大津 敦 先生のプロフィール

大津 敦 先生

おおつ あつし

大津 敦 先生

国立研究開発法人国立がん研究センター 東病院長

専門分野

消化器腫瘍内科学 消化器内視鏡

紹介

1983年に東北大学医学部を卒業。1992年に博士号を取得、以降、1997年に米国MDアンダーソンキャンサーセンターへ留学した期間を除き、国立がん研究センター東病院の消化管腫瘍内科医師として勤務。2012年より、早期・探索臨床研究センター(現:先端医療開発センター)センター長として、がん新薬のFirst-in-Human(FIH)試験、医師主導治験とTR研究を行う体制整備を進めてきた。また、2015-2017年には日本医療研究開発機構(AMED)の科学技術顧問としても活躍、2016年より現職である、国立がん研究センター東病院長に就任した。これまでに、NEJM, the Lancet, Journal of Clinical Oncology, Lancet Oncology, the Journal of the National Cancer Institute.など300編以上の英文論文を発表。また、日本臨床腫瘍学会理事(兼 国際委員会委員長)・日本癌学会理事等の学会活動に加え、PMDA、厚生労働省、文部科学省の各委員会専門委員や評価委員としても活躍している。

略歴

1983年 東北大学医学部 卒業
1983年 いわき市立総合磐城共立病院 内科 研修医
1986年 国立がんセンター中央病院 内科 レジデント
1992年 東北大学医学部 医学博士取得
1992年 国立がんセンター東病院 内視鏡部消化器科 医員
1996年 同 病棟部5A病棟医長
(1997年7月~9月:米国MD Anderson Cancer Centerにて研修)
2002年 同 内視鏡部長
2008年 国立がんセンター東病院臨床開発センター長
2012年 国立がん研究センター 早期・探索臨床研究センター長
2015年 同 先端医療開発センター長
2015年 日本医療研究開発機構 科学技術顧問(兼任)
2016年 国立がん研究センター 東病院長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本臨床腫瘍学会 理事・国際委員長
米国臨床腫瘍学会(ASCO) 国際委員
日本癌学会 理事・国際委員会委員
日本癌治療学会 国際委員会専門委員、臨床研究委員会専門委員、がん治療専門医制度委員会専門委員
日本胃癌学会 ガイドライン検討委員・編集委員会
日本食道学会 評議員・食道癌診療ガイドライン評価委員会・ガイドライン評価委員会・放射線化学療法検討委員・将来構想委員
日本がん治療認定医機構 理事・暫定教育医
日本バイオセラピィ学会 評議員
など

受賞・著書・論文など

【受賞】
田宮記念賞、1999年
【著書】(5本程度)
「癌化学療法ハンドブック」、メディカルビュー社、2017年
「がん標的分子と治療開発―医学のあゆみ特集」、医歯薬出版社、2016年
「EBMがん化学療法・分子標的治療法 2011-2012」、中外医学社、2010年
「食道ガンの最新治療」、講談社、2005年

【論文】
1) Kuboki Y, Nishina T, Shinozaki E, Yamazaki K, Shitara K, Okamoto W, Kajiwara T, Matsumoto T, Tsushima T, Mochizuki N, Nomura S, Doi T, Sato A, Ohtsu A, Yoshino T. TAS-102 plus bevacizumab for patients with metastatic colorectal cancer refractory to standard therapies (C-TASK FORCE): an investigator-initiated, open-label, single-arm, multicentre, phase 1/2 study. Lancet Oncol. 2017 Sep;18(9):1172-1181.
2) Yoh K, Seto T,

【受賞】
田宮記念賞、1999年
【著書】(5本程度)
「癌化学療法ハンドブック」、メディカルビュー社、2017年
「がん標的分子と治療開発―医学のあゆみ特集」、医歯薬出版社、2016年
「EBMがん化学療法・分子標的治療法 2011-2012」、中外医学社、2010年
「食道ガンの最新治療」、講談社、2005年

【論文】
1) Kuboki Y, Nishina T, Shinozaki E, Yamazaki K, Shitara K, Okamoto W, Kajiwara T, Matsumoto T, Tsushima T, Mochizuki N, Nomura S, Doi T, Sato A, Ohtsu A, Yoshino T. TAS-102 plus bevacizumab for patients with metastatic colorectal cancer refractory to standard therapies (C-TASK FORCE): an investigator-initiated, open-label, single-arm, multicentre, phase 1/2 study. Lancet Oncol. 2017 Sep;18(9):1172-1181.
2) Yoh K, Seto T, Satouchi M, Nishio M, Yamamoto N, Murakami H, Nogami N, Matsumoto S, Kohno T, Tsuta K, Tsuchihara K, Ishii G, Nomura S, Sato A, Ohtsu A, Ohe Y, Goto K. Vandetanib in patients with previously treated RET-rearranged advanced non-small-cell lung cancer (LURET): an open-label, multicentre phase 2 trial. Lancet Respir Med. 2017 Jan;5(1):42-50.
3) Yamanaka T, Oki E, Yamazaki K, Yamaguchi K, Muro K, Uetake H, Sato T, Nishina T, Ikeda M, Kato T, Kanazawa A, Kusumoto T, Chao C, Lopatin M, Krishnakumar J, Bailey H, Akagi K, Ochiai A, Ohtsu A, Ohashi Y, Yoshino T. 12-Gene Recurrence Score Assay Stratifies the Recurrence Risk in Stage II/III Colon Cancer With Surgery Alone: The SUNRISE Study. J Clin Oncol. 2016 Aug 20;34(24):2906-13.
4) Mayer RJ, Van Cutsem E, Falcone A, Yoshino T, Garcia-Carbonero R, Mizunuma N, Yamazaki K, Shimada Y, Tabernero J, Komatsu Y, Sobrero A, Boucher E, Peeters M, Tran B, Lenz HJ, Zaniboni A, Hochster H, Cleary JM, Prenen H, Benedetti F, Mizuguchi H, Makris L, Ito M, Ohtsu A; Randomized trial of TAS-102 for refractory metastatic colorectal cancer. N Engl J Med. 2015 May 14;372(20):1909-19
5) Wilke H, Muro K, Van Cutsem E, Oh SC, Bodoky G, Shimada Y, Hironaka S, Sugimoto N, Lipatov O, Kim TY, Cunningham D, Rougier P, Komatsu Y, Ajani J, Emig M, Carlesi R, Ferry D, Chandrawansa K, Schwartz JD, Ohtsu A; Ramucirumab plus paclitaxel versus placebo plus paclitaxel in patients with previously treated advanced gastric or gastro-oesophageal junction adenocarcinoma (RAINBOW): a double-blind, randomised phase 3 trial. Lancet Oncol. 2014 Oct;15(11):1224-35
6) Ohtsu A, Ajani JA, Bai YX, Bang YJ, Chung HC, Pan HM, Sahmoud T, Shen L, Yeh KH, Chin K, Muro K, Kim YH, Ferry D, Tebbutt NC, Al-Batran SE, Smith H, Costantini C, Rizvi S, Lebwohl D, Van Cutsem E. Everolimus for Previously Treated Advanced Gastric Cancer: Results of the Randomized, Double-Blind, Phase III GRANITE-1 Study. J Clin Oncol. 2013 Nov 1;31(31):3935-43
7) Yoshino T, Mizunuma N, Yamazaki K, Nishina T, Komatsu Y, Baba H, Tsuji A, Yamaguchi K, Muro K, Sugimoto N, Tsuji Y, Moriwaki T, Esaki T, Hamada C, Tanase T, Ohtsu A. TAS-102 monotherapy for pretreated metastatic colorectal cancer: a double-blind, randomised, placebo-controlled phase 2 trial. Lancet Oncol. 13(10):993-1001, 2012
8) Ohtsu A, Shah M, Van Cutsem E, et al: Bevacizumab in Combination With Chemotherapy As First-Line Therapy in Advanced Gastric Cancer: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Phase III Study. J Clin Oncol, 29(30):3968-3976, 2011
9) Bang YJ, Van Cutsem E, Ohtsu A, et al: Trastuzumab in combination with chemotherapy versus chemotherapy alone for treatment of HER2-positive advanced gastric or gastro-oesophageal junction cancer (ToGA): a phase 3, open-label, randomised controlled trial. Lancet 376: 687-697, 2010
10) Ohtsu A, Shimada Y, Shirao K, et al. Randomized phase III trial of 5-fluorouracil alone versus 5-fluorouracil plus cisplatin versus uracil and tegafur plus mitomycin C in patients with unresectable advanced gastric cancer: the Japan Clinical Oncology Group Study (JCOG9205). J Clin Oncol, 21: 54-59, 2003.
11) Ohtsu A, Boku N, Muro K, et al: Definitive chemoradiotherapy for T4 and/or M1 lymph node squamous cell carcinoma of the esophagus. J Clin Oncol, 17:2915-2921, 1999

続きを見る

大津 敦先生 の所属する医療機関

国立がん研究センター東病院

TEL: 04-7133-1111

国立がん研究センター東病院

千葉県柏市柏の葉6丁目5-1

首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」 バス利用可(西口 東武バス 西柏03国立がん研究センター経由流山おおたかの森駅東口行、西柏04国立がん研究センター経由江戸川台駅東口行、東大西行 がん研究センター下車) 車10分

JR常磐線「柏駅」 東武アーバンパークラインも乗り入れ、バス利用可(西口 東武バス 西柏01県民プラザ経由国立がん研究センター行、柏44税関研修所経由国立がん研究センター行 がん研究センター下車) 車30分

- - - - - - - -

受付時間: 紹介予約制 初診予約受付/平日8:30~17:15 診療日時は科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー

大津 敦 先生 の記事