新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

秋田大学 大学院医学系研究科 脳神経外科講座 教授

清水 宏明 しみず ひろあき 先生

1986年東北大学医学部卒業。2014年より秋田大学大学院脳神経外科学講座教授。

清水先生のストーリー記事

脳へのリスペクトを感じずにはいられない
脳へのリスペクトを感じずにはいられない

チームプレーで地域の医療を守る清水宏明先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経外科
  • 脳血管障害の外科
  • 脳神経外科一般

資格・学会・役職

  • 秋田大学 大学院医学系研究科 脳神経外科講座 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本脳神経外科学会 代議員/機関紙査読委員/専門医試験委員/研究倫理審査委員等
  • 日本脳神経外科コングレス 2008 - 2010運営委員/機関紙編集委員
  • 日本脳卒中学会 評議員/機関紙編集委員等
  • 日本脳卒中の外科学会 2003~2014事務局幹事/技術認定試験委員等
  • 日本脳循環代謝学会 1999~評議員
  • スパズムシンポジウム  会員
  • 一般社団法人宮城県脳卒中ネットワーク 事務局幹事(2011-2017)
  • 一般社団法人みやぎ医療福祉情報ネットワーク協議会 2012~2015事務局長/2015~理事

所属病院

秋田大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 老年内科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 総合診療科 病理診断科
  • 秋田県秋田市広面蓮沼44-2
  • JR奥羽本線(新庄~青森) 秋田 東口または西口  中央交通バス 手形山経由、赤沼、太平、松崎団地各線、赤沼線  大学病院前下車すぐ バス JR奥羽本線(新庄~青森) 秋田 東口または西口  中央交通バス 手形山経由/赤沼、太平、松崎団地各線/赤沼線  大学病院前下車すぐ バス
  • 018-834-1111
公式ウェブサイト
秋田大学医学部附属病院

来歴等

略歴

1986年 東北大学医学部医学科卒業
1986年 東北大学脳神経外科
1988年 カリフォルニア大学サンフランシスコ校脳神経外科
1998年 広南病院脳神経外科医長、同部長
2008年 東北大学大学院神経病態制御学分野 准教授
2011年 広南病院脳神経外科部長、副院長
2013年 東北大学大学院神経外科学分野 准教授
2014年 秋田大学大学院脳神経外科学講座 教授
2016年 秋田大学医学部付属病院副院長(医療安全管理部長)兼務

論文

1 Fujimura M, Niizuma K, Inoue T, Sato K, Endo H, Shimizu H, Tominaga T. Minocycline prevents focal neurologic deterioration due to cerebral hyperperfusion after extracranial-intracranial bypass for moyamoya disease. Neurosurgery, 2014 Feb;74(2):163-70

2 Sato K, Shimizu H, Inoue T, Fujimura M, Matsumoto Y, Kondo R, Endo H, Sonoda Y, Tominaga T. Angiographic circulation time and cerebral blood flow during balloon test occlusion of the internal carotid artery. J Cereb Blood.flow Metab, 2014 Jan;34(1):136-43

3 Fujimura M, Sato K, Kimura N, Inoue T, Shimizu H, Tominaga T. A case of bilateral giant internal carotid artery aneurysms at the cavernous portion managed by 2-stage extracranial-intracranial bypass with parent artery occlusion: consideration for bypass selection and timing of surgeries. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2014 Sep;23(8):e393-8

4 Sakata H, Fujimura M, Sato K, Shimizu H, Tominaga T. Efficacy of extracranial-intracranial bypass for progressive middle cerebral artery occlusion associated with active Sjögren's syndrome: Case report. J Stroke Cerebrovasc Dis 2014 Sep;23(8):e399-402

5 Ito A, Niizuma K, Shimizu H, Fujimura M, Hasumi K Tominaga T. SMTP-7, a new thrombolytic agent, decreases hemorrhagic transformation after transient middle cerebral artery occlusion under warfarin anticoagulation in mice Brain Res 1578:38-48, 2014

6 Niizuma K, Ito A, Shimizu H, Fujimura M, Hasumi K, Tominaga T. SMTP-7, a new thrombolytic agent, decreases hemorrhagic transformation after transient middle cerebral artery occlusion under warfarin anticoagulation in mice. Brain Res. 1578:38-48, 2014

7 Niizuma K, Shimizu H, Inoue T, Watanabe M, Tominaga T. Maximum Preservation of the Media in Carotid Endarterectomy. Neurol Med Chir 2014;54(10):812-8

8 Omodaka S, Endo H, Doi H, Shimizu H, Fujimura M, Aizawa N, Nakazawa T, Tominaga T. Usefulness of Laser Speckle Flowgraphy for the Assessment of Ocular Blood Flow in Extracranial–Intracranial Bypass. Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases 23:e445-448, 2014

9 Endo T, Shimizu H, Sato K, Niizuma K, Kondo R, Matsumoto Y, Takahashi A, Tominaga T. Cervical Perimedullary Arteriovenous Shunts: A Study of 22 Consecutive Cases With a Focus on Angioarchitecture and Surgical Approaches. Neurosurgry 75:238-249, 2014

10 Sherif Rashad, Tamer Hassan, Hiroaki Shimizu, Tamer Ibrahim, Ahmed Elsayed Sultan,
Bassma El-Sabaa. De Novo Giant Partially Thrombosed Aneurysm Complicating STA-MCA Bypass Site in 3 Years: Case Report With Review of the Literature.
Neurosurgery Quarterly (Impact Factor: 0.09). 07/2014

11 Akamatsu Y, Fujimura M, Uenohara H, Shimizu H, Tominaga T. Development of Moyamoya Disease in Pregnancy and Puerperium: Case Report. Neurol Med Chir 54:824-826, 2014

12 Fujimura M, Niizuma K, Endo H, Sato K, Inoue T, Shimizu H, Tominaga T. Quantitative analysis of early postoperative cerebral blood flow contributes to the prediction and diagnosis of cerebral hyperperfusion syndrome after revascularization surgery for moyamoya disease. Neurol Res. 37:131-8, 2015

13 Nishijima Y, Niizuma K, Fujimura M, Akamatsu Y, Shimizu H, Tominaga T. Consistent delayed unilateral neuronal death after modified transient focal cerebral ischemia in mice that mimics neuronal injury after transient global cerebral ischemia. J Neurosurg. 123:243-252, 2015

14 Mekawy M, Saito A, Shimizu H. Tominaga T. Targeting of Apoptotic Cells Using Functionalized Fe2O3 Nanoparticles. Nanomaterials 5:874-884, 2015

15 Ono T, Sasajima T, Doi Y, Oka S, Ono M, Kanagawa M, Baden A, Mizoi K, Shimizu H. Amino acid PET tracers are reliable markers of treatment responses to single-agent or combination therapies including temozolomide, interferon-β, and/or bevacizumab for glioblastoma. Nucl Med Biol. 42:598–607, 2015

16 Endo H, Fujimura M, Shimizu H, Inoue T, Sato K, Nizuma K, Tominaga T. Cerebral Blood Flow after Acute Bypass with Parent Artery Trapping in Patients with Ruptured Supraclinoid Internal Carotid Artery Aneurysms. J Stroke Cerebrovasc Dis, 2015 Oct;24(10):2358-68.

17 Rashad S, Endo H, Sultan AE, Shimizu H, Fujimura M, Sato K, Matsumoto Y, Tominaga T. Therapeutic Clip Occlusion of the Anterior Choroidal Artery Involved with Partially Thrombosed Fusiform Aneurysm: A Case Report. J Stroke Cerebrovasc Dis, 2015 Aug;24(8):e227-30.

18 Inoue T, Shimizu H, Fujimura M, Sato K, Endo H, Niizuma K, Sakata H, Tominaga T. Risk factors for meningitis after craniotomy in patients with subarachnoid hemorrhage due to anterior circulation aneurysms rupture. Clin Neurol Neurosurg 2015 Dec;139:302-6.

19 Hiroshima Y, Nanjo H, Sasajima T, Shimizu H, Minamiya Y, Yoshioka T, Oda M, Kudo-Asabe Y, Tsuda M, Tanino M, Tanaka S, Akagami Y, Goto A. Rapid immunohistochemistry of IDH-1 for the intraoperative diagnosis of gliomas. Akita J Med 42:147-156, 2015

20 Yanagisawa T, Kinouchi H, Sasajima T, Shimizu H. Long-Term Follow-Up for a Giant Basilar Trunk Aneurysm Surgically Treated by Proximal Occlusion and External Carotid Artery to Posterior Cerebral Artery Bypass Using a Saphenous Vein Graft. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2016 Nov;25(11):e212-e213

著書

脳神経外科診療プラクティスシリーズ(文光堂、全9巻)編集

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。