新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

久留米大学病院 産婦人科 主任教授

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医 日本婦人科腫瘍学会 理事・婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医 日本癌治療学会 代議員 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本女性医学学会 暫定指導医 NPO法人婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG) 理事 日本癌学会 会員 日本臨床細胞学会 会員 国際婦人科腫瘍学会 会員 アジア婦人科腫瘍学会 会員 American Society of Clinical Oncology 会員

牛嶋 公生 うしじま きみお 先生

久留米大学病院産婦人科科長。専門は婦人科腫瘍で、日本産婦人科学会や日本癌治療学会などの委員や代議員などを務めている。婦人科腫瘍をはじめ婦人科疾患全般の診療にあたっている。また、院内のがん遺伝子パネル検査や乳がん・卵巣がん症候群に関連した遺伝カウンセリング部門を統括している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 産科
  • 婦人科
  • 牛嶋先生の卵巣がんに関する得意な領域
    • 手術療法
    • 化学療法
    • 妊孕性温存治療
  • 牛嶋先生の腹膜がんに関する得意な領域
    • 手術療法
    • 化学療法
    • 妊孕性温存治療
  • 牛嶋先生の子宮体がんに関する得意な領域
    • 手術療法
    • 化学療法
    • 妊孕性温存治療
  • 牛嶋先生の子宮頸がんに関する得意な領域
    • 手術療法
    • 化学療法
    • 妊孕性温存治療
  • 牛嶋先生の子宮筋腫に関する得意な領域
    • 手術療法
    • 薬物療法
  • 【診療科】産婦人科【得意な領域】婦人科腫瘍
  • 【疾患】卵管がん【治療法】手術療法、化学療法、妊孕性温存治療

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会 理事・婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医
日本癌治療学会 代議員
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本女性医学学会 暫定指導医
NPO法人婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG) 理事
日本癌学会 会員
日本臨床細胞学会 会員
国際婦人科腫瘍学会 会員
アジア婦人科腫瘍学会 会員
American Society of Clinical Oncology 会員
  • 久留米大学病院 産婦人科 主任教授

所属病院

久留米大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 膠原病内科
  • 福岡県久留米市旭町67
  • JR鹿児島本線(博多~八代)「久留米駅」 バスの利用も可能:高専方面行 大学病院下車 車5分 西鉄天神大牟田線「西鉄久留米駅」 バスの利用も可能:大学病院行(終点)、 または高専方面行 大学病院下車 車10分
  • 0942-35-3311
久留米大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1983年 久留米大学医学部 卒業
1990年 医学博士取得
1990年 米国テキサス大学ダラス校留学
1992年 久留米大学産婦人科 助手
1999年 久留米大学産婦人科 講師
2004年 久留米大学産婦人科 助教授(現准教授)
2014年 久留米大学産婦人科 教授

論文

1.牛嶋公生:腎被膜下移植法による制癌剤感受性試験に関する研究。日本産科婦人科学会雑誌 41: 707-714, 1989
2.J Ian Mason, Kimio Ushijima, K. Nagai, D. Naville, JR.Head, L.Milewich, WE.Rainey, MM.Ralph:Regulation of expression of the 3-Hydroxysteroid Dehydrogenases of Human Placenta and Fetal Adrenal. J.Steroid Biochem. Molec.Biol 47: 151-159, 1993
3.牛嶋公生、杉山 徹、西田 敬、薬師寺道明、大蔵尚文、大渕盛夫、綱脇 現、蓮尾泰之、横田大介、天ヶ瀬紀昭、萩尾洋介、池田典文、駒井 幹、本村 聡:上皮性卵巣癌に対するSecond-look operation (SLO)の意義と問題点 日本産科婦人科学会雑誌 51(3): 119-126,1999
4.Kimio Ushijima, Syunichiro Ota, Kan Komai, Go Matsuo, Shigenobu Motoshima, Shizue Honda, Renpei Tomonari, Toru Sugiyama, Toshiharu Kamura: Clinical Assessment of Neoadjuvant Chemotherapy and Interval Cytoreductive Surgery for Unresectable Advanced Ovarian Cancer. International Surgery 87:185-190, 200
5.Xiao Huang, Kimio Ushijima, Kan Komai, Yumi Takemoto, Shigenobu Motoshima, Toshiharu Kamura, and Kimitoshi Kohno : Co-expression of Y-box-binding protein-1 and P-glycoprotein as a prognostic marker for survival in epithelial ovarian cancer. Gynecologic Oncology 93: 287-291,2004
6.Ushijima K,Yahata H,Yoshikawa H,Konishi I,Yasugi T,Saito T,Nakanishi T,Sasaki H,Saji F,Iwasaka T,Hatae M,Kodama S,Saito T,Terakawa N,Yaegashi N,Hiura M,Sakamoto A ,Tsuda H,Fukunaga M,Kamura T: Fertility-sparing treatment with medroxyprogesterone acetate for endometrial carcinoma and atypical hyperplasia in young women : a multicenter phase II study . J Clin Oncol 25:2798-2803,2007
7.Nishio S, Ushijima K, Tsuda N, Takemoto S, Kawano K, Yamaguchi T, Nishida N, Kakuma T, Tsuda H, Kasamatsu T, Sasajima Y, Kage M, Kuwano M, Kamura T :Cap43/NDRG1/Drg-1 is a molecular target for angiogenesis and a prognostic indicator in cervical adenocarcinoma. Cancer Letters 264: 36-43,2008
8.牛嶋 公生: 子宮体癌における高単位プロゲステロンによる妊孕性温存療法―治療効果および安全性、その後の妊娠について 長期観察結果―. 日本産科婦人科学会誌62: 2107-2114,2010
9.Kimio Ushijima,Toshiharu Kamura, Kazuo Tamura, Kazuo Kuzuya, Toru Sugiyama, Kichiro Noda, Kazunori Ochiai: Docetaxel/irinotecan combination chemotherapy in platinum/taxane-refractory and –resistant ovarian cancer: JGOG/WJGOG Intergroup Study. Int J Clin Oncol 18: 126-131,2013
10.Tsuda N,Ushijima K,Kawano K,Takemoto S,Nishio S,Sonoda G,KamuraT: Prevention of lymphocele development in gynecologic cancers by the electrothermal bipolar vessel sealing device.J Gynecol Oncol 25(3):229 - 235,2014
11.Ushijima K,Kawano K,Tsuda N,Nishio S,Terada A,Kato H,Matsukuma K: Epithelial borderline ovarian tumor: Diagnosis and treatment strategy. Obstetrics & Gynecolgy Science 58(3):183 - 187,2015
12.Onda T,Satoh T,Saito T,Kasamatsu T,Nakanishi T,Nakamura K,Wakabayashi M,Takehara K,Saito M,Ushijima K,Kobayashi H,Kawana K,Yokota H,Takano M,Takeshima N,Watanabe Y,Yaegashi N,Konishi I,Kamura T,Yoshikawa H:Comparison of treatment invasiveness between upfront debulking surgery versus interval debulking surgery following neoadjuvant chemotherapy for stage III/IV ovarian, tubal, and peritoneal cancers in a phase III randomised trial: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0602. Eur J Cancer 64:22 - 31,2016
13.Kojiro-Sanada S,Yasuda K,Nishio S,Ogasawara S,Akiba J,Ushijima K,Yano H:CXCL14-CXCR4 and CXCL12-CXCR4 axes may play important roles in the unique invasion process of endometrioid carcinoma with MELF-pattern myoinvasion.Int J Gynecol Pathol 36(6):530 - 539,2017
14.Itamochi H,Oishi T,Oumi N,Takeuchi S,Yoshihara K,Mikami M,Yaegasshi N,Terao Y,Takehara K,Ushijima K,Wtari H,Aoki D,Kimura T,Nakamura T,Yokoyama Y,Kigawa J,Sugiyama T: Whole-genome sequencing revealed novel prognostic biomarkers and promising targets for therapy of ovarian clear cell carcinoma. Brit J Cancer 117: 717 - 724,2017
15.Matsumoto K,Yaegashi N,Iwata T,Yamamoto K,Nagashima M,Saito T,Ushijima K,Takahashi F,Noda K,Yoshikawa H: Early impact of the Japanese immunization program implemented before the HPV vaccination crisis. Int J Cancer 141:1704 - 1706,2017
16.Nishio S,Takekuma M,Takeuchi S,Kawano K,Tsuda N,Tasaki K,Takahashi N,Abe M,Tanaka A,Nagasawa T,Shoji T,Xiong H,Nuthalapati S,Leahy T,Hashiba H,Kiriyama T,Komarnitsky P,Hirashima Y,Ushijima K: Phase 1 study of veliparib with carboplatin and weekly paclitaxel in Japanese patients with newly diagnosed ovarian cancer. Cancer Sci 108(11): 2213 - 2220,2017
17.Ushijima K: Fertility sparing treatment for early stage endometrial cancer: current situation and new strategy. J Gynecol Oncol 30(6),e117,2019
18.Nishio S,Ushijima K: Clinical significance of primary debulking surgery and neoadjuvant chemotherapy-interval debulking surgery in advanced ovarian cancer. Japanese Journal of Clinical Oncology 50(4): 379 - 386,2020

著書

1.津田尚武,牛嶋公生:II. 婦人科疾患 G.腫瘍と類腫瘍 4.付属器(卵巣・卵管)の腫瘍・類腫瘍 c.悪性卵巣腫瘍 3)胚細胞腫瘍 産科婦人科疾患最新の治療2016-2018 南江堂:310 – 312,2016
2.牛嶋公生:II婦人科疾患 G類腫瘍と類腫瘍 3子宮の腫瘍・類腫瘍 i子宮内膜増殖症. 産科婦人科疾患最新の治療2019-2021,241 - 242,南江堂,東京,2019
3.角 明子,牛嶋公生: 膣癌(扁平上皮癌、腺癌).一冊でわかる婦人科腫瘍の画像診断,90 - 92,文光堂,東京,2019

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。