秋田大学大学院 整形外科外科学講座 教授

日本整形外科学会 整形外科専門医 日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医 日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医

島田 洋一 しまだ よういち 先生

脊髄損傷の学際的学会である日本脊髄障害医学会理事長。日本リハビリテーション医学会理事で、ロボットリハビリテーションや機能的電気刺激などのハイテクリハビリテーション機器を専門とするリハビリ先端機器研究会代表幹事。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 脊椎脊髄外科
  • リハビリテーション医学

資格・学会・役職

日本整形外科学会 整形外科専門医
日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医
日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
  • 秋田大学大学院 整形外科外科学講座 教授
  • 医学博士 取得

所属病院

秋田大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 老年内科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 総合診療科 病理診断科
  • 秋田県秋田市広面蓮沼44-2
  • JR奥羽本線(新庄~青森) 秋田 東口または西口  中央交通バス 手形山経由、赤沼、太平、松崎団地各線、赤沼線  大学病院前下車すぐ バス JR奥羽本線(新庄~青森) 秋田 東口または西口  中央交通バス 手形山経由/赤沼、太平、松崎団地各線/赤沼線  大学病院前下車すぐ バス
  • 018-834-1111
公式ウェブサイト
秋田大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1982年 札幌医科大学大学医学部卒業
1988年 秋田大学大学院博士課程終了 医学博士取得
     秋田大学整形外科 助手
1997年 秋田大学外科 講師
1998年 秋田大学附属病院リハビリテーション部 助教授
2007年 秋田大学整形外科 教授

論文

1. Shimada Y, Sakuraba T, Matsunaga T, Misawa A, Kawatani M, Itoi E: Effects of therapeutic magnetic stimulation on acute muscle atrophy in rats after hindlimb suspension. Biomed Research, 27: 23-27, 2006
2. Shimada Y, Hatakeyama K, Minato T, Matsunaga T, Sato M, Chida S, Itoi E: Hybrid functional electrical stimulation with medial linkage knee-ankle-foot orthoses in complete paraplegics. Tohoku J Exp Med, 209: 117-123, 2006
3. Shimada Y, Matsunaga T, Misawa A, Ando S, Itoi E, Konishi N: Clinical application of peroneal nerve stimulator system using percutaneous intramuscular electrodes for correction of foot drop in hemiplegic patients. Neuromodulation, 9: 320-327, 2006
4. Shimada Y, Ito H, Matsunaga T, Misawa A, Kawatani M, Itoi E: Reduction of muscle fatigue by catchlike-inducing intermittent electrical stimulation in rat skeletal muscle. Biomed Research, 27: 183-189, 2006
5. Shimada Y, Sato M, Miyawaki K, Iwami T, Matsunaga T, Hatakeyama K, Chida S, Itoi E: The Akita functional electrical-assisted rowing machine for rehabilitation exercise. Akita J Med, 33: 105-111, 2006
6. Shimada Y, Chida S, Mastnaga T, Sato M, Hatakeyama K, Itoi E: Clinical results of rehabilitation for accessory nerve palsy after radical neck dissection. Acta Oto-Laryngologica, 127: 491-487, 2007

著書

Shimada Y, Hasegawa K, Asano S and Miyakoshi N: Posterior Fixation Techniques for
Atlantoaxial Instability. In “Minimally Invasive Spine Surgery Techniques”. (eds)
Lewandrowski KU, Summit Communications LLC., pp.203-221., New York, 2007

その他

  • 【受賞】平成23年度先進医療コンペ優秀賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。