新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

京都府立医科大学 神経内科学 教授

日本神経学会 神経内科専門医・指導医 日本脳卒中学会 脳卒中専門医 日本内科学会 総合内科専門医・認定医 日本認知症学会 認知症専門医

水野 敏樹 みずの としき 先生

遺伝性脳小血管病CADASILの臨床、基礎研究を通して脳卒中、血管性認知症の発症機序の解明、治療に携わっている。Common diseaseである脳卒中、認知症とともに希少疾患である神経難病に関して幅広く臨床・研究を行っている。神経疾患を幅広く診療できる若手神経内科医の育成にも力を入れ、来たる2025年問題を克服できる人材を育てている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経内科
  • 神経内科学

資格・学会・役職

日本神経学会 神経内科専門医・指導医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
日本内科学会 総合内科専門医・認定医
日本認知症学会 認知症専門医
  • 京都府立医科大学 神経内科学 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本神経学会 代議員
  • 日本脳卒中学会 代議員
  • 日本内科学会 評議員
  • 日本認知症学会 評議員
  • 日本脳血管・認知症学会 理事

所属病院

京都府立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 内分泌外科 総合診療科 病理診断科
  • 京都府京都市上京区梶井町465
  • 京阪鴨東線「神宮丸太町駅」 徒歩10分 京阪本線「出町柳駅」 徒歩15分 琵琶湖線「京都駅」 バス利用可(市バス 4、17、205系統 四条河原町・北大路バスターミナル行 府立医大病院前下車) 車20分
  • 075-251-5111
京都府立医科大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1983年 京都府立医科大学卒業
1992年 京都府立医科大学大学院卒業 医学博士取得
1994年- 京都府立医科大学附属脳血管系老化研究センター神経内科学部門 助手
1998年- 英国ニューキャッスル大学客員研究員
2000年- 京都府立医科大学附属脳血管系老化研究センター神経内科学部門講師
2003年- 京都府立医科大学大学院神経病態制御学 助教授
2013年- 京都府立医科大学大学院神経内科学 教授

論文

1 Ikuko Mizuta, Akiko Watanabe-Hosomi, Takashi Koizumi, Mao Mukai, Ai Hamano, Yasuhiro Tomii, Masaki Kondo, Masanori Nakagawa, Hidekazu Tomimoto, Teruyuki Hirano, Makoto Uchino, Osamu Onodera, Toshiki Mizuno. New diagnostic criteria for cerebral autosomal dominant arteriopathy with subcortical infarcts and leukocencephalopathy in Japan. Journal of the Neurological Sciences (in press)
2 Nozaki H, Kato T, Nihonmatsu M, Saito Y, Mizuta I, Noda T, Koike R, Miyazaki K, Kaito M, Ito S, Makino M, Koyama A, Shiga A, Uemura M, Sekine Y, Murakami A, Moritani S, Hara K, Yokoseki A, Kuwano R, Endo N, Momotsu T, Yoshida M, Nishizawa M, Mizuno T, Onodera O
Distinct molecular mechanisms of HTRA1 mutants in manifesting heterozygotes with CARASIL. Neurology. 2016 May 24;86(21):1964-74.
3 Konno, Takuya; Yoshida, Kunihiro; Mizuno, Toshiki; Kawarai, Toshitawa; Tada, Masayoshi; Nozaki , Hiroaki ; Ikeda , S; Nishizawa, Masatoyo; Onodera, Osamu; Wszolek, Zbigniew; Ikeuchi, Takeshi .Clinical and genetic characterization of Adult-onset Leukoencephalopathy with Axonal Spheroids and Pigmented Glia associated with CSF1R mutation. European Neurology. Eur J Neurol. 2017 Jan;24(1):37-45.
4 Noto Y, Shiga K, Tsuji Y, Mizuta I, Higuchi Y, Hashiguchi A, Takashima H, Nakagawa M, Mizuno T. Nerve ultrasound depicts peripheral nerve enlargement in patients with genetically distinct Charcot-Marie-Tooth disease. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2015 Apr;86(4):378-84.
5 Yamada K, Sakai K, Akazawa K, Sugimoto N, Nakagawa M, Mizuno T. Detection of early neuronal damage in CADASIL patients by q-space MR imaging. Neuroradiology. 2013 Feb;55(3):283-90.
6 Transendocytosis is impaired in CADASIL-mutant NOTCH3. Watanabe-Hosomi A, Watanabe Y, Tanaka M, Nakagawa M, Mizuno T. Exp Neurol. 233: p303-311, 2012
7 Simultaneous impairment of intracranial and peripheral artery vasoreactivity in CADASIL patients. Yasuhiro Fujiwara, Toshiki Mizuno, Chio Okuyama, Yoshinari Nagakane, Watanabe-Hosomi Akiko, Masaki Kondo, Nagato Kuriyama, Takahiko Tokuda, Shigenori Matsushima, Nishimura Tsunehiko, Masanori Nakagawa. Cerebrovasc Dis 2012;33:128-134
8 水野敏樹.CADASILの診断,病態,治療の進歩―本邦におけるCADASIL診断基準の作成―.臨床神経 52(5): 303-313, 2012.
9 Cognitive Impairment and Cerebral Hypoperfusion in a Cerebral Autosomal Dominant Arteriopathy With Subcortical Infarcts and Leukoencephalopathy Patient Improved During Administration of Lomerizine. T Mizuno, M Kondo, N Ishigami, A Tamura, M Itsukage, H Koizumi, R Isayama, A Hosomi, Y Nagakane, T Tokuda, E Sugimoto, Y Ushijima, and M Nakagawa. Clinical Neuropharmacology (2009 Mar-Apr;32(2):113-6)
10 Low WC, Junna M, Borjesson-Hanson A, Morris CM, Moss TH, Stevens DL, St Clair D, Mizuno T, Zhang WW, Mykkanen K, Wahlstrom J, Andersen O, Kalimo H, Viitanen M, Kalaria RN. Hereditary multi-infarct dementia of the Swedish type is a novel disorder different from NOTCH3 causing CADASIL. Brain 130: 357-367, 2007.

著書

1 1. Honjo H, Urabe K, Iwasa T, Okubo T, Tsuchiya H, Kikuchi N, Yamamoto T, Fushiki S, Mizuno T, Nakajima K, Hayashi M, Hayashi K. Estrogen treatment for senile dementia- Alzheimer’s type. In Wren BG, editor. Progress in the management of the menopause. The Parthenon Publishing Group, Sydney, pp302-307, 1996.
2 Kalaria RN, Cookson NJ, Mizuno T, Oakley A, Singleton AB, Morris CM, Coulthard, A, Blank SC, Bushby KMD, Nicoll J, De Lange RPJ, Burn DJ, St Clair D. Microvascular pathology in familial multi-infarct dementia CADASIL : implications for cerebral blood flow. In: Fukuuchi Y, Tomita M, and Koto A, editors. Ischemic blood flow in the brain. Springer, Tokyo, pp431-442, 2000.
3 水野敏樹. 痴呆の分子生物学 中島健二編 痴呆症 基礎と臨床の最前線. 金芳堂 京都:pp57-72, 2001.
4 水野敏樹. 遺伝性脳血管障害―CADASILを中心に―.中島健二編 痴呆症 基礎と臨床の最前線. 金芳堂, 京都:pp155-167, 2001.
5 水野敏樹訳.CADASIL.Chabiriat H, Joutel A, Tournier-Lasserve E, Bousser MG. Uncommon 脳卒中学.田川皓一監訳 Bogousslavsky J & Caplan L eidtors.西村書店,東京:pp265-269, 2004.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。