新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

京都府立医科大学 血液内科学 教授

日本内科学会 総合内科専門医・指導医・評議員 日本血液学会 血液専門医・血液指導医・評議員 日本造血細胞移植学会 造血細胞移植認定医・細胞治療認定管理師 日本骨髄腫学会 理事 日本Cell Death学会 評議員 日本臨床腫瘍学会 会員 日本がん分子標的治療学会 会員 日本人類遺伝学会 会員 米国血液学会 会員 国際骨髄腫財団 会員

黒田 純也 くろだ じゅんや 先生

公開日
2021/04/13

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 血液内科
  • 黒田先生の悪性リンパ腫の専門領域
    • 化学療法 
    • 分子標的治療 
    • 造血幹細胞移植
  • 黒田先生の多発性骨髄腫の専門領域
    • 化学療法 
    • 分子標的治療 
    • 造血幹細胞移植
  • 黒田先生の白血病の専門領域
    • 化学療法
    • 分子標的治療 
    • 造血幹細胞移植 
    • 細胞治療
  • 黒田先生の慢性骨髄性白血病の専門領域
    • 化学療法 
    • 分子標的治療
  • 【得意とする領域】造血器悪性腫瘍、化学療法、分子標的治療、造血幹細胞移植
  • 【疾患名】慢性骨髄増殖性疾患【治療法】化学療法、分子標的治療
  • 【疾患名】骨髄不全症候群【治療法】化学療法、免疫抑制療法、造血幹細胞移植

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・指導医・評議員
日本血液学会 血液専門医・血液指導医・評議員
日本造血細胞移植学会 造血細胞移植認定医・細胞治療認定管理師
日本骨髄腫学会 理事
日本Cell Death学会 評議員
日本臨床腫瘍学会 会員
日本がん分子標的治療学会 会員
日本人類遺伝学会 会員
米国血液学会 会員
国際骨髄腫財団 会員
  • 京都府立医科大学 血液内科学 教授
  • 京都府立医科大学大学院医学研究科 血液内科学 教授
  • 医学博士 取得
  • 東京医科歯科大学難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門分子細胞遺伝分野 客員講師
  • 京都先端科学大学 健康医療学部看護学科 非常勤講師

所属病院

京都府立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 ペインクリニック科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 内分泌外科 総合診療科 病理診断科
  • 京都府京都市上京区梶井町465
  • 京阪鴨東線 神宮丸太町 徒歩10分 京阪本線 出町柳 徒歩15分 琵琶湖線 京都 バス利用可(市バス 4、17、205系統 四条河原町・北大路バスターミナル行 府立医大病院前下車) 車20分 京阪鴨東線 神宮丸太町 徒歩10分 京阪本線 出町柳 徒歩15分 琵琶湖線 京都 市バス 4、17、205系統(四条河原町・北大路バスターミナル行き) 府立医大病院前下車 バス
  • 075-251-5111
公式ウェブサイト
京都府立医科大学附属病院

来歴等

略歴

1996年 京都府立医科大学 卒業
1996年 京都府立医科大学 第1内科学教室 研修医
1998年 京都第2赤十字病院 内科(血液内科) 臨床修練医
2000年 京都府立医科大学大学院医学研究科
2002年 京都大学医学部 特別派遣研究留学生
2004年 京都府立医科大学 大学院 医学博士 卒業
2004年 The Walter and Eliza Hall Institute of Medical Research (Melbourne, Australia), Molecular Genetics of Cancer Division, Visiting Academic (客員研究員 <Prof. Andreas Strasser Lab>)
2006年 京都府立医科大学大学院血液内科学教室 併任助手
2008年 京都府立医科大学附属病院 血液内科 病院助教
2009年 京都府立医科大学大学院血液内科学教室 学内講師
2011年 京都府立医科大学大学院血液内科学教室 講師
2012年 京都府立医科大学附属病院 血液内科 診療科長
2016年 京都府立医科大学附属病院 血液内科 診療副部長
2016年 京都府立医科大学大学院血液内科学 教授
2016年 京都府立医科大学附属病院 血液内科 診療部長
2016年 京都府立医科大学附属病院 遺伝子診療部 部長(兼任)
2018年 京都府立医科大学附属病院 がん征圧センター 副センター長

論文

  • Aberrant BUB1 overexpression promotes mitotic segregation errors and chromosomal instability in multiple myeloma. Cancers, 12: 2206, 2020.

    Fujibayashi Y, Isa R, Nishiyama D, Sakamoto-Inada N, Kawasumi N, Yamaguchi J, Kuwahara-Ota S, Matsumura-Kimoto Y, Tsukamoto T, Chinen Y, Shimura Y, Kobayashi T, Horiike S, Taniwaki M, Handa H, Kuroda J.

  • Lenalidomide and pomalidomide potently interfere with induction of myeloid-derived suppressor cells in multiple myeloma. Br J Haematol, in print

    Kuwahara-Ota S, Shimura Y, Steinebach C, Isa R, Yamaguchi J, Nishiyama D, Fujibayashi Y, Takimoto-Shimomura T, Mizuno Y, Matsumura-Kimoto Y, Tsukamoto T, Chinen Y, Kobayashi T, Horiike S, Taniwaki M, Gütschow M, Kuroda J.

  • Epstein-Barr virus-associated lymphoproliferative disease during imatinib mesylate treatment for chronic myeloid leukemia. Haematologica, 104(8):e376-e379, 2019

    Yamaguchi J, Fujino T, Isa R, Nishiyama D, Kuwahara-Ota S, Tsukamoto T, Chinen Y, Shimura Y, Kobayashi T, Horiike S, Kohno K, Nakamura S, Kuroda J.

  • Clinical implications of t(11;14) in patients with multiple myeloma undergoing autologous stem cell transplantation. Biol Bone Marrow Transplant, 25: 474-479, 2019

    Takamatsu H, Yamashita T, Kurahashi S, Saitoh T, Kondo T, Maeda T, Nakazawa H, Murata M, Narita T, Kuroda J, Hashimoto H, Kawamura K, Miyamoto T, Honda S, Ichinohe T, Atsuta Y, Sunami K.

  • Prognostic impact of low allelic ratio FLT3-ITD and NPM1 mutation in acute myeloid leukemia. Blood Adv, 2: 2744-2754, 2018.

    Sakaguchi M, Yamaguchi H, Najima Y, Usuki K, Ueki T, Oh I, Mori S, Kawata E, Uoshima N, Kobayashi Y, Kako S, Tajika K, Gomi S, Shono K, Kayamori K, Hagihara M, Kanda J, Uchiyama H, Kuroda J, Uchida N, Kubota Y, Kimura S, Kurosawa S, Nakajima N, Marumo A, Omori I, Fujiwara Y, Yui S, Wakita S, Arai K, Kitano T, Kakihana K, Kanda Y, Ohashi K, Fukuda T, Inokuchi K.

  • High-risk follicular lymphomas harbour more somatic mutations including those in the AID-motif. Sci Rep, 7; 14039, 2017.

    Tsukamoto T, Nakano M, Sato R, Adachi H, Kiyota M, Kawata E, Uoshima N, Yasukawa S, Chinen Y, Mizutani S, Shimura Y, Kobayashi T, Horiike S, Yanagisawa A, Taniwaki M, Tashiro K, Kuroda J.

  • The Kyoto Prognostic Index for patients with Diffuse Large B-cell Lymphoma in the Rituximab era. Blood Cancer J, 6: e383, 2016.

    Kobayashi T, Kuroda J, Yokota I, Tanba K, Fujino T, Kuwahara S, Isa R, Yamaguchi J, Kawata E, Akaogi T, Uchiyama H, Kaneko H, Uoshima N, Kobayashi Y, Teramukai S, Taniwaki M.

  • Transcriptional Deregulation of the Deleted in Colorectal Carcinoma Gene in Multiple Myeloma and Monoclonal Gammopathy of Undetermined Significance. Gene Chromosome Canc, 54:788-795, 2015.

    Nagoshi H, Taki T, Chinen Y, Tatekawa S, Tsukamoto T, Maegawa S, Yamamoto-Sugitani M, Tsutsumi Y, Kobayashi T, Matsumoto Y, Horiike S, Okuno Y, Fujiwara S, Hata H, Kuroda J, Taniwaki M.

  • Phosphoinositide protein kinase PDPK1 is a crucial cell signaling mediator in multiple myeloma. Cancer Res, 74;7418-7429, 2014.

    Chinen Y, Kuroda J, Shimura Y, Nagoshi H, Kiyota M, Yamamoto-Sugitani M, Mizutani S, Sakamoto N, Ri M, Kawata E, Kobayashi T, Matsumoto Y, Horiike S, Iida S, Taniwaki M.

  • 8q24 amplified segments involve novel fusion genes between NSMCE2 and long noncoding RNAs in acute myelogenous leukemias. J Hematol Oncol, 23; 68-72, 2014.

    Chinen Y, Sakamoto N, Nagoshi H, Taki T, Maegawa S, Tatekawa S, Tsukamoto T, Mizutani S, Shimura Y, Yamamoto-Sugitani M, Kobayashi T, Matsumoto Y, Horiike S, Kuroda J, Taniwaki M.

  • The Leucine Twenty Homeobox (LEUTX) Gene, Which Lacks a Histone Acetyltransferase Domain, is Fused to KAT6A in Therapy-Related Acute Myeloid Leukemia with t(8;19)(p11;q13). Gene Chromosome Canc 53:299-308, 2014.

    Chinen Y, Taki T, Tsutsumi Y, Kobayashi S, Matsumoto Y, Sakamoto N, Kuroda J, Horiike S, Nishida K, Ohno H, Uike N, Taniwaki M.

  • RSK2Ser227 at N-terminal kinase domain is a potential therapeutic target for multiple myeloma. Mol Cancer Ther, 11:2600-9, 2012.

    Shimura Y, Kuroda J, Ri M, Nagoshi H, Yamamoto-Sugitani M, Kobayashi T, Kiyota M, Nakayama R, Mizutani S, Chinen Y, Sakamoto N, Matsumoto Y, Horiike S, Shiotsu Y, Iida S, Taniwaki M.

  • Frequent PVT1 rearrangement and novel chimeric genes PVT1-NBEA and PVT1-WWOX occur in multiple myeloma with 8q24 abnormality. Cancer Res, 72:4954-4962, 2012.

    Nagoshi H, Taki T, Hanamura I, Nitta M, Otsuki T, Nishida K, Okuda K, Sakamoto N, Kobayashi S, Yamamoto-Sugitani M, Tsutsumi Y, Kobayashi T, Matsumoto Y, Horiike S, Kuroda J, Taniwaki M.

  • Galectin-3 induced by leukemia microenvironment promotes drug resistance and bone marrow lodgment in chronic myelogenous leukemia. Proc Natl Acad Sci USA, 108:17468-17473, 2011

    Yamamoto-Sugitani M, Kuroda J, Ashihara E, Nagoshi H, Kobayashi T, Matsumoto Y, Sasaki N, Shimura Y, Kiyota M, Nakayama R, Akaji K, Taki T, Uoshima N, Kobayashi Y, Horiike S, Maekawa T, Taniwaki M.

  • AV-65, a novel Wnt/β-catenin signal inhibitor, successfully suppresses progression of multiple myeloma in a mouse model. Blood Cancer J, 1:e43, 2011

    Yao H, Ashihara E, Strovel JW, Nakagawa Y, Kuroda J, Nagao R, Tanaka R, Yokota A, Takeuchi M, Hayashi Y, Shimazaki C, Taniwaki M, Strand K, Padia J, Hirai H, Kimura S, Maekawa T.

  • Identification of IGHC–BACH2 fusion transcripts resulting from cryptic chromosomal rearrangements of 14q32 with 6q15 in aggressive B-cell lymphoma/leukemia. Gene Chromosome Canc, 50, 207-216, 2011

    Kobayashi S, Taki T, Chinen Y, Tsutsumi Y, Ohshiro M, Kobayashi T, Matsumoto Y, Kuroda J, Horiike S, Nishida K, Taniwaki M.

  • Targeting ATF-3 by Galectin-9 induces apoptosis and overcomes various types of treatment resistance in chronic myelogenous leukemia. Mol Cancer Res, 994-1001,8, 2010.

    Kuroda J, Yamamoto M, Nagoshi H, Kobayashi T, Sasaki N, Shimura Y, Horiike S, Kimura S, Yamauchi A, Hirashima M, Taniwaki M.

  • Galectin-9 exhibits anti-myeloma activity through JNK and p38 MAP kinase pathways. Leukemia, 843-850, 24, 2010.

    Kobayashi T, Kuroda J, Ashihara E, Oomizu S, Terui Y, Taniyama A, Adachi S, Takagi T, Yamamoto M, Sasaki N, Horiike S, Hatake K, Yamauchi A, Hirashima M, Taniwaki M.

  • Glyoxalase-I is a novel target against Bcr-Abl+ leukemic cells acquiring stem-like characteristics in hypoxic environment. Cell Death Differ, 17:1211-20, 2010

    Takeuchi M, Kimura S, Kuroda J, Ashihara E, Kawatani M, Osada H, Umezawa K, Yasui E, Imoto M, Tsuruo T, Yokota A, Tanaka R, Nagao R, Nakahata T, Fujiyama Y, Maekawa T.

  • β-catenin siRNA successfully suppressed progression of multiple myeloma in a mouse model. Clin Cancer Res, 2731-8, 15, 2009

    Ashihara E, Kawata E, Nakagawa Y, Shimazaki C, Kuroda J, Taniguchi K, Uchiyama H, Tanaka R, Yokota A, Takeuchi M, Kamitsuji Y, Inaba T, Taniwaki M, Kimura S, Maekawa T.

  • Administration of PLK-1 siRNA with atelocollagen prevents the growth of liver metastases of lung cancer. Mol Cancer Ther, 2904-12, 7, 2008

    Kawata E, Ashihara E, Kimura S, Takenaka K, Sato K, Tanaka R, Yokota A, Kamitsuji Y, Takeuchi M, Kuroda J, Tanaka F, Yoshikawa T, Maekawa T.

  • The Bcr-Abl kinase inhibitor INNO-406 induces autophagy and different modes of cell death execution in Bcr-Abl-positive leukemias. Cell Death Differ, 1712-1722;15, 2008

    Kamitsuji Y, Kuroda J, Kimura S, Toyokuni S, Watanabe K, Ashihara E, Tanaka H, Yui Y, Watanabe M, Matsubara H, Mizushima Y, Hiraumi Y, Kawata E, Yoshikawa T, Maekawa T, Nakahata T, Adachi S.

  • ABT-737 is a useful component of combinatory chemotherapies for chronic myelogenous leukaemias with diverse drug resistance mechanisms. Br J Haematol, 181-190, 140, 2008

    Kuroda J, Kimura S, Andreeff M, Ashihara E, Kamitsuji Y, Yokota A, Kawata E, Takeuchi M, Tanaka R, Murotani Y, Matsumoto Y, Tanaka H, Strasser A, Taniwaki M, Maekawa T.

  • Gefetinib-induced killing of NSCLC cell lines expressing mutant EGFR requires pro-apoptotic BH3-only protein Bim and can be enhanced by BH3 mimetics. PLoS Med. 1681-1690, 4, 2007

    Cragg MS, Kuroda J, Puthalakath H, Huang DCS, Strasser A.

  • Apoptosis-based dual molecular targeting by INNO-406, a second generation Bcr-Abl inhibitor, and ABT-737, an inhibitor of anti-apoptotic Bcl-2 proteins, against Bcr-Abl-positive leukemia. Cell Death Differ. 1667-1677, 14, 2007

    Kuroda J, Kimura S, Strasser A, Andreeff M, O’Reilly LA, Ashihara E, Kamitsuji Y, Yokota A, Kawata E, Takeuchi M, Tanaka R, Tabe Y, Taniwaki M, Maekawa T.

  • Bim and Bad Mediate Imatinib-Induced Killing of Bcr/Abl+ Leukemic Cells and Resistance due to their Loss Is Overcome by a BH3 Mimetic. Proc Natl Acad Sci USA, 14907-14912, 103, 2006

    Kuroda J, Puthalakath H, Cragg MS, Kelly PN, Bouillet P, Huang DCS, Kimura S, Ottmann OG, Druker BJ, Villunger A, Roberts AW, Strasser A.

  • NS-187, a potent and selective dual Bcr-Abl/Lyn tyrosine kinase inhibitor, is a novel agent for imatinib-resistant leukemia. Blood. 3948-3954 106, 2005.

    Kimura S, Naito H, Segawa H, Kuroda J, Yuasa T, Sato K, Yokota A, Kamitsuji Y, Kawata E, Ashihara E, Nakaya Y, Naruoka H, Wakayama T, Nasu K, Asaki T, Niwa T, Hirabayashi K, Maekawa T.

  • A third generation bisphosphonate, minodronic acid (YM529), augments the interferonalpha/beta-mediated inhibition of renal cell cancer cell growth both in vitro and in vivo. Clin Cancer Res, 853-859, 11, 2005.

    Yuasa T, Nogawa M, Kimura S, Yokota A, Sato K, Segawa H, Kuroda J, Maekawa T.

  • Monitoring luciferase-labeled cancer cell growth and metastasis in different in vivo models. Cancer Letters, 243-253. 217, 2005

    Nogawa M, Yuasa T, Kimura S, Kuroda J, Sato K, Segawa H, Yokota A, Maekawa T.

  • The third-generation bisphosphonate Zoledronate synergistically augments the anti-Ph+ leukemia activity of imatinib mesylate. Blood. 2229-2235. 102, 2003.

    Kuroda J, Kimura S, Segawa H, Kobayashi Y, Yoshikawa T, Urasaki Y, Ueda T, Enjo F, Tokuda H, Ottmann OG, Maekawa T.

著書

  • 黒田純也. IV. 1. 治療開始時期. 多発性骨髄腫の診断指針第5版. 文光堂 32-33, 2020.

  • 黒田純也、志村勇司. 多発性骨髄腫 multiple myeloma. 入門腫瘍内科学(改訂第3版). 南江堂. 263-267, 2020.

  • 志村勇司、黒田純也. 多発性骨髄腫の病態メカニズムと治療標的を整理する. 多発性骨髄腫 新規治療薬の使い方・考え方. 19-24, 先端医学社、東京. 2017.

  • 黒田純也. ホジキンリンパ腫 Hodgkin lymphoma. 今日の治療指針 volume60. 2018年版. 医学書院. 669, 2018.

  • 黒田純也、名越久朗. 骨髄腫の進行をもたらす骨髄腫細胞の分子病態. 生存・増殖シグナル. 多発性骨髄腫Updating 第10巻. 127-136, 医薬ジャーナル社、大阪. 2017.

  • 黒田純也. 多発性骨髄腫の遺伝子異常と細胞シグナル異常. 造血器腫瘍アトラス.(改訂第5版)(谷脇雅史、横田昇平、黒田純也 編)、日本医事新報社、東京、370-375, 2016.

  • 黒田純也. 多発性骨髄腫に対する新規抗体療法. 造血器腫瘍アトラス.(改訂第5版)(谷脇雅史、横田昇平、黒田純也 編)、日本医事新報社、東京、763-769, 2016.

  • 黒田純也. II.7. 染色体・遺伝子. 多発性骨髄腫の診断指針第4版. 文光堂、20-22, 2016.

  • 黒田純也、水谷信介. 多発性骨髄腫に対する新規薬剤(Carfilzomib, Ixazomib, Pomalidomideなど)による治療. ブラッシュアップ多発性骨髄腫. 194-201, 中外医学社, 2015.

  • 黒田純也、志村勇司. 多発性骨髄腫におけるIMiDsの作用機序. IMiDs 基礎と臨床2015. メディカルレビュー社、2-9, 2015.

  • 黒田純也. Carfilzomib. 多発性骨髄腫Updating 第7巻. 再発・難治多発性骨髄腫の治療. VII. 1.プロテアソーム阻害薬. (1) Carfilzomib. 110-118, 医薬ジャーナル社、大阪. 2014.

  • 黒田純也、名越久朗. 移植適応初発多発性骨髄腫の治療指針. EBM血液疾患の治療2015-2016.中外医学社、350-356, 2014.

  • 黒田純也. 第2章 F. 多発性骨髄腫における染色体異常および遺伝子異常. カラーテキスト血液病学. 第2版. 中外医学社、65-72, 2013

  • 黒田純也. 7. 染色体・遺伝子. 多発性骨髄腫の診断指針第3版. 文光堂、14-16, 2012.

  • 黒田純也. 慢性骨髄性白血病の薬剤耐性機構. Annual Review血液2013, 中外医学社、99-108, 2013.

  • 黒田純也. 形質性白血病の治療方針. EBM血液疾患の治療2013-2014.中外医学社、406-409, 2012.

  • 黒田純也. 32 CASE. 易疲労感、腰痛を主訴とする57歳男性. New 専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ 血液疾患 第2版、日本医事新報社, 342-349.

  • 黒田純也. 慢性骨髄性白血病に対するチロシンキナーゼ阻害剤治療-知っておきたい基礎知識- BLOOD MASTER Vol.8 「慢性骨髄性白血病」(前川 平編)、大日本住友製薬、3-21、2011

  • 黒田純也. 第IV章 F. 支持療法の実際. 多発性骨髄腫治療マニュアル(木崎昌弘 編)、南江堂, 252-270, 2012

その他

  • 【受賞】平成30年度日本白血病研究基金研究助成事業・一般研究賞

  • 【受賞】2015年度 武田科学振興財団 医学研究奨励(癌領域・基礎)

  • 【受賞】平成24 年度(第17 回)公益財団法人篷庵社 特別研究助成

  • 【受賞】平成23年度持田記念医学薬学振興財団研究助成

  • 【受賞】平成22年度かなえ医薬振興財団 研究助成金

  • 【受賞】平成21年度堀之内朗記念研究助成 基礎的研究部門

  • 【受賞】平成21年度佐川がん研究助成

  • 【受賞】平成19年度日本白血病研究基金研究助成事業 一般研究賞(日本白血病研究基金臨床医学特別賞)

  • 【受賞】平成18年度(第1回)小林がん学術振興会がん薬物治療法分野における先駆的研究者の発掘と奨学研究助成

  • 【受賞】黒住医学研究振興財団 平成18年度第14回研究助成金

  • 【受賞】公益信託原口記念癌研究助成基金

  • 【受賞】上原記念生命科学財団 平成16年度海外留学助成金リサーチフェローシップ

  • 【受賞】東洋紡バイオテクノロジー研究財団 長期研究助成 平成16年度長期研究助成金

  • 【受賞】東京生化学研究会 平成16度研究奨励金

  • 【受賞】平成15年度京都府立医科大学学友会 青蓮賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。