新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

地方独立行政法人山梨県立病院機構 山梨県立中央病院 婦人科 部長/ゲノム検査科 部長

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医 日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(産科婦人科領域) 日本ロボット外科学会 国内B級認定ロボット手術専門医 日本臨床細胞診学会 会員 日本臨床腫瘍学会 会員

坂本 育子 さかもと いくこ 先生

公開日
2020/07/31

山梨県立中央病院婦人科部長。婦人科の良性疾患だけでなく悪性疾患にも低侵襲手術を山梨県内で初めて取り入れた。日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医と日本内視鏡外科学会 内視鏡技術認定医のダブルライセンスを有するのは山梨県内では唯一(2020年5月現在)。2016年からはロボット支援下手術にも力を入れており、2018年度は90件、2019年度は108件と、年間ロボット手術件数は国内で上位でした。がんに対するゲノム研究も行っており、いろいろな視点からがん治療を組み立てている。

坂本先生のストーリー記事

人生を懸けて治療に臨む患者さんが幸せに過ごせるようなサポートを
人生を懸けて治療に臨む患者さんが幸せに過ごせるようなサポートを

患者さんを幸せにする医療を目指す坂本 育子先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 婦人科
  • 坂本先生の子宮頸がんに関する得意な領域
    • 腹腔鏡
    • ロボットによる低侵襲手術
    • 妊孕性温存治療
    • 放射線治療
    • 抗がん剤治療
  • 坂本先生の子宮体がんに関する得意な領域
    • 腹腔鏡
    • ロボットによる低侵襲手術
    • ホルモン治療
    • 化学療法
    • 遺伝子検査によるゲノム医療
  • 坂本先生の卵巣がんに関する得意な領域
    • 手術治療
    • 抗がん剤治療
    • 遺伝子検査によるゲノム医療
  • 【疾患名】婦人科希少がん(肉腫など)【治療法】抗がん剤治療、遺伝子検査によるゲノム医療

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(産科婦人科領域)
日本ロボット外科学会 国内B級認定ロボット手術専門医
日本臨床細胞診学会 会員
日本臨床腫瘍学会 会員
  • 地方独立行政法人山梨県立病院機構 山梨県立中央病院 婦人科 部長/ゲノム検査科 部長

所属病院

山梨県立中央病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 膠原病内科 総合診療科 病理診断科
  • 山梨県甲府市富士見1丁目1-1
  • JR中央本線(東京~塩尻)「甲府駅」 車9分
  • 055-253-7111
山梨県立中央病院

医療記事

坂本先生に無料で相談

地方独立行政法人山梨県立病院機構 山梨県立中央病院 婦人科 部長/ゲノム検査科 部長

こんなありませんか?

Check!
  • 不正出血や排尿痛など自覚症状がある
  • 子宮がんではないか心配
  • まずはオンラインで医師に相談したい

坂本先生に
無料で相談してみましょう!

お問合せフォームで無料相談

坂本先生に無料で相談

地方独立行政法人山梨県立病院機構 山梨県立中央病院 婦人科 部長/ゲノム検査科 部長

こんなありませんか?

Check!
  • 子宮がんの治療を検討している
  • 治療法について不安がある 
  • 治療費について不安がある

坂本先生に
無料で相談してみましょう!

お問合せフォームで無料相談

来歴等

論文

  • Durable response by olaparib for a Japanese patient with primary peritoneal cancer with multiple brain metastases: A case report. J Obstet Gynaecol Res. 2019 Mar;45(3):743-747.

    Sakamoto I, Hirotsu Y, Nakagomi H, Ikegami A, Teramoto K, Omata M.

  • BRCA1 and BRCA2 mutations in Japanese patients with ovarian, fallopian tube, and primary peritoneal cancer. Cancer. 2016 Jan 1;122(1):84-90.

    Sakamoto I, Hirotsu Y, Nakagomi H, Ouchi H, Ikegami A, Teramoto K, Amemiya K, Mochizuki H, Omata M.

  • Unexpectedly low frequency of BRCA1/2 deleterious mutations in Japanese patients with breast cancer. Breast J. 2018 Jan;24(1):96-98..

    Sakamoto I, Nakagomi H, Okimoto K, Inoue M, Hirotsu Y, Amemiya K, Mochizuki H, Omata M.

  • Combined annotation-dependent depletion score for BRCA1/2 variants in patients with breast and/or ovarian cancer. Cancer Sci. 2018 Feb;109(2):453-461.

    Nakagomi H, Mochizuki H, Inoue M, Hirotsu Y, Amemiya K, Sakamoto I, Nakagomi S, Kubota T, Omata M.

  • Risk of spilling cancer cells during total laparoscopic hysterectomy in low-risk endometrial cancer. Gynecol Minim Invasive Ther. 2017 Jul-Sep;6(3):113-115.

    Shinohara S, Sakamoto I, Numata M, Ikegami A, Teramoto K.

  • Simultaneous detection of genetic and copy number alterations in BRCA1/2 genes. Oncotarget. 2017 Dec 6;8(70):114463-114473.

    Hirotsu Y, Ooka Y, Sakamoto I, Nakagomi H, Omata M.

  • Detection of BRCA1 and BRCA2 germline mutations in Japanese population using next-generation sequencing. Mol Genet Genomic Med. 2015 Mar;3(2):121-9.

    Hirotsu Y, Nakagomi H, Sakamoto I, Amemiya K, Mochizuki H, Omata M.

  • PALB2 mutation in a woman with bilateral breast cancer: A case report. Mol Clin Oncol. 2017 Apr;6(4):556-560.

    Nakagomi H, Hirotsu Y, Okimoto K, Sakamoto I, Amemiya K, Nakagomi S, Kubota T, Mochizuki H, Omata M.

  • Analysis of PALB2 mutations in 155 Japanese patients with breast and/or ovarian cancer. Int J Clin Oncol. 2016 Apr;21(2):270-275.

    Nakagomi H, Sakamoto I, Hirotsu Y, Amemiya K, Mochiduki H, Omata M.

  • Willingness of Japanese patients with breast cancer to have genetic testing of BRCA without burden of expenses. Breast Cancer. 2016 Jul;23(4):649-53.

    Nakagomi H, Sakamoto I, Hirotsu Y, Amemiya K, Mochizuki H, Inoue M, Nakagomi S, Kubota T, Omata M.

  • CITRUS, cervical cancer screening trial by randomization of HPV testing intervention for upcoming screening: Design, methods and baseline data of 18,471 women. Cancer Epidemiol. 2017 Oct;50(Pt A):60-67.

    Morisada T, Teramoto K, Takano H, Sakamoto I, Nishio H, Iwata T, Hashi A, Katoh R, Okamoto A, Sasaki H, Nakatani E, Teramukai S, Aoki D.

  • Cardiac arrest during spinal anesthesia for cervical conization: a case report. Clin Case Rep. 2016 Mar 29;4(5):466-8.

    Shinohara S, Sakamoto I, Numata M, Ikegami A, Teramoto K, Hirata S.

  • Pseudomyxoma peritonei due to low-grade appendiceal mucinous neoplasm with symptoms of inguinal hernia and uterine prolapse: a case report and review of the literature. Int Cancer Conf J. 2017 May 13;6(4):158-163.

    Watanabe H, Miyasaka Y, Watanabe K, Sakamoto I, Nakagomi H, Takano A, Ikegame K, Yamamoto A, Nakada H, Yasutome M, Furuya K, Hada M, Inoue M, Oyama T.

  • Multigene panel analysis identified germline mutations of DNA repair genes in breast and ovarian cancer. Mol Genet Genomic Med. 2015 Sep;3(5):459-66.

    Hirotsu Y, Nakagomi H, Sakamoto I, Amemiya K, Oyama T, Mochizuki H, Omata M.

著書

  • 産婦人科の実際 ロボット手術の効率的運用 金原出版 2020年p343−347

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

子宮がんでお悩みの方へ

坂本先生に無料で相談する