新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

獨協医科大学 呼吸器外科学 教授

日本胸部外科学会 指導医 日本外科学会 指導医

千田 雅之 ちだ まさゆき 先生

1986年東北大学医学部を卒業後、呼吸器外科医としてキャリアを開始。米国での留学経験や大学病院、市中病院での臨床経験を通じて、呼吸器外科医としての技術を積み上げる。2010年に獨協医科大学呼吸器外科学教授に就任。高度な技術を要する肺移植を専門とし、その技術力を生かした呼吸器外科領域全般の手術でも豊富な治療実績を持つ。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器外科
  • 呼吸器外科全般
  • 肺移植

資格・学会・役職

日本胸部外科学会 指導医
日本外科学会 指導医
  • 獨協医科大学 呼吸器外科学 教授
  • 日本呼吸器外科学会 理事長・評議員・指導医
  • 日本胸部外科学会 理事・評議員
  • 日本外科学会 代議員
  • 日本医学会 評議員
  • 日本移植学会 評議員・移植認定医
  • 日本呼吸器内視鏡学会 評議員
  • 日本気管食道科学会 評議員
  • 日本肺癌学会 評議員
  • 日本臓器保存生物医学会 理事・評議員
  • 日本医療安全学会 理事

所属病院

獨協医科大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 栃木県下都賀郡壬生町北小林880
  • 東武宇都宮線「おもちゃのまち駅」 西口 徒歩10分
  • 0282-86-1111
獨協医科大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1986年 東北大学医学部 卒業
1990年 東北大学大学院 博士課程 修了
1992年 米国ノースウェスタン大学医学部 呼吸器科
1993年 米国コロラド大学医学部 呼吸器科
2001年 東北大学医学部付属病院 講師
2002年 磐城共立病院 呼吸器科
2003年 太田西ノ内病院 呼吸器外科
2008年 獨協医科大学 胸部外科 准教授
2010年 獨協医科大学 呼吸器外科 主任教授

論文

  • Kobayashi S, Karube Y, Nishihira M, Inoue T, Araki O, Maeda S, Sado T, Matsumura Y, Chida M. Postoperative pyothorax is a risk factor for acute exacerbation od idiopathic interstitial pneumonia following lung cancer resection. Gen Thorac Cardiovasc Surg 2016;64:476-480.

  • Karube Y, Kobayashi S, Maeda S, Sado T, Ishihama H, Chida M. Tumor-related gene expression levels in thymic carcinoma and Type B3 thymoma. J Cardiothorac Surg 2016;11:85.

  • Kobayashi S, Karube Y, Nishihira M, Inoue T, Araki O, Sado T, Chida M. Usefulness of inflammation-based prognostic score in patients undergoing lung metastasectomy for colorectal carcinoma. World J Surg 2016; 40:1632-1637.

  • Oyaizu T, Matsumura Y, Kobayashi S, Sado T, Ishihama H, Chida M. Tumor-related gene expression levels in pulmonary pleomorphic carcinoma. J Cardiothorac Surg 2015; 10:79.

  • Hayama M, Chida M, Karube Y, Tamura M, Kobayashi S, Oyaizu T, Honma K. One-step nucleic acid amplification for detection of lymph node metastasis in lung cancer. Ann Thorac Cardiovasc Surg 2014; 20: 181-184.

  • Chida M, Hayama M, Kobayashi S, Ishihama H, Oyaizu T, Minowa M, Matsumura Y. Benefits of rib head resection via costotransverse ligament release method for T3 lung cancer in the paravertebral space. Ann Thorac Cardiovasc Surg 2013; 19:268-272.

  • Chida M, Kobayashi S, Karube Y, Hayama M, Tamura M, Ishihama H, Oyaizu T: Incidence of acute exacerbation of interstitial pneumonia in operated lung cancer: institutional report and review. Annal Thorac Cardiovasc Surg 2012; 18:314-317.

  • Chida M, Minowa M, Miyoshi S, Kondo T. Extended sleeve lobectomy for locally advanced lung cancer. Ann Thorac Surg 2009; 87: 900-905.

  • Chida M, Minowa M, Karube Y, Eba S, Okada Y, Miyoshi S, and Kondo T. Worsened long-term outcomes and postoperative complications in octogenarians with lung cancer following mediastinal lymph-node dissection. Interact Cardiovasc Thorac Surg 2009; 8: 89-92.

  • Chida M, Ono S, Hoshikawa Y, and Kondo T. Subclinical idiopathic pulmonary fibrosis is also a risk factor of post-operative acute respiratory distress syndrome following thoracic surgery. Eur J Cardiothorc Surg 2008; 34: 877-880.

著書

  • 「ポケット呼吸器外科ハンドブック」南江堂 2015.

  • 「医学の歩み 別冊 呼吸器疾患-state of arts Ver.6」医歯薬出版 2013.

  • 「新呼吸療法テキスト」アトムス 2012.

  • 「呼吸器外科Knack & Pitfalls」文光堂 東京 2010.

その他

  • 【受賞】臨床呼吸生理研究会賞 2001年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。