国立がん研究センター 先端医療開発センター

日本病理学会 病理専門医・分子病理専門医

落合 淳志 おちあい あつし 先生

1956年、広島県三原市生まれ。1982年広島大学医学部卒業その後病理学大学院に進学し、病理医として研究と診断のキャリアを積んだ。ドイツハノーバー医科大学へアレクサンダーフンボルト研究員を経て、1991年より国立がんセンタ―にて消化器病理の診断と細胞間接着分子の研究を開始、その後1998年より国立がんセンター研究所支所臨床腫瘍病理部部長、2015年より研究所副所長、2017年から先端医療開発センター長に就任。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 病理診断科

資格・学会・役職

日本病理学会 病理専門医・分子病理専門医
  • 国立がん研究センター 先端医療開発センター
  • 医師免許 保有
  • 死体解剖資格
  • 厚生労働省認定 外国人医師臨床修練指導医
  • 日本学術会議 連携会員
  • 日本病理学会 副理事長・癌取扱い規約委員会 委員長・ガイドライン委員会 委員長・学術委員会 委員長・学術奨励賞選考委員会 委員長・編集委員会 委員・コンサルテーション委員会 委員・ゲノム病理診断検討委員会 委員・ゲノム試験用試料に関する組織検体取扱いガイドライン審議会委員・学術評価資格審査委員会 委員・公労会員・名誉会員資格審査委員会 委員・研究委員会 委員・広報委員会 委員・企画委員会 委員・財務委員会 委員
  • 日本癌学会 理事
  • 日本胃癌学会 理事・第92回日本胃癌学会総会長・胃癌取扱い規約 委員長・ガイドライン作成委員・日本医学会用語委員会 委員・プログラム委員会 委員・編集委員会 委員
  • 日本消化器癌発生学会 理事・第28回日本消化器癌発生学会会長
  • 日本メディカルAI学会 理事
  • 日本大腸癌研究会 世話人
  • 日本食道学会 評議員
  • 日本臨床細胞学会 評議員・渉外・広報委員
  • 日本頭頸部癌学会 会員
  • 分子病理学研究会 世話人
  • 頭頸部表在癌研究会 世話人
  • がんと代謝研究会 世話人
  • American Association of Cancer Research
  • International Association of Pathology
  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科 客員教授
  • 慶応大学連携大学院 客員教授
  • 広島大学医学部 客員教授
  • 金沢大学がん進展制御研究所 客員教授
  • 東京理科大学生命科学研究科 客員教授
  • 日本病理精度保証機構 理事
  • 一般社団法人 臨床試験医師養成協議会 H29~
  • 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 専門委員
  • 科学技術振興機構JST CREST領域アドバイザー
  • 金沢大学がん進展制御研究所 評価委員
  • 日中医学協会 医療協力事業運営委員会-日中医療交流推進プロジェクトWG委員
  • 公益財団法人庄内地域産業振興センター がんメタボローム研究推進委員会委員
  • 東京理科大学 倫理審査委員
  • 大阪国際がんセンター研究所 外部評価委員会委員
  • Scientific council of IARC, Lyon France member
  • The 5th WHO classification of the tumours, Standing IARC, Lyon France editorial board member
  • Gastric Cancer Editor
  • Cancer Science Associate Editor
  • Pathology International Associate Editor
  • Asia-Pacific Clinical Oncology Associate Editor
  • International Journal of Clinical Oncology Editorial Board

所属病院

国立がん研究センター東病院

  • 内科 血液内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 循環器科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 リハビリテーション科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 肝胆膵内科 肝胆膵外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 千葉県柏市柏の葉6丁目5-1
  • つくばエクスプレス 柏の葉キャンパス 西口 東武バス 国立がん研究センター経由(流山おおたかの森駅東口行き、江戸川台駅東口行き、東大西行きの各線) がん研究センター下車 バス6分 JR常磐線(上野~取手) 柏 西口 東武バス 県民プラザ経由国立がん研究センター行き、または税関研修所経由国立がん研究センター行き がん研究センター下車 バス30分 つくばエクスプレス 柏の葉キャンパス 西口 東武バス 国立がん研究センター経由(流山おおたかの森駅東口行き、江戸川台駅東口行き、東大西行きの各線) がん研究センター下車 バス6分 東武野田線 江戸川台 東口 東武バス 国立がん研究センター経由 柏の葉キャンパス駅西口行き 国立がん研究センター下車 バス10分 JR常磐線(上野~取手) 柏 西口 東武バス 県民プラザ経由国立がん研究センター行き、または税関研修所経由国立がん研究センター行き がん研究センター下車 バス30分 つくばエクスプレス 柏の葉キャンパス 西口 東武バス 国立がん研究センター経由(流山おおたかの森駅東口行き、江戸川台駅東口行き、東大西行きの各線) 国立がん研究センター下車 バス6分 東武野田線 江戸川台 東口 東武バス 国立がん研究センター経由 柏の葉キャンパス駅西口行き 国立がん研究センター下車 バス10分 JR常磐線(上野~取手) 柏 西口 東武バス 県民プラザ経由国立がん研究センター行き、または税関研修所経由国立がん研究センター行き 国立がん研究センター下車 バス30分 つくばエクスプレス 柏の葉キャンパス 西口 東武バス 国立がん研究センター経由(流山おおたかの森駅東口行き、江戸川台駅東口行き、東大西行きの各線) 国立がん研究センター下車 バス6分 東武野田線 江戸川台 東口 東武バス 国立がん研究センター経由 柏の葉キャンパス駅西口行き 国立がん研究センター下車 バス10分 JR常磐線(上野~取手) 柏 西口 東武バス 県民プラザ経由国立がん研究センター行き、または税関研修所経由国立がん研究センター行き 国立がん研究センター下車 バス30分
  • 04-7133-1111
公式ウェブサイト
国立がん研究センター東病院

医療記事

来歴等

略歴

1982年 広島大学医学部 卒業
1986年 広島大学大学院医学系研究科 病理学単位取得後終了
1985年 日本学術振興会 特別研究員
1987年 広島大学医学部第一病理学 助手・講師
1988年 西ドイツハノーバー医科大学実験病理学教室アレクサンダーフンボルト 招聘研究員
1991年 国立がんセンター研究所病理部 研究員・室長
1998年 国立がんセンター研究所支所臨床腫瘍病部 部長
2005年 国立がんセンター東病院臨床開発センター 臨床腫瘍病理分野長
2013年 国立がん研究センター東病院病理臨床検査科 科長
2014年 国立がん研究センター研究所 副所長
2017年 国立がん研究センター 先端医療開発センター長

論文

  • Relationship between the immune microenvironment of different locations in a primary tumour and clinical outcomes of oesophageal squamous cell carcinoma.Br J Cancer. 2019 Nov 25. doi: 10.1038/s41416-019-0622-3.

    Hatogai K, Fujii S, Kitano S, Kojima T, Daiko H, Yoshino T, Ohtsu A, Takiguchi Y, Doi T, Ochiai A.

  • Meeting Report: The International Workshop on Harmonization and Standardization of Digital Pathology Image, Held on April 4, 2019 in Tokyo.Pathobiology. 2019;86(5-6):322-324. doi: 10.1159/000502718. Epub 2019 Nov 8. No

    Yoshida H, Yokota H, Singh R, Kiyuna T, Yamaguchi M, Kikuchi S, Yagi Y, Ochiai A.

  • Assessment of Upper Limb Physiological Features in Patients with Lymphedema After Breast Surgery Using Multiple Instruments.Lymphat Res Biol. 2019 Oct 29. doi: 10.1089/lrb.2019.0039. [Epub ahead of print]

    Kojima M, Yamauchi C, Oyamada S, Hojo T, Iwase S, Naito A, Yamano K, Takahashi S, Ochiai A.

  • Proportion of goblet cell is associated with malignant potential in invasive mucinous adenocarcinoma of the lung.Pathol Int. 2019 Sep;69(9):526-535. doi: 10.1111/pin.12853.

    Oki T, Aokage K, Ueda T, Sugano M, Tane K, Miyoshi T, Kojima M, Fujii S, Kuwata T, Ochiai A, Funai K, Tsuboi M, Ishii G.

  • Interaction between cancer cells and cancer-associated fibroblasts after cisplatin treatment promotes cancer cell regrowth.Hum Cell. 2019 Oct;32(4):453-464. doi: 10.1007/s13577-019-00275-z. Similar articles

    Hisamitsu S, Miyashita T, Hashimoto H, Neri S, Sugano M, Nakamura H, Yamazaki S, Ochiai A, Goto K, Tsuboi M, Ishii G.

  • Expression of Monocarboxylate Transporter 1 Is Associated With Better Prognosis and Reduced Nodal Metastasis in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma.Ochiai A. Pancreas. 2019 Sep;48(8):1102-1110. doi: 10.1097/MPA.0000000000001369.

    Sukeda A, Nakamura Y, Nishida Y, Kojima M, Gotohda N, Akimoto T,

  • Secretion of high amounts of hepatocyte growth factor is a characteristic feature of cancer-associated fibroblasts with EGFR-TKI resistance-promoting phenotype: A study of 18 cases of cancer-associated fibroblasts.Pathol Int. 2019 Aug;69(8):472-480. doi: 10.1111/pin.12838. Epub 2019 Jul 24.

    Suzuki E, Yamazaki S, Naito T, Hashimoto H, Okubo S, Udagawa H, Goto K, Tsuboi M, Ochiai A, Ishii G.

  • Organoid culture containing cancer cells and stromal cells reveals that podoplanin-positive cancer-associated fibroblasts enhance proliferation of lung cancer cells.Lung Cancer. 2019 Aug;134:100-107. doi: 10.1016/j.lungcan.2019.04.007. Epub 2019 Apr 8.

    Nakamura H, Sugano M, Miyashita T, Hashimoto H, Ochiai A, Suzuki K, Tsuboi M, Ishii G.

  • Extra-perigastric Extranodal Metastasis is a Significant Prognostic Factor in Node-Positive Gastric Cancer.World J Surg. 2019 Oct;43(10):2499-2505. doi: 10.1007/s00268-019-05076-x.

    Tonouchi A, Sugano M, Tokunaga M, Sugita S, Watanabe M, Sato R, Kaito A, Akimoto T, Ochiai A, Kinoshita T, Kuwata T.

  • The utility of longitudinal slicing method for rectal specimen: pathological analysis of circumferential resection margin of intersphincteric resection for low-lying rectal cancer.Pathol Int. 2019 May;69(5):272-281. doi: 10.1111/pin.12797. Epub 2019 Jun 23.

    Matsunaga R, Kojima M, Nishizawa Y, Yokota M, Hasegawa H, Saito N, Ito M, Ochiai A.

  • Multifocal origin of occupational cholangiocarcinoma revealed by comparison of multilesion mutational profiles.Carcinogenesis. 2019 Jun 20. pii: bgz120. doi: 10.1093/carcin/bgz120. [Epub ahead of print]

    Mimaki S, Watanabe M, Kinoshita M, Yamashita R, Haeno H, Takemura S, Tanaka S, Marubashi S, Totsuka Y, Shibata T, Nakagama H, Ochiai A, Nakamori S, Kubo S, Tsuchihara K.

  • Establishment of Novel Gastric Cancer Patient-Derived Xenografts and Cell Lines: Pathological Comparison between Primary Tumor, Patient-Derived, and Cell-Line Derived Xenografts.Cells. 2019 Jun 14;8(6). pii: E585. doi: 10.3390/cells8060585.

    Kuwata T, Yanagihara K, Iino Y, Komatsu T, Ochiai A, Sekine S, Taniguchi H, Katai H, Kinoshita T, Ohtsu A.

  • Growth patterns of small peripheral squamous cell carcinoma of the lung and their impacts on pathological and biological characteristics of tumor cells.J Cancer Res Clin Oncol. 2019 Jul;145(7):1773-1783. doi: 10.1007/s00432-019-02937-9. Epub 2019 May 21.

    Omori T, Aokage K, Nakamura H, Katsumata S, Miyoshi T, Sugano M, Kojima M, Fujii S, Kuwata T, Ochiai A, Ikeda N, Tsuboi M, Ishii G.

  • Cancer cell niche factors secreted from cancer-associated fibroblast by loss of H3K27me3.Gut. 2020 Feb;69(2):243-251. doi: 10.1136/gutjnl-2018-317645. Epub 2019 May 13.

    Maeda M, Takeshima H, Iida N, Hattori N, Yamashita S, Moro H, Yasukawa Y, Nishiyama K, Hashimoto T, Sekine S, Ishii G, Ochiai A, Fukagawa T, Katai H, Sakai Y, Ushijima T.

  • Development and characterization of a cancer cachexia model employing a rare human duodenal neuroendocrine carcinoma-originating cell line.Oncotarget. 2019 Mar 29;10(25):2435-2450. doi: 10.18632/oncotarget.26764. eCollection 2019 Mar 29.

    Yanagihara K, Kubo T, Iino Y, Mihara K, Morimoto C, Seyama T, Kuwata T, Ochiai A, Yokozaki H.

  • Systematic Review of Patient-Derived Xenograft Models for Preclinical Studies of Anti-Cancer Drugs in Solid Tumors.Cells. 2019 May 6;8(5). pii: E418. doi: 10.3390/cells8050418.

    Koga Y, Ochiai A.

  • Endometrial cancer arising after complete remission of uterine malignant lymphoma: A case report and mutation analysis.Gynecol Oncol Rep. 2019 Feb 27;28:50-53. doi: 10.1016/j.gore.2019.02.007. eCollection 2019 May.

    Kuno I, Yoshida H, Kohno T, Ochiai A, Kato T.

  • Combination Treatment of Preoperative Embryo Cryopreservation and Endoscopic Surgery (Surgery-ART Hybrid Therapy) in Infertile Women with Diminished Ovarian Reserve and Uterine Myomas or Ovarian Endometriomas. J Minim Invasive Gynecol. 2019 Nov - Dec;26(7):1369-1375. doi: 10.1016/j.jmig.2019.02.008. Epub 2019 Feb 19.

    Kuroda K, Ikemoto Y, Ochiai A, Ozaki R, Matsumura Y, Nojiri S, Nakagawa K, Sugiyama R.

  • Recommendation of long-term and systemic management according to the risk factors in rectal NETs patients.Sci Rep. 2019 Feb 20;9(1):2404. doi: 10.1038/s41598-018-37707-z.

    Kojima M, Chen Y, Ikeda K, Tsukada Y, Takahashi D, Kawano S, Amemiya K, Ito M, Ohki R, Ochiai A.

  • Clinicopathological characteristics associated with necrosis in pulmonary metastases from colorectal cancer.Virchows Arch. 2019 May;474(5):569-575. doi: 10.1007/s00428-019-02535-7. Epub 2019 Feb 14.

    Suzuki J, Kojima M, Aokage K, Sakai T, Nakamura H, Ohara Y, Tane K, Miyoshi T, Sugano M, Fujii S, Kuwata T, Ochiai A, Ito M, Suzuki K, Tsuboi M, Ishii G.

  • Development and Biological Analysis of a Novel Orthotopic Peritoneal Dissemination Mouse Model Generated Using a Pancreatic Ductal Adenocarcinoma Cell Line.Pancreas. 2019 Mar;48(3):315-322. doi: 10.1097/MPA.0000000000001253.

    Yanagihara K, Kubo T, Mihara K, Kuwata T, Ochiai A, Seyama T, Yokozaki H.

  • Feasibility and utility of a panel testing for 114 cancer-associated genes in a clinical setting: A hospital-based study.Cancer Sci. 2019 Apr;110(4):1480-1490. doi: 10.1111/cas.13969. Epub 2019 Apr 2.

    Sunami K, Ichikawa H, Kubo T, Kato M, Fujiwara Y, Shimomura A, Koyama T, Kakishima H, Kitami M, Matsushita H, Furukawa E, Narushima D, Nagai M, Taniguchi H, Motoi N, Sekine S, Maeshima A, Mori T, Watanabe R, Yoshida M, Yoshida A, Yoshida H, Satomi K, Sukeda A, Hashimoto T, Shimizu T, Iwasa S, Yonemori K, Kato K, Morizane C, Ogawa C, Tanabe N, Sugano K, Hiraoka N, Tamura K, Yoshida T, Fujiwara Y, Ochiai A, Yamamoto N, Kohno T.

  • Imaging of Metastatic Cancer Cells in Sentinel Lymph Nodes using Affibody Probes and Possibility of a Theranostic Approach.Int J Mol Sci. 2019 Jan 19;20(2). pii: E427. doi: 10.3390/ijms20020427.

    Tsuchimochi M, Yamaguchi H, Hayama K, Okada Y, Kawase T, Suzuki T, Tsubokawa N, Wada N, Ochiai A, Fujii S, Fujii H.

  • Spatiotemporal characteristics of fibroblasts-dependent cancer cell invasion.J Cancer Res Clin Oncol. 2019 Feb;145(2):373-381. doi: 10.1007/s00432-018-2798-y. Epub 2018 Nov 23.

    Miyashita T, Omori T, Nakamura H, Sugano M, Neri S, Fujii S, Hashimoto H, Tsuboi M, Ochiai A, Ishii G.

その他

  • 【受賞】1996年 日本癌学会奨励賞

  • 【受賞】1996年 日本病理学会学術研究賞(A演説)

  • 【受賞】1997年 国立がんセンター田宮賞

  • 【受賞】1999年 ベルツ賞 授賞

  • 【受賞】1999年 がん研究会振興財団がん研究振興財団助成金

  • 【受賞】2004年 高松宮妃癌研究基金高松宮妃癌研究助成金

  • 【受賞】2006年 日本病理学会日本病理学賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。