB 療法(紫外線治療)も積極的に行っている。尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎などで良好な治療成績を得ている。

略歴

1998年 川崎医科大学 卒業
    川崎医科大学附属病院皮膚科 研修医
2000年 関西医科大学附属病院皮膚科 研究医員
2001年 関西医科大学大学院医学研究科皮膚科 入学
2005年 関西医科大学大学院医学研究科皮膚科 卒業
    関西医科大学附属病院皮膚科 助教
2006年 りんくう総合医療センター市立泉佐野病院皮膚科 医長
2007年 関西医科大学附属滝井病院皮膚科 助教
2013年 同皮膚科 部長、病院・診療講師
2014年 同皮膚科 講師
2017年 関西医科大学附属病院皮膚科 准教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本皮膚科学会
日本皮膚科学会 認定専門医
日本研究皮膚科学会
日本色素細胞学会
日本光医学・光生物会
日本癌学会

受賞・著書・論文など

1. 皮膚疾患 最新の治療2017-2018 XV-6 弾力線維性仮性黄色腫 南江堂 2016
2. 皮膚科臨床アセット14 肉芽腫性皮膚疾患、Heerfordt症候群 中山書店 2013
3. オルソタイムズ vol4 (Complication  貼付剤の光線過敏症)科研製薬株式会社 2010
4. 光免疫 1冊でわかる光皮膚科 : 皮膚科医に必須のPhotodermatology 岡本祐之, 山崎文和, 水野可魚文光堂 2008
皮膚科診療プラクティス 20 Environmental Dermatology 環境・職業からみた皮膚疾患 (外因性光線過敏症) 文光堂 2007
5. 太陽紫外線防御研究委員会学術報告書 14巻 (紫外線による免疫抑制と発癌に対する表皮メラノサイトの役割) 太陽紫外線防御研究委員会 2004
【総説】
[特集]生物学的製剤と皮膚の副作用「展望」 乾癬に対する生物学的製剤の安全性 山崎文和、岡本祐之 皮膚病診療 36 390-395 2014

山崎 文和先生 の所属する医療機関

関西医科大学附属病院

TEL: 072-804-0101

関西医科大学附属病院

大阪府枚方市新町2丁目3-1

京阪電気鉄道京阪本線「枚方市駅」 徒歩3分

- -

受付時間: 8:30〜11:30 原則紹介制、一部診療科予約制 科により異なる 第2・4土曜休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

山崎 文和 先生 の記事