新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

京都府立医科大学 集中治療部

日本集中治療医学会 集中治療専門医 日本麻酔科学会 麻酔科指導医・麻酔科専門医

橋本 悟 はしもと さとる 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 麻酔科
  • 集中治療医学
  • 麻酔・蘇生科学
  • 医療情報学

資格・学会・役職

日本集中治療医学会 集中治療専門医
日本麻酔科学会 麻酔科指導医・麻酔科専門医
  • 京都府立医科大学 集中治療部
  • 医学博士 取得
  • 日本集中治療医学会 理事
  • 日本呼吸療法医学会 監事
  • 日本ショック学会 理事

所属病院

京都府立医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 内分泌外科 総合診療科 病理診断科
  • 京都府京都市上京区梶井町465
  • 京阪鴨東線「神宮丸太町駅」 徒歩10分 京阪本線「出町柳駅」 徒歩15分 琵琶湖線「京都駅」 バス利用可(市バス 4、17、205系統 四条河原町・北大路バスターミナル行 府立医大病院前下車) 車20分
  • 075-251-5111
京都府立医科大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 京都府立医科大学医学部卒業
1981年 京都府立医科大学附属病院麻酔科勤務
1991年 同集中治療部助教授,副部長
2006年 同集中治療部病院教授,部長
2012年 同医療情報部部長(兼任)

論文

Hashimoto S, Pittet JF, Hong K, Folkesson H, Bagby G, Kobzik L, Frevert C, Watanabe K, Tsurufuji S, Wiener-Kronish JP: Depletion of alveolar macrophages decreases neutrophil chemotaxis to pseudomonas airspace infections. Am J Physiol 270(5): L819-828, 1996

Hashimoto S, Wolfe E, Guglielmo B, Shanks R, Sundelof J, Pittet J, Thomas E, Wiener-Kronish JP: Aerosolization of imipenem/cilastatin prevents Pseudomonas-induced acute lung injury. J Antimicrob Chemother 38(5): 809-818, 1996

Hashimoto S, Honda M, Yamaguchi M, Sekimoto M, Tanaka Y: Pharmacokinetics of imipenem and cilastatin during continuous venovenous hemodiafiltration in critically ill patients. ASAIO Journal 43(1): 84-88, 1997

橋本悟, 柳本政浩, 丸川征四郎: インターネットによる医療情報交換. 蘇生 16(1): 52-54, 1997

Hashimoto S, Kobayashi A, Kooguchi K, Kitamura Y, Onodera H, Nakajima H: Upregulation of two death pathways of perforin/granzyme and FasL/Fas in septic ARDS. Am J Resp Crit Care Med 161(1): 237-243, 2000

Hashimoto S, Yamauchi E, Kobayashi A, Shigemi K, Tsuruta H, Yamashita T, Tanaka Y: The pharmacokinetics of trinitroglycerin and its metabolites in patient with chronic stable angina. British J Clinical Pharmacol 50(4): 373-376, 2000

Kitamura Y, Hashimoto S, Mizuta N, Kobayashi A, Kooguchi K, Fujiwara I, Nakajima H: Fas/FasL Dependent Apoptosis of Alveolar Cells after Lipopolysaccharide-induced Lung Injury in Mice. Am J Resp Crit Care Med 163(3): 762-769, 2001

Ueno H, Matsuda T, Hashimoto S, Amaya F, Kitamura Y, Tanaka M, Kobayashi A, Maruyama I, Yamada S, Hasegawa N, Soejima J, Koh H, Ishizaka A: Contributions of High Mobility Group Box Protein in Experimental and Clinical Acute Lung Injury. Am J Respir Crit Care Med: 170(12):1310-6, 2004

Hashimoto S, Okayama Y, Shime N, Kimura A, Funakoshi Y, Kawabata K, Ishizaka A, Amaya F: Neutrophil elastase activity in acute respiratory distress syndrome. Respirology, 13(4): 581-4, 2008

Katayama M, Ishizaka A, Kotani K, Ware L, Matthay M, Hashimoto S. Laminin γ2 fragments are increased in the circulation of patients with early-phase acute lung injury. Intensive Care Med 36(3):476-86, 2010

Hashimoto S, Sanui M, Egi M, Ohshimo S, Shiotsuka J, Seo R, et al. ARDS clinical practice guideline committee from the Japanese Society of Respiratory Care Medicine and the Japanese Society of Intensive Care Medicine. The clinical practice guideline for the management of ARDS in Japan. J intensive Care, 5:50, 2017

著書

小児ICUマニュアル初版、永井書店、1991 第7版,2018
デジタルプレゼンテーション、秀潤社, 2002
集中治療専門医テキスト,総合医学社2015
ARDS診療ガイドライン2016, 総合医学社, 2016
ハリソン内科学第5版 旧姓呼吸窮迫症候群の項翻訳MSI社、2017

その他

  • 【受賞】日本集中治療医学会優秀論文賞,2001年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。