新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

自治医科大学 特命教授 東京大学医科学研究所 特任教授

日本神経学会 指導医

村松 慎一 むらまつ しんいち 先生

神経内科医として臨床に従事するとともに、パーキンソン病、筋萎縮性硬化症、アルツハイマー病などの難病の遺伝子治療を開発している。台湾で世界初のAADC欠損症の遺伝子治療を行う。難病の治療には漢方薬も使用する。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経内科
  • 神経内科学
  • 遺伝子治療
  • 東洋医学
  • 筋萎縮性硬化症

資格・学会・役職

日本神経学会 指導医
  • 自治医科大学 特命教授 東京大学医科学研究所 特任教授
  • 日本神経学会 パーキンソン病ガイドライン委員
  • 日本血栓止血学会 代議員
  • 日本遺伝子治療学会 代議員
  • 日本東洋医学会 理事/指導医
  • 和漢医薬学会 理事
  • 日本医科大学 非常勤講師(生化学)
  • (株)遺伝子治療研究所 取締役

所属病院

自治医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー・リウマチ科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 栃木県下野市薬師寺3311-1
  • 宇都宮線 自治医大 徒歩15分
  • 0285-44-2111
公式ウェブサイト
自治医科大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1983年 自治医科大学 医学部卒
1991年 自治医科大学 大学院卒
1992年 群馬県長野原町僻地診療所長
1995年 米国NIH, NHLBI, Visiting Associate
1997年 自治医科大学 神経内科学 助手
2008年 同 地域医療学センター 東洋医学部門 特命教授
同 内科学講座 神経内科学部門 特命教授(兼任)
2014年 東京大学医科学研究所 遺伝子・細胞治療センター 特任教授(兼任)

論文

1. Sehara, Y., Fujimoto, K., Katakai, Y., Ono, F., Takino, N., Ito, M., Ozawa, K., Muramatsu, S.: Persistent Expression of Dopamine-Synthesizing Enzymes 15 Years after Gene Transfer in a Primate Model of Parkinson's Disease. Hum Gene Ther Clin Dev. 28(2):74-79, 2017.
2. Miyazaki, Y., Du, X., Muramatsu, S. and Gomez, C. M.: A miRNA-mediated therapy for SCA6 blocks IRES-driven translation of the CACNA1A second cistron. Sci Transl Med, 8(347):347ra94, 2016.
3. Taniguchi, J.B., Kondo, K., Fujita, K., Chen, X., Homma, H., Sudo, T., Mao, Y., Watase, K., Tanaka, T., Tagawa, K., Tamura, T., Muramatsu, S. and Okazawa, H.: RpA1 ameliorates symptoms of mutant ataxin-1 knock-in mice and enhances DNA damage repair. Hum Mol Genet. 25(20):4432-4447, 2016.
4. Lee, NC., Muramatsu, S., Chien, YH., Liu, WS., Wang, WH., Cheng, CH., Hu, MK., Chen, PW., Tzen, KY., Byrne, BJ. and Hwu, WL.: Benefits of neuronal preferential systemic gene therapy for neurotransmitter deficiency. Mol Ther, 23(10):1572-1581, 2015.
5. Kakegawa, W., Mitakidis, N., Miura, E., Abe, M., Matsuda, K., Takeo, Y. H., Kohda, K., Motohashi, J., Takahashi, A., Nagao, S., Muramatsu, S., Watanabe, M., Sakimura, K., Aricescu, A R. and Yuzaki, M.: Anterograde C1ql1 signaling is required in order to determine and maintain a single-winner climbing fiber in the mouse cerebellum. Neuron, 85(2): 316-329, 2015.
6. Yamashita T, Chai H, Teramoto S, Tsuji S, Shimazaki K, Muramatsu S, Kwak S: Rescue of amyotrophic lateral sclerosis phenotype in a mouse model by intravenous AAV9-ADAR2 delivery to motor neurons. EMBO Mol Med 5:1710-19, 2013.
7. Iida A, Takino N, Miyauchi H, Shimazaki K, Muramatsu S: Systemic delivery of tyrosine-mutant AAV vectors results in robust transduction of neurons in adult mice. Biomed Res Int 2013:974819, 2013.
8. Iwata N, Sekiguchi M, Hattori Y, Takahashi A, Asai M, Ji B, Higuchi M, Staufenbiel M, Muramatsu S, Saido TC: Global brain delivery of neprilysin gene by intravascular administration of AAV vector in mice. Sci Rep 3:1472, 2013.
9. Miyazaki Y, Adachi H, Katsuno M, Minamiyama M, Jiang YM, Huang Z, Doi H, Matsumoto S, Kondo N, Iida M, Tohnai G, Tanaka F, Muramatsu S, Sobue G: Viral delivery of miR-196a ameliorates the SBMA phenotype via the silencing of CELF2. Nat Med 18:1136-41, 2012.
10. Hwu WL, Muramatsu S, Tseng SH, Tzen KY, Lee NC, Chien YH, Snyder RO, Brrne BJ, Tai CH and Wu RM: Gene therapy for aromatic L-amino acid decarboxylase deficiency. Sci Transl Med 4:134-161, 2012.

その他

  • 【受賞】2001年  第6回 日本遺伝子治療学会賞

  • 【受賞】2009年 第12回 米国遺伝子治療学会top abstract

  • 【受賞】2011年  第2回 TAKARA Bio Award

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。