厚生労働省 大臣官房 厚生科学課 、国立がん研究センター東病院 呼吸器内科

日本内科学会 総合内科専門医 日本呼吸器学会 呼吸器専門医 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

杉山 栄里 すぎやま えり 先生

公開日
2022/05/12

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器内科
  • 杉山先生の肺がんの専門領域
    • 化学療法
    • 集学的治療

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 厚生労働省 大臣官房 厚生科学課
  • 国立がん研究センター東病院 呼吸器内科

所属病院

国立がん研究センター東病院

  • 内科 血液内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 消化器内科 肝胆膵内科 肝胆膵外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 千葉県柏市柏の葉6丁目5-1
  • つくばエクスプレス 柏の葉キャンパス 西口 東武バス 国立がん研究センター経由(流山おおたかの森駅東口行き、江戸川台駅東口行き、東大西行きの各線) がん研究センター下車 バス6分 JR常磐線(上野~取手) 柏 西口 東武バス 県民プラザ経由国立がん研究センター行き、または税関研修所経由国立がん研究センター行き がん研究センター下車 バス30分 つくばエクスプレス 柏の葉キャンパス 西口 東武バス 国立がん研究センター経由(流山おおたかの森駅東口行き、江戸川台駅東口行き、東大西行きの各線) がん研究センター下車 バス6分 東武野田線 江戸川台 東口 東武バス 国立がん研究センター経由 柏の葉キャンパス駅西口行き 国立がん研究センター下車 バス10分 JR常磐線(上野~取手) 柏 西口 東武バス 県民プラザ経由国立がん研究センター行き、または税関研修所経由国立がん研究センター行き がん研究センター下車 バス30分
  • 04-7133-1111
公式ウェブサイト
国立がん研究センター東病院

来歴等

略歴

2007年 浜松医科大学医学部 卒業
2007年 浜松医科大学附属病院 初期研修医
2008年 JA厚生連 遠州病院 初期研修医
2009年 国立国際医療研究センター戸山病院 呼吸器内科レジデント
2011年 国立がん研究センター東病院 呼吸器内科レジデント
2014年 国立がん研究センター東病院 呼吸器内科がん専門修練医
2016年 国立がん研究センター先端医療開発センター 免疫TR分野 特任研究員
2020年 名古屋大学大学院 卒業 医学博士取得
2020年 国立がん研究センター東病院 呼吸器内科医員

論文

  • 1. Impact of single nucleotide polymorphisms on severe hepatotoxicity induced by EGFR tyrosine kinase inhibitors in patients with non-small cell lung cancer harboring EGFR mutations. Lung Cancer, 90 (2): 307-13, 2015

    Eri Sugiyama, Shigeki Umemura, Shogo Nomura, Keisuke Kirita, Shingo Matsumoto, Kiyotaka Yoh , Seiji Niho, Hironobu Ohmatsu, Masahiro Tsuboi, Yuichiro Ohe, Koichi Goto.

  • 2. Signaling through the Phosphatidylinositol 3-Kinase (PI3K)/Mammalian Target of Rapamycin (mTOR) Axis Is Responsible for Aerobic Glycolysis mediated by Glucose Transporter in Epidermal Growth Factor Receptor (EGFR)-mutated Lung Adenocarcinoma. J Biol Chem, 10;290(28):17495-504, 2015

    Hideki Makinoshima, Masahiro Takita, Koichi Saruwatari, Shigeki Umemura, Yuuki Obata, Genichiro Ishii, Shingo Matsumoto, Eri Sugiyama, Atsushi Ochiai, Ryo Abe, Koichi Goto, Hiroyasu Esumi, Katsuya Tsuchihara.

  • 3. Successful treatment with afatinib after grade 3 hepatotoxicity induced by both gefitinib and erlotinib in EGFR mutation-positive non-small cell lung cancer. Lung Cacner, Sep:99:1-3, 2016

    Yoshitaka Zenke, Shigeki Umemura, Eri Sugiyama, Keisuke Kirita, Shingo Matsumoto, Kiyotaka Yoh, Seiji Niho, Hironobu Ohmatsu, Koichi Goto.

  • 4. Blockade of EGFR improves responsiveness to PD-1 blockade in EGFR-mutated non-small cell lung cancer. Sci Immunol, 5, eaav3937 (2020)

    Eri Sugiyama, Yosuke Togashi, Yoshiko Takeuchi, Sayoko Shinya, Yasuko Tada, Keisuke Kataoka, Kenta Tane, Eiichi Sato, Genichiro Ishii, Koichi Goto, Yasushi Shintani, Meinoshin Okumura, Masahiro Tsuboi, Hiroyoshi Nishikawa.

  • 5. The PD-1 expression balance between effector and regulatory T cells predicts the clinical efficacy of PD-1 blockade therapies. Nat Immunol, 2020 Nov;21(11):1346-1358

    Shogo Kumagai, Yosuke Yogashi, Takahiro Kamada, Eri Sugiyama, Hitomi Nishinakamura, Yoshiko Takeuchi, Kochin Vitaly, Kota Itahashi, Yuka Maeda, Shigeyuki Matsui, Takuma Shibahara, Yasuho Yamashita, Takuma Irie, Ayaka Tsuge, Shota Fukuoka, Akihito Kawazoe, Hibiki Udagawa, Keisuke Kirita, Keiju Aokage, Genichiro Ishii, Takeshi Kuwata, Kenta Nakama, Masahito Kawazu, Toshihide Ueno, Naoya Yamazaki, Koichi Goto, Masahiro tsuboi, Hiroyuki Mano, Toshihiko Doi, Kohei Shitara, Hiroyoshi Nishikawa.

  • 6. Bevacizumab plus platinum-based chemotherapy in advanced non-squamous non-small-cell lung cancer: a randomized, open-label phase 2 study (CLEAR). Transl Lung Cancer Res. 2021 Jul;10(7):3059-3070.

    Hibiki Udagawa, Eri Sugiyama, Toshiyuki Harada, Shinji Atagi, Ryo Koyama, Satoshi Watanabe, Yukiko Nakamura, Daijiro Harada, Osamu Hataji, Fumihiro Tanaka, Hiroshi Kida, Miyako Satouchi, Ken Maeno, Akira Inoue, Kiyotaka Yoh, Yuki Yamane, Yoshiko Urata, Hiroshige Yoshioka, Takeharu Yamanaka, Koichi Goto.

  • 7. Lactic acid promotes PD-1 expression in regulatory T cells in highly glycolytic tumor microenvironments. Cancer Cell. 2022 Feb 14;40(2):201-218.e9.

    Shogo Kumagai, Shohei Koyama, Kota Itahashi, Tokiyoshi Tanegashima, Yi-Tzu Lin, Yosuke Togashi, Takahiro Kamada, Takuma Irie, Genki Okumura, Hidetoshi Kono, Daisuke Ito, Rika Fujii, Sho Watanabe, Atsuo Sai, Shota Fukuoka, Eri Sugiyama, Go Watanabe, Takuya Owari, Hitomi Nishinakamura, Daisuke Sugiyama, Yuka Maeda, Akihito Kawazoe, Hiroki Yukami, Keigo Chida, Yuuki Ohara, Tatsuya Yoshida, Yuki Shinno, Yuki Takeyasu, Masayuki Shirasawa, Kenta Nakama, Keiju Aokage, Jun Suzuki, Genichiro Ishii, Takeshi Kuwata, Naoya Sakamoto, Masahito Kawazu, Toshihide Ueno, Taisuke Mori, Naoya Yamazaki, Masahiro Tsuboi, Yasushi Yatabe, Takahiro Kinoshita, Toshihiko Doi, Kohei Shitara, Hiroyuki Mano, Hiroyoshi Nishikawa.

  • 8. The CLIP1-LTK fusion is an oncogenic driver in non-small-cell lung cancer. Nature. 2021 Dec;600(7888):319-323.

    Hiroki Izumi, Shingo Matsumoto, Jie Liu, Kosuke Tanaka, Shunta Mori, Kumiko Hayashi, Shogo Kumagai, Yuji Shibata, Takuma Hayashida, Kana Watanabe, Tatsuro Fukuhara, Takaya Ikeda, Kiyotaka Yoh, Terufumi Kato, Kazumi Nishino, Atsushi Nakamura, Ichiro Nakachi, Shoichi Kuyama, Naoki Furuya, Jun Sakakibara-Konishi, Isamu Okamoto, Kageaki Taima, Noriyuki Ebi, Haruko Daga, Akira Yamasaki, Masahiro Kodani, Hibiki Udagawa, Keisuke Kirita, Yoshitaka Zenke, Kaname Nosaki, Eri Sugiyama, Tetsuya Sakai, Tokiko Nakai, Genichiro Ishii, Seiji Niho, Atsushi Ohtsu, Susumu S Kobayashi, Koichi Goto.

著書

  • 1. 【進行非小細胞肺癌の診療Update-2010年ガイドラインを中心に-】進行非小細胞肺癌の初回化学療法 EGFR遺伝子変異陽性例の場合. 杉山 栄里, 後藤 功一. 呼吸器内科 20(4) 269-275 2011年10月

  • 2. 【最新肺癌学-基礎と臨床の最新研究動向-】肺癌の治療戦略 薬物療法 高齢者・PS不良肺癌の化学療法 小細胞肺癌. 杉山 栄里, 梅村 茂樹, 大江 裕一郎. 日本臨床 71(増刊6 最新肺癌学) 575-580 2013年11月

  • 3. 気管支内腔へポリポイドに進展した浸潤性胸腺腫の1例. 杉山 栄里, 大松 広伸, 梅村 茂樹, 仁保 誠治, 永井 完治. 気管支学 36(2) 183-187 2014年3月

  • 4. 【がん免疫療法:最近の進歩と展望】免疫チェックポイント阻害薬の基礎. 杉山 栄里, 西川 博嘉. Pharma Medica 34(10) 23-27 2016年10月

  • 5. 【がん免疫療法×ゲノミクスで変わるがん治療!バイオマーカーの確立、治療抵抗性機構の解明による個別化がん免疫療法へ】免疫療法のバイオマーカー探索に向けたがんクリニカルシークエンシング. 杉山 栄里, 西川 博嘉. 実験医学 35(4) 562-566 2017年3月

  • 6. 【がん免疫療法-What's now and what's next?-】(第1章)総論 がん免疫反応の攻める側と抑える側. 杉山 栄里, 西川 博嘉. 遺伝子医学MOOK (31) 43-50 2017年7月

受賞

  • 1. 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 奨励賞受賞「Novel concept of EGFR-signal contribution to unique immunological status in EGFR-mutated NSCLC」(2019年)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。