地方独立行政法人山梨県立病院機構 山梨県立中央病院 呼吸器外科 センター長

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医・評議員・渉外・広報委員会委員 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・気管支鏡指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 肺がんCT検診認定機構 肺がんCT検診認定医師 日本移植学会 移植認定医 日本組織移植学会 認定医 日本肺癌学会 評議員・たばこ対策委員

後藤 太一郎 ごとう たいちろう 先生

公開日
2021/09/27

1997年より呼吸器外科医師としてキャリアをはじめる。2011〜2014年の期間、慶應義塾大学医学部呼吸器外科で講師を務めていたが、山梨県の呼吸器外科診療、および肺がんの遺伝子研究に興味を抱き、2014年4月より現職に就いた。年間約270件(2018年度は274件)の呼吸器外科手術全症例の執刀を行いつつ、夜間休日を利用して肺がんの遺伝子研究も行い、臨床・研究ともに日本の医療業界に貢献している。慶應義塾大学外科客員准教授を兼務、そのほかJournal“Genes” “Journal of Clinical Medicine”のEditorも務めている。

後藤先生のストーリー記事

臨床と研究に力を注ぎ、よりよい医療を患者さんに届けたい
臨床と研究に力を注ぎ、よりよい医療を患者さんに届けたい

“山梨から世界へ”と挑戦を続ける後藤 太一郎先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器外科
  • 後藤先生の肺がんの専門領域
    • 肺葉・区域切除術
    • 無痛手術
    • 気管支形成術
    • 血管形成術
  • 後藤先生の胸膜中皮腫の専門領域
    • 胸膜肺全摘術
    • 集学的治療
    • ゲノム医療
  • 後藤先生の気胸の専門領域
    • 胸腔鏡手術
    • 無痛手術
    • 気胸ホットライン(365日24時間)
  • 【疾患名】進行肺がん【治療法】拡大手術、集学的治療、ゲノム医療、分子標的治療
  • 【疾患名】縦隔腫瘍 (胸腺腫など)【治療法】ダヴィンチ手術(ロボット支援手術)

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医・評議員・渉外・広報委員会委員
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・気管支鏡指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
肺がんCT検診認定機構 肺がんCT検診認定医師
日本移植学会 移植認定医
日本組織移植学会 認定医
日本肺癌学会 評議員・たばこ対策委員
  • 地方独立行政法人山梨県立病院機構 山梨県立中央病院 呼吸器外科 センター長
  • 慶應義塾大学 医学博士
  • 慶應義塾大学医学部外科 客員准教授
  • ロボット(da Vinci/ダビンチ)手術認定医/トレーニングコース修了、certificate取得

所属病院

山梨県立中央病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科口腔外科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 膠原病内科 放射線診断科 放射線治療科 総合診療科 病理診断科
  • 山梨県甲府市富士見1丁目1-1
  • JR中央本線(東京~塩尻) 甲府 車9分 JR中央本線(東京~塩尻) 甲府 車8分
  • 055-253-7111
公式ウェブサイト
山梨県立中央病院

医療記事

来歴等

略歴

1997年 慶應義塾大学医学部 卒業
1997年 慶應義塾大学医学部呼吸器外科
2005年 米国留学 (Case Western Reserve University)(〜2008年)
2008年 東京医療センター 呼吸器科 医員
2011年 慶應義塾大学 講師(医学部呼吸器外科学)
2014年 山梨県立中央病院呼吸器外科 部長
2016年 山梨県立中央病院 肺がん・呼吸器病センター センター長
2017年 慶應義塾大学 客員准教授(医学部呼吸器外科学)

論文

  • 1. To Perform or Not to Perform Surgery for Frail Patients? JAMA Surg. 2021. (in press)

    Goto T.

  • 2. Women Fare Better After Lung-Cancer Surgery: What Does This Mean for Clinical Practice? Chest. 2021 May;159(5):2119-2120.

    Goto T.

  • 3. Effect of the coronavirus disease pandemic on bronchoscopic diagnosis of lung cancer in a provincial city in Japan. J Cardiothorac Surg. 2021 Apr 28;16(1):115.

    Goto T.

  • 4. Lymph Node Dissection for NSCLC at Whose Discretion? J Thorac Oncol. 2021 Apr;16(4):e25.

    Goto T.

  • 5. Is rigid tracheobronchoscopy safe enough for airway disease? Respirology. 2021 May;26(5):507.

    Goto T.

  • 6. Virtual-assisted lung mapping: is it actually better than finger palpation? J Thorac Dis. 2021 Jan;13(1):414-416.

    Goto T.

  • 7. Association of Mutation Profiles with Postoperative Survival in Patients with Non-Small Cell Lung Cancer. Cancers (Basel). 2020 Nov 21;12(11):3472.

    Goto T, Kunimasa K, Hirotsu Y, Nakagomi T, Yokoyama Y, Higuchi R, Otake S, Oyama T, Amemiya K, Mochizuki H, Omata M.

  • 8. Is tomosynthesis an ingenious scheme for bronchoscopic diagnosis of lung nodules? Respirology. 2021 Jan;26(1):125.

    Goto T.

  • 9. Impact of coronavirus disease pandemic on surgery for lung cancer in a provincial city in Japan. J Thorac Dis. 2020 Sep;12(9):5056-5059.

    Goto T.

  • 10. Patient-Derived Tumor Xenograft Models: Toward the Establishment of Precision Cancer Medicine. J Pers Med. 2020 Jul 18;10(3):E64.

    Goto T.

  • 11. Airway Microbiota as a Modulator of Lung Cancer. Int J Mol Sci. 2020 Apr 26;21(9):3044.

    Goto T.

  • 12. Is local consolidative therapy adequate for the treatment of oligometastatic non-small cell lung cancer? J Thorac Dis. 2019 Oct;11(10):E154-E157.

    Goto T.

  • 13. Radiation as an In Situ Auto-Vaccination: Current Perspectives and Challenges. Vaccines (Basel). 2019 Aug 26;7(3).

    Goto T.

  • 14. Sarcoma with MGA-NUTM1 fusion in the lung: an emerging entity. Virchows Arch. 2019 Aug 5.

    Goto T, Arai Y, Shibata T, Oyama T, Yoshida A.

  • 15. Is surgery the choice for treatment for first presentation of pneumothorax? J Thorac Dis. 2019 May;11(Suppl 9):S1398-S1401.

    Goto T.

  • 16. Measuring Surgery Outcomes of Lung Cancer Patients with Concomitant Pulmonary Fibrosis: A Review of the Literature. Cancers (Basel). 2018 Jul 4;10(7).

    Goto T.

  • 17. Understanding Intratumor Heterogeneity and Evolution in NSCLC and Potential New Therapeutic Approach. Cancers (Basel). 2018 Jun 22;10(7).

    Goto T, Hirotsu Y, Amemiya K, Mochizuki H, Omata M.

  • 18. What is the best pain control after thoracic surgery? J Thorac Dis. 2018 Apr 2;16(1):73.

    Goto T.

  • 19. Distribution of circulating tumor DNA in lung cancer: analysis of the primary lung and bone marrow along with the pulmonary venous and peripheral blood. Oncotarget. 2017 Jul 25;8(35):59268-59281.

    Goto T, Hirotsu Y, Amemiya K, Nakagomi T, Shikata D, Yokoyama Y, Okimoto K, Oyama T, Mochizuki H, Omata M.

  • 20. Stepwise addition of genetic changes correlated with histological change from "well-differentiated" to "sarcomatoid" phenotypes: a case report. BMC Cancer. 2017 Jan 19;17(1):65.

    Goto T, Hirotsu Y, Mochizuki H, Nakagomi T, Oyama T, Amemiya K, Omata M.

  • 21. Detection of tumor-derived DNA dispersed in the airway improves the diagnostic accuracy of bronchoscopy for lung cancer. Oncotarget. 2017 Oncotarget. 2017 May 24;8(45):79404-79413.

    Goto T, Hirotsu Y, Nakagomi T, Shikata D, Yokoyama Y, Amemiya K, Tsutsui T, Kakizaki Y, Oyama T, Mochizuki H, Miyashita Y, Omata M.

  • 22. Mutational analysis of multiple lung cancers: Discrimination between primary and metastatic lung cancers by genomic profile. Oncotarget. 2017 May 9;8(19):31133-31143.

    Goto T, Hirotsu Y, Mochizuki H, Nakagomi T, Shikata D, Yokoyama Y, Oyama T, Amemiya K, Okimoto K, Omata M.

  • 23. Analysis of tumor-derived DNA in plasma and bone marrow fluid in lung cancer patients. Med Oncol. 2016 Mar;33(3):29.

    Goto T, Hirotsu Y, Oyama T, Amemiya K, Omata M.

  • 24. Video-assisted thoracic surgery for pneumothorax: republication of a systematic review and a proposal by the guideline committee of the Japanese association for chest surgery 2014. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2015 Jan;63(1):8-13.

    Goto T, Kadota Y, Mori T, Yamashita S, Horio H, Nagayasu T, Iwasaki A.

  • 25. Idiopathic pulmonary fibrosis as a prognostic factor in non-small cell lung cancer. Int J Clin Oncol. 2014 Apr;19(2):266-73.

    Goto T, Maeshima A, Oyamada Y, Kato R.

  • 26. Percutaneous cryoablation as a salvage therapy for local recurrence of lung cancer. Ann Thorac Surg. 2012 Aug;94(2):e31-3.

    Goto T, Izumi Y, Nakatsuka S, Nomori H.

  • 27. Simplified rat lung transplantation using a new cuff technique. Ann Thorac Surg. 2012 Jun;93(6):2078-80.

    Goto T, Kohno M, Anraku M, Ohtsuka T, Izumi Y, Nomori H.

  • 28. A new technique for T tube insertion in severe subglottic stenosis. Interact CardioVasc Thorac Surg. 2011 Jun;12(6):895-8.

    Goto T, Akanabe K, Oyamada Y, Kato R.

  • 29. Cavitary lung cancer with an aspergilloma-like shadow. J Thorac Oncol 2010:5:580-581

    Goto T, Maeshima A, Oyamada Y, Kato R.

  • 30. Involvement of E-cadherin cleavage in reperfusion injury. Eur J Cardiothorac Surg. 2010 Feb;37(2):426-31.

    Goto T, Ishizaka A, Katayama M, Kohno M, Tasaka S, Fujishima S, Kobayashi K, Nomori H.

  • 31. Importance of tumor necrosis factor-alpha cleavage process in post-transplantation lung injury in rats. Am J Respir Crit Care Med. 2004 Dec 1;170(11):1239-46.

    Goto T, Ishizaka A, Kobayashi F, Kohno M, Sawafuji M, Tasaka S, Ikeda E, Okada Y, Maruyama I, Kobayashi K.

著書

  • 1. 急性呼吸促迫症候群 石坂彰敏, 後藤太一郎 間質性肺炎—びまん性肺疾患 呼吸器病New Approach 7 東京 メディカルビュー社 2002:166-174

  • 2. Immunoediting and cancer priming, Taichiro Goto, Cancer Immunology and Immunotherapy, Elsevier, 2021:111-136

受賞

  • 1. 2004年 Acute Lung Injury研究会 研究奨励賞

  • 2. 2008年 慶應義塾大学医学部 刀林賞

  • 3. 2017年 がん集学的治療研究財団賞

  • 4. 2018年 第56回 日本癌治療学会総会 優秀演題賞

  • 5. 2021年 Distinguished Reviewer of Translational Lung Cancer Research

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。