東邦大学医療センター大橋病院 病院長

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医 日本脳卒中学会 脳卒中専門医 日本脳卒中の外科学会 技術指導医・技術認定医 日本脳神経血管内治療学会 脳血管内治療指導医・脳血管内治療専門医

岩渕 聡 いわぶち さとし 先生

公開日
2020/12/11

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経外科
  • 岩渕先生の脳動脈瘤の専門領域
    • 開頭クリッピング術
    • コイル塞栓術
  • 岩渕先生の内頸動脈狭窄症の専門領域
    • 頸動脈内膜剥離術
    • 頸動脈ステント留置術
  • 岩渕先生の脳腫瘍の専門領域
    • 外科的治療
    • 化学療法
    • 放射線治療
  • 岩渕先生の頭部外傷後遺症の専門領域
    • 外科的治療
    • 刺激療法
    • リハビリテーション
    • 薬物療法
  • 岩渕先生の顔面けいれんの専門領域
    • 微小血管減圧術
    • ボトックス治療
    • 薬物治療
  • 脳卒中外科
  • 脳血管内治療

資格・学会・役職

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
日本脳卒中の外科学会 技術指導医・技術認定医
日本脳神経血管内治療学会 脳血管内治療指導医・脳血管内治療専門医
  • 東邦大学医療センター大橋病院 病院長
  • 日本脳神経外科学会 評議員・代議員
  • 日本脳神経外科学会 関東支部理事
  • 日本脳卒中学会 代議員
  • 日本脳卒中の外科学会 代議員
  • 日本意識障害学会 理事
  • 日本脳神経外傷学会 理事
  • 日本脳神経超音波学会 理事
  • 日本脳神経外科漢方医学会 理事
  • 日本術中画像情報学会 理事
  • 日本神経放射線学会 運営委員・評議員
  • 日本血管内治療学会 評議員
  • 日本心血管脳卒中学会 評議員
  • 日本脳神経血管内治療学会 関東地方会運営委員
  • スパズム・シンポジウム 世話人
  • 関東脳神経外科懇話会 幹事
  • 関東脳核医学研究会 世話人
  • 脳機能核医学画像解析研究会 幹事
  • 東海クモ膜下出血研究会 幹事
  • Hybrid Neurosurgery研究会 世話人
  • 東京労働局 労災医員
  • 日本セーリング連盟 医事科学委員

所属病院

東邦大学医療センター大橋病院

  • 内科 膠原病・リウマチ内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 東京都目黒区大橋2丁目22-36
  • 東急田園都市線 池尻大橋 北口 徒歩3分 京王井の頭線 駒場東大前 徒歩10分 JR山手線 渋谷 南口 三軒茶屋方面 大橋下車 徒歩3分 バス
  • 03-3468-1251
公式ウェブサイト
東邦大学医療センター大橋病院

医療記事

来歴等

略歴

1984年 東邦大学医学部 卒業
1988年 東邦大学大学院 医学博士取得 修了
1989年 東邦大学医学部脳神経外科 助手
1993年 東邦大学医学部脳神経外科 講師
2006年 東邦大学医学部脳神経外科 助教授
2008年 東邦大学医学部脳神経外科 教授
2011年 東邦大学医療センター大橋病院 院長補佐
2012年 東邦大学医療センター大橋病院 副院長
2018年 東邦大学医療センター大橋病院 病院長

論文

  • 軽症頭部外傷・スポーツ脳損傷の対応.脳外誌 29:354-360, 2020

    中山晴雄,荻野雅宏,平元侑,岩渕聡

  • Genetic and lineage classification of glioma-initiating cells identifies a clinically relevant glioblastoma model. Cancers 11:doi:10.3390/cancers11101564, 2019

    Saito N, Hirai N, Aoki K, Sato S, Suzuki R, Hiramoto Y, Fujita S, Nakayama H, Hayashi M, Sakurai T, Iwabuchi S

  • 塩酸ファスジル動注による血流動態変化.脳血管攣縮 33:24-27, 2018

    岩渕聡, 林盛人, 富田一彦, 岩間淳哉, 藤田聡, 伊古田雅史, 平井希, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 青木和哉, 平元侑, 佐藤健一郎, 横内哲也

  • Notch pathway activation predicts resistance to bevacizumab therapy in glioblastoma. Cancer Research 77:DOI:10.1158/1538-7445.AM2017-774, 2017

    Saito N, Aoki K, Hirai N, Fujita S, Iwama J, Ikota M, Nakayama H, Hayashi M, Ito K, Sakurai T, Iwabuchi S

  • Relationship between the direction of ophthalmic artery blood flow and ocular microcirculation before and after carotid artery stenting. Journal of Ophthalmology Article ID 2530914:1-6, 2016

    Ishii M, Hayashi M, Yagi F, Sato K, Tomita G, Iwabuchi S

  • 急性期血行再建術のTime is Brainを追求~血管内再開通療法を活かしきるには~.Clinical Angles in Neurosurgery 6:1-3, 2015

    岩渕聡

  • 頚動脈エコー.Clinical Neuroscience 3310:1179-118, 2015

    岩渕聡, 林盛人, 田中崇, 藤崎純

  • Prophylactic intra-arterial administration of fasudil hydrochloride for vasospasm following subarachnoid haemorrhage. Act Neurochir 120:167-169, 2015

    Iwabuchi S, Hayashi M, Yokouchi T, Sato K, Nakayama H, Harashina J, Iwama J, Ishii M, Hiramoto Y, Hirai N, Hirata Y, Saito N, Ito K, Kimura H, Aoki K

  • 頸動脈プラークイメージング.日本脳ドック学会報 1:13-18, 2015

    岩渕聡, 林盛人

  • 急性期脳梗塞―頸動脈プラークイメージング:1.5T MRIを用いた質的評価と定量化の試み.INNERVISION 295:37-39, 2014

    岩渕聡, 林盛人, 佐藤健一郎, 服部尚史, 中野晃枝, 飯塚有応, 五味達哉

  • 急性脳主幹動脈閉塞に対する自己拡張ステント型血栓回収デバイスの有用性.Brain & Nerve 19:4-5, 2014

    岩渕聡

  • 眼症状と脳血管内治療.目黒区医師会会報 227:2-3, 2013

    岩渕聡

  • Automated voxel-based analysis of brain perfusion SPECT for vasospasm after subarachnoid hemorrhage. Act Neurochir 104:219-223, 2008

    Iwabuchi S, Yokouchi T, Terada H, Hayashi M, Kimura H, Tomiyama A, Hirata Y, Saito N, Harashina J, Nakayama H, Sato K, Hamazaki K, Samejima H, Ueda M

  • Intra-arterial administration of Fasdil hydrochloride for vasospasm following subarachnoid hemorrhage. Neurol Med Chir 46: 535-540, 2006

    Iwabuchi S, Yokouchi T, Hayashi M, Uehara H, Ueda M, Samejima H

  • Rupture of large vertebral artery aneurysm following proximal occlusion. Interventional Neuroradiol 11:51-58, 2005

    Iwabuchi S, Yokouchi T, Kimura H, Hayashi M, Ueda M, Samejima H

  • 高齢者破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の検討. 脳卒中の外科 33:45-49, 2005

    岩渕聡, 横内哲也, 林盛人, 富山新太, 青木和哉, 上田守三, 鮫島寛次

  • Role of protein tyrosine phosphorylation in erythocytelysate-induced intracellular free calcium concentration elevaton in cerebral smooth-muscle cells. J Neurosurg 90::743-751, 1999

    Iwabuchi S, Marton LS, Zhang JH

  • Prognostic factors for supratentorial low grade astrocytomas in adults. Neurol Med Chir 39:273-281, 1999

    Iwabuchi S, Bishara S, Herbison P, Erasmus A, Samejima H

  • Balloon occlusion test下での99mTC-HMPAOを用いたSPECTの有用性と問題点について.脳外誌 4:138-144, 1995

    岩渕 聡, 緒方 登, 後藤勝彌, 武智昭彦

  • 遺伝性高脂血ウサギ(WHHL rabbit)の頚動脈・脳動脈における動脈硬化性病変の検討.脈管学 28:489-497, 1988

    岩渕 聡

著書

  • 神経放射線学の進歩-ウイリス動脈輪閉塞症に対するEDAS術後経過観察における99mTc-HMPAO(acetazolamide負荷)SPECTの有用性. 日本医学館 1992年

  • A Festschrift for Samir Nessim Bishara-Twenty-five years of Interventional Neuroradiology. The University of Otago Press 1998

  • Cerebral Vasospasm-Analysis of patients with cerebral infarction caused by vasospasm after intra-arterial administration of fasudil hydrochloride Thieme 2004

  • 救急医療―中枢神経系救急疾患の最新治療 脳出血 先端医療技術研究所 2004

  • 脳神経外科大系―神経外傷と法律 中山書店 2005

  • Cerebral Vasospasm-Automated voxel-based analysis of brain perfusion SPECT for vasospasm after subarachnoid haemorrhage. Springer Wien New York 2008

  • Spontaneous Occlusion of the Circle of Willis (Moyamoya Disease)-Magnetic Resonance Imaging and Magnetic Resonance Angiography The Press publishing Company Tokyo Japan 2009

  • 脳・神経疾患-脳の構造と機能 学研メディカル秀潤社 2011

  • Early Brain Injury of Cerebral Vasospasm-Intra-arterial administration of fasudil hydrochloride for vasospasm following subarachnoid haemorrhage. Springer Wien New York 2011

  • 外科学概論-脳神経外科疾患 南江堂 2012

その他

  • 【テレビ・ラジオ出演】2011年6月 鳥越俊太郎 医療の現場―先端“脳”医療「脳血管内治療」(BS朝日放送)

  • 【テレビ・ラジオ出演】2011年8月 ためしてガッテン 「心原性塞栓症」 (NHK)

  • 【テレビ・ラジオ出演】2012年7月 健康知りたい話 「脳梗塞の予防と早期治療」(ラジオ日本)

  • 【テレビ・ラジオ出演】2015年2月 あさチャン「脳梗塞」(TBS)

  • 【テレビ・ラジオ出演】2015年2月 健康カプセル ゲンキの時間 「脳梗塞」(TBS)

  • 【テレビ・ラジオ出演】2015年8月 林修の今でしょ!講座 「夏にかかりやすい病気:脳梗塞」(TV朝日)

  • 【テレビ・ラジオ出演】2016年2月 実況開設テレビ 「脳梗塞ステント手術」(TV朝日)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。