新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

京都府立医科大学附属病院 皮膚科 講師

日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医・皮膚悪性腫瘍指導専門医・皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン改訂委員会・創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン策定委員会 日本皮膚悪性腫瘍学会 評議員・広報委員会委員・皮膚がん予後統計委員会委員 日本皮膚外科学会 評議員・監事 日本皮膚病理組織学会 理事 日本研究皮膚科学会 評議員

浅井 純 あさい じゅん 先生

公開日
2021/04/13

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 皮膚科
  • 浅井先生の悪性黒色腫の専門領域
    • 手術療法(センチネルリンパ節生検、リンパ節郭清術含む)
    • 薬物療法(免疫チェックポイント阻害薬、BRAF/MEK阻害薬など)
  • 浅井先生の乳房外パジェット病の専門領域
    • 手術療法(センチネルリンパ節生検、リンパ節郭清術含む)
    • 集学的治療(化学療法、放射線療法、化学放射線療法など)
  • 浅井先生の基底細胞がんの専門領域
    • 手術療法(植皮、皮弁等による再建術含む)
  • 浅井先生の血管肉腫の専門領域
    • 集学的治療(化学療法、放射線療法、化学放射線療法など)
  • 【得意な領域】皮膚外科・皮膚腫瘍
  • 【疾患】有棘細胞癌
  • 【治療法】手術療法(センチネルリンパ節生検、リンパ節郭清術含む)、集学的治療(化学療法、放射線療法、化学放射線療法など)

資格・学会・役職

日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医・皮膚悪性腫瘍指導専門医・皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン改訂委員会・創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン策定委員会
日本皮膚悪性腫瘍学会 評議員・広報委員会委員・皮膚がん予後統計委員会委員
日本皮膚外科学会 評議員・監事
日本皮膚病理組織学会 理事
日本研究皮膚科学会 評議員
  • 京都府立医科大学附属病院 皮膚科 講師
  • 医学博士

所属病院

京都府立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 ペインクリニック科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 内分泌外科 総合診療科 病理診断科
  • 京都府京都市上京区梶井町465
  • 京阪鴨東線 神宮丸太町 徒歩10分 京阪本線 出町柳 徒歩15分 琵琶湖線 京都 バス利用可(市バス 4、17、205系統 四条河原町・北大路バスターミナル行 府立医大病院前下車) 車20分 京阪鴨東線 神宮丸太町 徒歩10分 京阪本線 出町柳 徒歩15分 琵琶湖線 京都 市バス 4、17、205系統(四条河原町・北大路バスターミナル行き) 府立医大病院前下車 バス
  • 075-251-5111
公式ウェブサイト
京都府立医科大学附属病院

来歴等

略歴

2001年 京都府立医科大学 卒業
2001年 京都府立医科大学附属病院皮膚科 研修医
2003年 京都府立医科大学大学院医学研究科博士課程 入学
2004年 アメリカ合衆国, ボストン, タフツ大学 留学
2006年 医学博士(京都府立医科大学)
2006年 京都府立医科大学大学院医学研究科 皮膚病態制御学 助手
2007年 京都府立医科大学大学院医学研究科 皮膚科学 助教(改称)
2009年 京都府立与謝の海病院皮膚科 医長
2010年 京都府立医科大学大学院医学研究科 皮膚科学 助教
2012年 京都府立医科大学大学院医学研究科 皮膚科学 学内講師
2016年 京都府立医科大学大学院医学研究科 皮膚科学 講師

論文

  • 1.Wound, Pressure Ulcer, and Burn Guidelines-4: Guidelines for the management of connective tissue disease/vasculitis–associated skin ulcers. J Dermatol. 2020 Jan 21.

    Fujimoto M, Asai J, Asno Y, Ishii T, Iwata Y, Kawakami T, Kodera M, Abe M, Amano M, Ikegami R, Isei T, Isogai Z, Ito T, Inoue Y, Irisawa R, Ohtsuka M, Omoto Y, Kato H, Kadono T, Kaneko S, Kanoh H, Kawaguchi M, Kukino R, Kono Takeshi, Koga M, Sakai K, Sakurai E, Sarayama Y, Shintani Y, Tanioka M, Tanizaki H, Tsujita J, Doi N, Nakanishi T, Hashimoto A, Hasegawa M, Hayashi M, Hirosaki K, Fujita H, Fujiwara H, Maekawa T, Matsuo K, Madokoro N, Motegi S, Yatsushiro H, Yamasaki O, Yoshino Y, Le Pavoux AJ, Tachibana T, Ihn H. Japanese Dermatological Association Guidelines

  • 2.Japanese Dermatological Association Guidelines; Outlines of Guidelines for Cutaneous Melanoma 2019. J Dermatol. 2020 Feb;47(2):89-103.

    Nakamura Y, Asai J, Igaki H, Inozume T, Namikawa K, Hayashi A, Fukushima S, Fujimura T, Ito T, Imahuku K, Tanaka R, Teramoto Y, Minagawa K, Miyagawa T, Miyashita A, Wada M, Koga H, Sugaya M.

  • 3.What’s new in the histogenesis of granulomatous skin disease? J Dermatol, 2017 Mar;44(3):297-303.

    Asai J.

  • 4.Novel ex vivo disease model for extramammary Paget’s disease using the cancer tissue-originated spheroid method. J Dermatol Sci. 2020 Aug 5:S0923-1811(20)30237-1

    Arita T, Kondo J, Kaneko Y, Tsutsumi M, Kanemaru M, Matsui M, Arakawa Y, Katoh N, Inoue M, Asai J.

  • 5.Unusual presentation of extramammary Paget’s disease with multiple lymph node metastases showing scant uptake of 18F-FDG in PET/CT. J Dermatol. 2020 Jun (Online ahead of print)

    Komori S, Ohshita A, Maruyama A, Maeno M, Kotani T, Akazawa K, Katoh N, Asai J.

  • 6.CD163-positive macrophage infiltration predicts systemic involvement in sarcoidosis. J Cutan Pathol. 2020 Jul;47(7):584-591.

    Isohisa T, Asai J, Kanemaru M, Arita T, Tsutsumi M, Kaneko Y, Arakawa Y, Wada M, Konishi E, Katoh N.

  • 7.Squamous cell carcinoma arising from plasma cell cheilitis successfully treated with brachytherapy. J Dermatol. 2020 Jun;47(6):e239-e240.

    Yokoi Y, Ohshita A, Maruyama A, Komori S, Masui K, Katoh N, Asai J.

  • 8.Acral malignant melanoma exhibiting cartilaginous differentiation in a metastatic lymph node. J Dermatol. 2020 Feb;47(2):e39-e41.

    Hioki M, Asai J, Ohshita A, Kanehisa F, Komori S, Konishi E, Katih N.

  • 9.Radiation-induced osteosarcoma of the skull mimicking cutaneous tumor after treatment for frontal glioma. J Dermatol. 2020 Jan;47(1):69-71.

    Maruyama A, Yasuoka S, Katoh N, Asai J.

  • 10.Potassium iodide in successful treatment of erythema nodosum-like lesions induced by combination therapy with dabrafenib and trametinib. J Dermatol. 2020 Jan;47(1):e7-e8.

    Sawada H, Kanehisa F, Katoh N, Asai J.

  • 11.Pelvic lymph node metastasis in extramammary Paget disease of the scrotum without inguinal lymph node metastasis. Australas J Dermatol. 2019; 60: 151-153.

    Hioki M, Ohshita A, Yoshida S, Kanehisa F, Katoh N, Asai J.

  • 12.Nanoparticle-mediated local delivery of pioglitazone attenuates bleomycin-induced skin fibrosis. J Dermatol Sci. 2019 Jan;93(1):41-49.

    Kanemaru M, Asai J, Jo JI, Arita T, Kawai0Onishi M, Tsutsumi M, Wada M, Tabata Y, Katoh N.

  • 13.Nation-wide survey of advanced non-melanoma skin cancers treated at dermatology department in Japan. J Dermatol Sci. 2018 Dec; 92(3): 230-236.

    Fujisawa Y, Funakoshi T, Nakamura Y, Ishii M, Asai J, Shimauchi S, Fujii K, Fujimoto M, Katoh N, Ihn H.

  • 14.Squamous cell carcinoma of neck metastasized to the lung and cervical lymph nodes, successfully treated with systemic docetaxel and local radiation therapy to the neck in a renal transplant patient. J Dermatol. 2017 Dec;44(12):e346-e347.

    Arita T, Asai J, Taura M, Wada M, Takenaka H, Miyashita A, Katoh N.

  • 15.Necrotizing Sweet syndrome in a patient with myelodysplastic syndrome. Clin Exp Dermatol. 2017 Apr 19 (e-pub).

    Minamiyama R, Asai J, Kaneko Y, Kanehisa F, Cho Z, Takenaka H, Katoh N.

  • 16.Podoplanin expression in peritumoral keratinocytes predicts aggressive behavior in extramammary Paget's disease. J Dermatol Sci. 2017 Jul;87(1):29-35.

    Cho Z, Konishi E, Kanemaru M, Isohisa T, Arita T, Kawai M, Tsutsumi M, Mizutani H, Takenaka H, Ozawa T, Tsuruta D, Katoh N, Asai J.

  • 17.Lipidized and aneurysmal fibrous histiocytoma with epithelial cysts on the left calf. J Dermatol. 2018 Feb;45(2):232-233.

    Kataoka Y, Konishi E, Nishimoto H, Ogari K, Kanehisa F, Komori S, Takenaka H, Katoh N, Asai J.

  • 18.Case of pigmented dermatofibrosarcoma protuberans with atrophic change. J Dermatol. 2016 Oct;3(10):1231-1232.

    Taura M, Wada M, Kataoka Y, Ueda Y, Takenaka H, Katoh N, Asai J.

  • 19.Myoepithelial carcinoma on the right shoulder: Case report with published work review. J Dermatol. 2016 Sep; 43(9):1083-7.

    Yokose C, Asai J, Kan S, Nomiyama T, Takenaka H, Konishi E, Goto K, Ansai SI, Katoh N.

  • 20.Platelets regulate the migration of keratinocytes via podoplanin/CLEC-2 signaling during cutaneous wound healing in mice. Am J Pathol. 2016 Jan;186(1): 101-8.・Asai J, Hirakawa S, Sakabe J, Kishida T, Wada M, Nakamura N, Takenaka H, Mazda O, Urano T, Suzuki-Inoue K, Tokura Y, Katoh N. Platelets regulate the migration of keratinocytes via podoplanin/CLEC-2 signaling during cutaneous wound healing in mice. Am J Pathol. 2016 Jan;186(1): 101-8.

    Asai J, Hirakawa S, Sakabe J, Kishida T, Wada M, Nakamura N, Takenaka H, Mazda O, Urano T, Suzuki-Inoue K, Tokura Y, Katoh N.

  • 21.Verrucous lesions arising in lymphedema and diabetic neuropathy: Elephantiasis nostras verrucosa or verrucous skin lesions on the feet of patients with diabetic neuropathy? J Dermatol. 2016 Mar;43(3):329-31.

    Hotta E, Asai J, Okuzawa Y, Hanada K, Nomiyama T, Takenaka H, Katoh N.

  • 22.Malignant melanoma showing a rapid response to nivolumab. Australas J Dermatol. 2016 Feb;57(1):61-3.

    Tsutsumi M, Asai J, Wada M, Takenaka H, Katoh N.

  • 23.Case of atrial fibrillation induced by interferon beta treatment for melanoma. J Dermatol. 2015 Jul;42(7):750-1.

    Asai J, Wada M, Ueda Y, Kataoka Y, Taura M, Takenaka H, Katoh N.

  • 24.The triangular intermuscular space: An uncommon sentinel node location in melanoma of the upper arm. J Dermatol. 2015 May;42(5):548-50.

    Kaneko Y, Asai J, Wada M, Kanehisa F, Yasumi M, Ikeda Y, Takenaka H, Katoh N.

  • 25.Human papillomavirus and cutaneous squamous cell carcinoma - does ethnicity matter? Br J Dermatol. 2014 Oct;171(4):689.

    Asai J, Ohyama M.

  • 26.Unusual presentation of relapsing neutrophilic dermatosis limitied to the face. J Dermatol. 2014 Jul;41(7):661-2.

    Arita T, Nomiyama T, Asai J, Takenaka H, Fukuoka M, Katoh N.

  • 27.Trigeminal trophic syndrome: Report of a case and review of the literature. J Dermatol. 2014 Jun;41(6):525-8.

    Sawada T, Asai J, Nomiyama T, Masuda K, Takenaka H, Katoh N.

  • 28.Podoplanin expression in cancer-associated fibroblasts predicts aggressive behavior in melanoma. J Cutan Pathol. 2014 Jul;41(7):561-7.

    Kan S, Konishi E, Arita T, Ikemoto C, Takenaka H, Yanagisawa A, Katoh N, Asai J.

  • 29.Myxofibrosarcoma arising from a chronic burn scar. J Dermatol. 2014 Mar;41(3):279-80.

    Kanno S, Asai J, Nakamura N, Komori S, Iida S, Hanada K, Nomiyama T, Takenaka H, Katoh N.

  • 30.Photodynamic diagnosis of metastatic lymph nodes using 5-aminolevulinic acid in mouse squamous cell carcinoma. J Dermatol Sci. 2014 May;74(2):171-3.

    Asai J, Harada Y, Beika M, Takenaka H, Katoh N, Takamatsu T.

  • 31.The VEGF-C/VEGFR3 signaling pathway contributes to resolving chronic skin inflammation by activating lymphatic vessel function. J Dematol Sci. 2014 Feb;73(2):135-141.

    Hagura A, Asai J, Maruyama K, Takenaka H, Kinoshita S, Katoh N.

  • 32.Topical application of ex vivo expanded endothelial progenitor cells promotes vascularisation and wound healing in diabetic mice. Int Wound J. 2013;10(5):527-33.

    Asai J, Takenaka H, Ii M, Asahi M, Kishimoto S, Katoh N, Losordo DW.

著書

  • 1.浅井 純. 褥瘡. 福井 次矢、高木 誠、小室 一成総編集. 今日の治療指針 2016. 東京;医学書院, p. 1282--1283, 2016.

  • 2.浅井 純.R腫瘍 1. 皮下腫瘍の診かた. 永井良三シリーズ総監修. 皮膚科研修ノート. 東京;診断と治療社p482, 2016

  • 3.浅井 純. 母斑・脈管形成異常. 福井 次矢、高木 誠、小室 一成総編集.今日の治療指針2018.東京;医学書院 , p1260, 2018

  • 4.浅井 純. XIV. しばしば遭遇する悪性腫瘍 2. 日光角化症. 宮地良樹編. 皮膚科外来グリーンノート. 東京;中外医学社, p309-311, 2018

  • 5.浅野 善英、浅井 純、石井 貴之、岩田 洋平、川上 民裕、小寺 雅也、藤本 学. 4. 膠原病・血管炎に伴う皮膚潰瘍診療ガイドライン. 日本皮膚科学会創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン策定委員会編. 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン2018. 東京;金原出版, p196-262, 2018

  • 6.浅井 純. 顔面の色素性病変. 秀道広、青山 裕美、加藤 則人編. エキスパートから学ぶ皮膚病診療パワーアップ. 東京; 中山書店, p3-7, 2018

  • 7.浅井 純. 4. 薬疹. 手足症候群. 宮地 良樹、安部 正敏編. ジェネラリスト必携!この皮膚疾患のこの発疹. 東京;医学書院, p55-56, 2019

  • 8.浅井 純.第3章外科処置の基本.3.切開.日本皮膚外科学会監修.皮膚外科学 改訂第2版.東京;秀潤社,p98-102, 2020

  • 9.浅井 純. ケロイド・肥厚性瘢痕. 福井次矢,高木 誠,小室 一成総編集.今日の治療指針2020.東京;医学書院 , p1313, 2020

特許

  • 特願2018-110717 皮膚創傷用組成物

  • 特願2020- 85615 非晶性キチンを含む創傷治癒剤

その他

  • 【受賞】2006年第17回京都府立医科大学学友会青蓮賞

  • 【受賞】2010年ESDR/JSID Young Fellow Collegiality Award

  • 【受賞】2011年第2回JSIDきさらぎ賞

  • 【受賞】2014年EADC2014 Award

  • 【受賞】2019年第3回マルホ高木賞

  • 【受賞】2019年ENT M Dr.浅野登&暉子基金 医学基礎研究助成 奨励賞

  • 【受賞】2019年 Top Reviewer Awards 2019 (The Journal of Dermatology誌)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。