新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

熊本大学病院 心臓血管センター長、欧州心臓病学会 (特別正会員 FESC

日本循環器学会 循環器専門医 日本内科学会 認定医

辻田 賢一 つじた けんいち 先生

1998年熊本大学医学部卒業後、循環器内科医としての臨床経験を積み、特に救急医療に力を入れて取り組んできた。2016年、42歳の若さで熊本大学大学院生命科学研究部の教授に就任。2017年1月には、熊本県で迅速かつ高度な循環器救急医療を提供するために、心臓血管センターを設立し、若手医師の教育と臨床に尽力している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科
  • 循環器内科全般
  • 経カテーテル大動脈弁植え込み術

資格・学会・役職

日本循環器学会 循環器専門医
日本内科学会 認定医
  • 熊本大学病院 心臓血管センター長
  • 熊本大学大学院生命科学研究部 教授・診療科長
  • 医学博士 取得
  • 日本内科学会 教育施設指導医
  • 日本冠疾患学会 評議員
  • 日本心臓病学会 特別正会員 FJCC
  • 日本心血管インターベンション治療学会 専門医、九州沖縄支部運営委員
  • 日本不整脈学会 会員
  • 日本心臓核医学会 地域別教育研修会運営委員[九州]
  • 日本心臓リハビリテーション学会 会員
  • アメリカ心臓協会 会員
  • アメリカ心臓病学会 特別正会員 FACC
  • 欧州心臓病学会 特別正会員 FESC
  • 身体障害者福祉法第15条 指定医師(熊本市)
  • 熊本県 難病指定医(43S1140728号)(
  • Edwards Sapien XT®経カテーテル大動脈弁植込術 施行医認定
  • Medtronic CoreValve®経カテーテル大動脈弁植込術 施行医(CV15496)認定
  • 浅大腿動脈ステントグラフト 実施医
  • 日本循環器学会 九州支部評議員、九州支部役員
  • ストラクチャークラブジャパン 九州支部会世話人
  • 欧州心臓病学会 (特別正会員 FESC

所属病院

熊本大学病院

  • 血液内科 膠原病内科 神経精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成・再建科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 リハビリテーション科 歯科口腔外科 麻酔科・緩和ケア 乳腺・内分泌外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病・代謝・内分泌内科 脳神経内科 放射線治療科 総合診療科 病理診断科 移植外科 画像診断・治療科 救急外来科
  • 熊本県熊本市中央区本荘1丁目1-1
  • 熊本市電A系統 九品寺交差点 徒歩9分 JR鹿児島本線(博多~八代) 熊本 車8分
  • 096-344-2111
公式ウェブサイト
熊本大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1998年 熊本大学医学部 卒業
1998年 熊本大学医学部附属病院 研修医
1999年 熊本労災病院内科 研修医
1999年 熊本赤十字病院内科 研修医
2000年 福岡徳洲会病院循環器科 勤務
2003年 熊本大学大学院医学研究科 入学(循環器病態学専攻)
2007年 熊本大学大学院医学研究科 修了(医学博士)
2007年 熊本大学医学部附属病院循環器内科 勤務
2007年 米国Columbia(Dr. Mintz研究室) 大学博士研究員
2009年 熊本大学医学部附属病院循環器内科 助教
2014年 熊本大学医学部附属病院循環器内科 診療講師
2015年 熊本大学大学院生命科学研究部 講師
2016年 熊本大学大学院生命科学研究部 教授・診療科長
2017年 熊本大学熊本大学医学部附属病院 心臓血管センター長
2019年 熊本大学病院 副病院
2020年 熊本大学病院 病院長特別補佐

論文

  • Targeted deletion of class A macrophage scavenger receptor increases the risk of cardiac rupture after experimental myocardial infarction. Circulation 115, 1904-1911 (2007)

    Tsujita K, Kaikita K*, Hayasaki T, Honda T, Kobayashi H, Sakashita N, Suzuki H, Kodama T, Ogawa H, Takeya M.

  • Effects of edaravone on reperfusion injury in patients with acute myocardial infarction. Am J Cardiol 94, 481-484 (2004)

    Tsujita K, Shimomura H*, Kawano H, Hokamaki J, Fukuda M, Yamashita T, Hida S, Nakamura Y, Nagayoshi Y, Sakamoto T, Yoshimura M, Arai H, Ogawa H.

  • Impact of Dual Lipid-Lowering Strategy With Ezetimibe and Atorvastatin on Coronary Plaque Regression in Patients With Percutaneous Coronary Intervention: The Multicenter Randomized Controlled PRECISE-IVUS Trial

    Tsujita K*, Sugiyama S, Sumida H, Shimomura H, Yamashita T, Yamanaga K, Komura N, Sakamoto K, Oka H, Nakao K, Nakamura S, Ishihara M, Matsui K, Sakaino N, Nakamura N, Yamamoto N, Koide S, Matsumura T, Fujimoto K, Tsunoda R, Morikami Y, Matsuyama K, Oshima S, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H

  • Coronary plaque component in patients with vasospastic angina: a virtual histology intravascular ultrasound study. Int J Cardiol 168, 2411-2415 (2013)

    Tsujita K*, Sakamoto K, Kojima S, Kojima S, Takaoka N, Nagayoshi Y, Sakamoto T, Tayama S, Kaikita K, Hokimoto S, Sumida H, Sugiyama S, Nakamura S, Ogawa H.

  • Cross-sectional and longitudinal positive remodeling after subintimal drug-eluting stent implantation: multiple late coronary aneurysms, stent fractures, and a newly formed stent gap between previously overlapped stents.

    Tsujita K*, Sakamoto K, Kojima S, Kojima S, Takaoka N, Nagayoshi Y, Sakamoto T, Tayama S, Kaikita K, Hokimoto S, Sumida H, Sugiyama S, Nakamura S, Ogawa H.

  • Intravascular ultrasound comparison of the retrograde vs antegrade approach to percutaneous intervention for chronic total coronary occlusions. JACC Cardiovasc Interv 2, 846-854 (2009)

    Tsujita K, Maehara A*, Mintz GS, Kubo T, Doi H, Lansky AJ, Stone GW, Moses JW, LeonMB, Ochiai M.

著書

1.辻田賢一,海北幸一,小川久雄.
2007増刊 DATAで読み解く内科疾患 Ⅰ.循環器 狭心症
綜合臨牀2007年3月号 Vol.56 No.13
2.辻田賢一,海北幸一,小川久雄.
安定労作狭心症,無症候性心筋虚血,陳旧性心筋梗塞
心血管病薬物治療マニュアル Page24-30 (2008. 9)
3.辻田賢一, 海北幸一, 副島弘文, 杉山正悟, 小川久雄.
急性冠症候群 発症関連因子.
日本臨床68(4):607-614 2010
4.辻田賢一, 海北幸一, 小川久雄.
狭心症の薬物治療.
medicina 47(9):1588-1593 2010
5.辻田賢一, 掃本誠治, 小川久雄.
3. 血管内超音波装置
第19 章 医療材料、診断・治療機器の進歩
先端医療シリーズ43 「循環器疾患の最新医療」
6.辻田賢一,小川久雄
OCTによる新時代PCIと各種画像モダリティを駆使した治療シミュレーションII-5第1部 侵襲的画像検査IVUS PCIへの徹底活用「ステント留置部位の決定方法」
メジカルビュー社, p85-92
7.辻田賢一, 小川久雄
診療ガイドラインUp-to-Date
急性心筋梗塞a(よく見かける疾患) Acute Myocardial Infarction
メジカルレビュー社
8.辻田賢一, 海北幸一, 山永健之, 掃本誠治, 小川久雄
「治療」96巻3月号 特集:心筋梗塞 最前線「心筋梗塞の発症因子,遺伝因子」
南山堂Vol.96,No.3〈2014.3〉 227-233
9.辻田賢一,小川久雄. 心筋梗塞 診療ガイドラインUP-TO -DATE 2014-2015(門脇 孝、小室一成、宮地良樹 監修)メジカルビュー社 pp:136-145 2014

その他

  • 【受賞】2003年 第76回アメリカ心臓協会Poster Competition優秀賞受賞

  • 【受賞】2005年 若手研究者国際学会渡航助成(第78回アメリカ心臓協会)受賞

  • 【受賞】2006年 第9回日韓リンパ網内系ワークショップ最優秀賞受賞

  • 【受賞】2007年 日本循環器学会第3回Circulation Journal Award優秀賞受賞

  • 【受賞】2007年 第20回日本心臓財団・バイエル薬品海外留学助成受賞

  • 【受賞】2007年 バイオラジカル制御による血管病変治療戦略プロジェクト最優秀賞受賞

  • 【受賞】2007年 第7回泰江賞受賞

  • 【受賞】2008年 上原記念生命科学財団海外留学助成リサーチフェローシップ受賞

  • 【受賞】2009年 Best of TCT (Transcatheter Cardiovascular Therapeutics) 2009 Posters受賞

  • 【受賞】2012年 日本学術振興会若手研究者海外派遣事業・組織的な若手研究者等海外派遣プログラム受賞

  • 【受賞】2013年 喫煙科学研究財団・研究助成受賞

  • 【受賞】2013年 第9回西日本血管機能研究会優秀賞受賞

  • 【受賞】2015年 財団法人福田記念医療技術振興財団研究助成受賞

  • 【受賞】平成27年度国立大学法人熊本大学医療活動表彰

  • 【受賞】2017年 第6回日本循環器学会循環器臨床研究奨励賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。