国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院 消化管内科 医員

日本消化器病学会 消化器病専門医 日本内科学会 認定内科医

川添 彬人 かわぞえ あきひと 先生

公開日
2022/09/26

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 腫瘍内科
  • 消化器内科
  • 川添先生の大腸がんの専門領域
    • 化学療法
  • 川添先生の胃がんの専門領域
    • 化学療法
  • 川添先生の食道がんの専門領域
    • 化学療法
  • 【疾患名】消化管希少がん【治療法】化学療法

資格・学会・役職

日本消化器病学会 消化器病専門医
日本内科学会 認定内科医
  • 国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院 消化管内科 医員

所属病院

国立がん研究センター東病院

  • 内科 血液内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 循環器科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 リハビリテーション科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 肝胆膵内科 肝胆膵外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 千葉県柏市柏の葉6丁目5-1
  • つくばエクスプレス 柏の葉キャンパス 西口 東武バス 国立がん研究センター経由(流山おおたかの森駅東口行き、江戸川台駅東口行き、東大西行きの各線) がん研究センター下車 バス6分 JR常磐線(上野~取手) 柏 西口 東武バス 県民プラザ経由国立がん研究センター行き、または税関研修所経由国立がん研究センター行き がん研究センター下車 バス30分 つくばエクスプレス 柏の葉キャンパス 西口 東武バス 国立がん研究センター経由(流山おおたかの森駅東口行き、江戸川台駅東口行き、東大西行きの各線) がん研究センター下車 バス6分 東武野田線 江戸川台 東口 東武バス 国立がん研究センター経由 柏の葉キャンパス駅西口行き 国立がん研究センター下車 バス10分 JR常磐線(上野~取手) 柏 西口 東武バス 県民プラザ経由国立がん研究センター行き、または税関研修所経由国立がん研究センター行き がん研究センター下車 バス30分 つくばエクスプレス 柏の葉キャンパス 西口 東武バス 国立がん研究センター経由(流山おおたかの森駅東口行き、江戸川台駅東口行き、東大西行きの各線) 国立がん研究センター下車 バス6分 東武野田線 江戸川台 東口 東武バス 国立がん研究センター経由 柏の葉キャンパス駅西口行き 国立がん研究センター下車 バス10分 JR常磐線(上野~取手) 柏 西口 東武バス 県民プラザ経由国立がん研究センター行き、または税関研修所経由国立がん研究センター行き 国立がん研究センター下車 バス30分 つくばエクスプレス 柏の葉キャンパス 西口 東武バス 国立がん研究センター経由(流山おおたかの森駅東口行き、江戸川台駅東口行き、東大西行きの各線) 国立がん研究センター下車 バス6分 東武野田線 江戸川台 東口 東武バス 国立がん研究センター経由 柏の葉キャンパス駅西口行き 国立がん研究センター下車 バス10分 JR常磐線(上野~取手) 柏 西口 東武バス 県民プラザ経由国立がん研究センター行き、または税関研修所経由国立がん研究センター行き 国立がん研究センター下車 バス30分
  • 04-7133-1111
公式ウェブサイト
国立がん研究センター東病院

来歴等

略歴

2009年 東北大学医学部
2009年 国立国際医療研究センター 初期研修医
2011年 国立国際医療研究センター 消化器内科 後期研修医
2013年 国立がんセンター東病院 消化管内科 レジデント
2016年 国立がんセンター東病院 消化管内科 レジデント がん専門修練医
2018年 国立がんセンター東病院 消化管内科 医員

論文

  • 1. Lenvatinib plus pembrolizumab in patients with advanced gastric cancer in the first-line or second-line setting (EPOC1706): an open-label, single-arm, phase 2 trial. Lancet Oncol. 2020 Aug;21(8):1057-1065.

    Kawazoe A, Fukuoka S, Nakamura Y, Kuboki Y, Wakabayashi M, Nomura S, Mikamoto Y, Shima H, Fujishiro N, Higuchi T, Sato A, Kuwata T, Shitara K.

  • 2. Trifluridine/tipiracil and ramucirumab in patients with previously treated advanced gastric cancer: an open-label, single-arm, phase 2 trial. Lancet Gastroenterol Hepatol. 2021.Mar;6(3):209-217.

    Kawazoe A, Ando T, Hosaka H, Fujita J, Koeda K, Nishikawa K, Amagai K, Fujitani K, Ogata K, Watanabe K, Yamamoto Y, Shitara K.

  • 3. The KEYNOTE-811 trial of dual PD-1 and HER2 blockade in HER2-positive gastric cancer. Nature. 2021 Dec;600(7890):727-730.

    Janjigian YY, Kawazoe A, Yañez P, Li N, Lonardi S, Kolesnik O, Barajas O, Bai Y, Shen L, Tang Y, Wyrwicz LS, Xu J, Shitara K, Qin S, Van Cutsem E, Tabernero J, Li L, Shah S, Bhagia P, Chung HC.

  • 4. TAS-116 (Pimitespib), an Oral HSP90 Inhibitor, in Combination with Nivolumab in Patients with Colorectal Cancer and Other Solid Tumors: An Open-Label, Dose-Finding, and Expansion Phase Ib Trial (EPOC1704). Clin Cancer Res. 2021 Sep 30. doi: 10.1158/1078-0432.CCR-21-1929.

    Kawazoe A, Itahashi K, Yamamoto N, Kotani D, Kuboki Y, Taniguchi H, Harano K, Naito Y, Suzuki M, Fukutani M, Higuchi T, Ikeno T, Wakabayashi M, Sato A, Koyama S, Nishikawa H, Shitara K.

  • 5. Multicenter Phase I/II Trial of Napabucasin and Pembrolizumab in Patients with Metastatic Colorectal Cancer (EPOC1503/SCOOP Trial). Clin Cancer Res. 2020 Jul 21.

    Kawazoe A, Kuboki Y, Shinozaki E, Hara H, Nishina T, Komatsu Y, Yuki S, Wakabayashi M, Nomura S, Sato A, Kuwata T, Kawazu M, Mano H, Togashi Y, Nishikawa H, Yoshino T.

  • 6. Safety and efficacy of pembrolizumab in combination with S-1 plus oxaliplatin as a first-line treatment in patients with advanced gastric/gastroesophageal junction cancer: Cohort 1 data from the KEYNOTE-659 phase IIb study. Eur J Cancer. 2020 Apr;129:97-106.

    Kawazoe A, Yamaguchi K, Yasui H, Negoro Y, Azuma M, Amagai K, Hara H, Baba H, Tsuda M, Hosaka H, Kawakami H, Oshima T, Omuro Y, Machida N, Esaki T, Yoshida K, Nishina T, Komatsu Y, Han SR, Shiratori S, Shitara K.

  • 7. Clinicopathological features of programmed death ligand 1 expression with tumor-infiltrating lymphocyte, mismatch repair, and Epstein-Barr virus status in a large cohort of gastric cancer patients. Gastric Cancer. 2017 May;20(3):407-415.

    Kawazoe A, Kuwata T, Kuboki Y, Shitara K, Nagatsuma AK, Aizawa M, Yoshino T, Doi T, Ohtsu A, Ochiai A.

  • 8. A low tumor mutational burden and PTEN mutations are predictors of a negative response to PD-1 blockade in MSI-H/ dMMR gastrointestinal tumors. Clin Cancer Res. 2021 Apr 29:clincanres.0401.2021. *Corresponding author

    Chida K, Kawazoe A*, Kawazu M, Suzuki T, Nakamura Y, Nakatsura T, Kuwata T, Ueno T, Kuboki Y, Kotani D, Kojima T, Taniguchi H, Mano H, Ikeda M, Shitara K, Endo I, Yoshino T.

  • 9. Biomarker-targeted therapies for advanced gastric and gastroesophageal junction cancer: an emerging paradigm. Nat Rev Clin Oncol. 2021 (in press). *Contributed equally to this work.

    Nakamura Y*, Kawazoe A*, Lordick F, Janjigian YY, Kohei K.

  • 10. Updated efficacy outcomes of anti-PD-1 antibodies plus multikinase inhibitors for advanced gastric cancer patients with or without liver metastases in clinical trials. Clin Cancer Res. 2022 Jun 9:clincanres.0630.2022-2-27 11:45:33.693. *Corresponding author

    Yukami H, Kawazoe A*, Lin YT, Koyama S, Fukuoka S, Hara H, Takahashi N, Kojima T, Asayama M, Yoshii T, Bando H, Kotani D, Nakamura Y, Kuboki Y, Mishima S, Wakabayashi M, Kuwata T, Goto M, Higuchi K, Yoshino T, Doi T, Nishikawa H, Shitara K.

受賞

  • 1. 第14回 日本臨床腫瘍学会奨励賞

  • 2. 第90回 日本胃癌学会 西記念賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。