新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

秋田大学 血液腎臓膠原病内科 教授

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・内科指導医 日本血液学会 血液専門医・血液指導医

高橋 直人 たかはし  なおと 先生

1997年に秋田大学医学部大学院を卒業後、同学医学部第3内科へ入局。2003年よりカナダのサスカチュワン大学がんセンターに研究員として留学、2005年より秋田大学医学部第三内科学講座へ。2015年より同講座にて教授を務める。幅広く全身の疾患を扱う内科学分野を極める一方で、特に血液疾患の研究を活かした先進的な治療について第一線で活躍する。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 血液内科
  • 内科系臨床医学
  • 血液内科学

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・内科指導医
日本血液学会 血液専門医・血液指導医
  • 秋田大学 血液腎臓膠原病内科 教授
  • 日本血液学会 理事
  • 日本内科学会 評議員

所属病院

秋田大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 老年内科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 総合診療科 病理診断科
  • 秋田県秋田市広面蓮沼44-2
  • JR奥羽本線(新庄〜青森)「秋田駅」 東口または西口  中央交通バス 手形山経由/赤沼、太平、松崎団地各線/赤沼線  大学病院前下車すぐ バス
  • 018-834-1111
秋田大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1997年 秋田大学医学部大学院
1997年 秋田大学医学部第三内科医員
2002年 秋田大学医学部第三内科学講座助手
2003年 カナダ サスカチュワン大学がんセンター研究員
2005年 秋田大学医学部第三内科学講座助手
2015年 秋田大学医学部第三内科学講座教授

論文

(過去5年の主な論文)
(1) Takahashi N, Nakaseko C, Kobayashi Y, Miyamura K, Ono C, Koide Y, Fujii Y, Ohnishi K. Long-term treatment with bosutinib in a phase 1/2 study in Japanese chronic myeloid leukemia patients resistant/intolerant to prior tyrosine kinase inhibitor treatment. Int J Hematol. 2017 Apr 13. doi: 10.1007/s12185-017-2239-8. [Epub ahead of print]
(2) Jiang ZP, Zhao XL, Takahashi N, Angelini S, Dubashi B, Sun L, Xu P. Trough concentration and ABCG2 polymorphism are better to predict imatinib response in chronic myeloid leukemia: a meta-analysis. Pharmacogenomics. 2017 Jan;18(1):35-56.
(3) Miura M, Takahashi N. Routine therapeutic drug monitoring of tyrosine kinase inhibitors by HPLC-UV or LC-MS/MS methods. Drug Metab Pharmacokinet. 2016 Feb;31(1):12-20. doi: 10.1016/j.dmpk.2015.09.002. Epub 2015 Nov 12. Review.
(4) Takahashi N. Hypereosinophilic syndrome in the tyrosine kinase inhibitor era. Intern Med. 2015;54(6):551-2. doi: 10.2169/internalmedicine.54.3258. Epub 2015 Jan 15
(5) Abumiya M, Takahashi N, Niioka T, Kameoka Y, Fujishima N, Tagawa H, Sawada K, Miura M. Influence of UGT1A1 *6, *27, and *28 polymorphisms on nilotinib-induced hyperbilirubinemia in Japanese patients with chronic myeloid leukemia. Drug Metab Pharmacokinet. 2014;29(6):449-54.
(6) Takahashi N, Miura M, Kuroki J, Mitani K, Kitabayashi A, Sasaki O, Kimura H, Imai K, Tsukamoto N, Noji H, Kondo T, Motegi M, Kato Y, Mita M, Saito H, Yoshida C, Torimoto Y, Kimura T, Wano Y, Nomura J, Yamamoto S, Mayama K, Honma R, Sugawara T, Sato S, Shinagawa A, Abumiya M, Niioka T, Harigae H, Sawada K. Multicenter phase II clinical trial of nilotinib for patients with imatinib-resistant or -intolerant chronic myeloid leukemia from the East Japan CML study group evaluation of molecular response and the efficacy and safety of nilotinib. Biomark Res. 2014 Mar 20;2(1):6.
(7) Shinohara Y, Takahashi N, Nishiwaki K, Hino M, Kashimura M, Wakita H, Hatano Y, Hirasawa A, Nakagawa Y, Itoh K, Masuoka H, Aotsuka N, Matsuura Y, Takahara S, Sano K, Kuroki J, Hata T, Nakamae H, Mugitani A, Nakane T, Miyazaki Y, Niioka T, Miura M, Sawada K. A multicenter clinical study evaluating the confirmed complete molecular response rate in imatinib-treated patients with chronic phase chronic myeloid leukemia by using the international scale of real-time quantitative polymerase chain reaction. Haematologica.2013;98(9):1407-13.doi:10.3324/haematol.2013.085167.
(8) Experts in chronic myeloid leukemia. The Price of Drugs for Chronic Myeloid Leukemia (CML); A Reflection of the Unsustainable Prices of Cancer Drugs: From the Perspective of a Large Group of CML Experts. Blood. 2013 May 30;121(22):4439-42. doi: 10.1182/blood-2013-03-490003.
(9) Takahashi N, Miura M, Scott SA, Niioka T, Sawada K. Pharmacokinetics of Dasatinib for Philadelphia- Positive Acute Lymphocytic Leukemia with Acquired T315I mutation. J Hematol Oncol. 2012 May 15;5:23. doi: 10.1186/1756-8722-5-23.
(10) Ng KP, Hillmer AM, Chuah CT, Juan WC, Ko TK, Teo AS, Ariyaratne PN, Takahashi N, Sawada K, Fei Y, Soh S, Lee WH, Huang JW, Allen JC Jr, Woo XY, Nagarajan N, Kumar V, Thalamuthu A, Poh WT, Ang AL, Mya HT, How GF, Yang LY, Koh LP, Chowbay B, Chang CT, Nadarajan VS, Chng WJ, Than H, Lim LC, Goh YT, Zhang S, Poh D, Tan P, Seet JE, Ang MK, Chau NM, Ng QS, Tan DS, Soda M, Isobe K, Nöthen MM, Wong TY, Shahab A, Ruan X, Cacheux-Rataboul V, Sung WK, Tan EH, Yatabe Y, Mano H, Soo RA, Chin TM, Lim WT, Ruan Y, Ong ST. A common BIM deletion polymorphism mediates intrinsic resistance and inferior responses to tyrosine kinase inhibitors in cancer. Nat Med. 2012 Mar 18;18(4):521-8. doi: 10.1038/nm.2713.

著書

Molecular Pathogenesis and Treatment of Chronic Myelogenous Leukemia. Edited by Masahiro Kizaki.Springer, 2015 (ISBN 4431557148, 9784431557142)
Myeloid Leukemia- Clinical Diagnosis and Treatment. Edited by Steffen Koschmieder. InTech, 2011 (ISBN 978-953-307-886-1)

その他

  • 【受賞】2001年 山下太郎学術研究奨励賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。