新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 部長、難聴・鼓膜再生センター長、公益財団法人神戸医療産業都市推進機構 医療イノベーション推進センター 客員研究員、医療法人社団 淀さんせん会 金井病院 耳鼻咽喉科 部長

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医・耳鼻咽喉科専門研修指導医・補聴器相談医 日本耳科学会 暫定指導医 日本気管食道科学会 評議員 耳鼻咽喉科臨床学会 会員 日本聴覚医学会 会員

金丸 眞一 かねまる しんいち 先生

公開日
2020/11/06

2003年より研究を続けていた鼓膜再生療法の健康保険適用が2019年11月19日に承認。2019年12月9日に世界初の鼓膜再生用剤が発売され、国内では鼓膜再生療法がスタンダードな治療となる。今後、国内でこの治療を広めるとともに、海外展開のため、アメリカ、ヨーロッパ、中国で医師主導型臨床治験のための活動を展開している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 耳鼻咽喉科
  • 頭頸部外科
  • 【得意な領域】頭蓋底・側頭骨外科
  • 【疾患名】慢性可能性中耳炎、癒着性中耳炎【治療法】鼓室形成術などの手術療法
  • 【疾患名】めまい・難聴(メニエール病、耳硬化症)【治療法】手術療法(内リンパ嚢開放術、アブミ骨手術、人工内耳)

資格・学会・役職

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医・耳鼻咽喉科専門研修指導医・補聴器相談医
日本耳科学会 暫定指導医
日本気管食道科学会 評議員
耳鼻咽喉科臨床学会 会員
日本聴覚医学会 会員
  • 公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 部長、難聴・鼓膜再生センター長
  • 公益財団法人神戸医療産業都市推進機構 医療イノベーション推進センター 客員研究員
  • 医療法人社団 淀さんせん会 金井病院 耳鼻咽喉科 部長
  • Reviewer: Hearing Research, Laryngoscope, Tissue Engineering, Acta Oto-Laryngologica, Annals Otol Rhinology Laryngology, Auris Nasus Larynx

所属病院

北野病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 膠原病内科 脳神経内科 頭頸部外科 精神神経科 病理診断科
  • 大阪府大阪市北区扇町2丁目4-20
  • 大阪メトロ谷町線 中崎町 1号出口 徒歩5分 大阪メトロ堺筋線 扇町 2-A号出口 徒歩5分 大阪環状線 天満 南側出口 徒歩8分
  • 06-6312-1221
公式ウェブサイト
北野病院

金井病院

  • 内科 リウマチ科 外科 神経内科 脳神経外科 循環器科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 呼吸器内科 消化器内科 糖尿病内科 肛門外科
  • 京都府京都市伏見区淀木津町612-12
  • 京阪本線 淀 徒歩7分
  • 075-631-1215
公式ウェブサイト
金井病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 京都大学医学部 卒業
1990年 大阪赤十字病院耳鼻咽喉科 医員
1992年 北野病院耳鼻咽喉科 医員
1998年 京都大学医学部附属病院耳鼻咽喉科 助手
2003年 京都大学大学院医学研究科 博士(医学)取得
2005年 ロンドン大学Tissue Engineering 研究所 留学
2005年 京都大学大学院耳鼻咽喉科・頭頸部外科 講師
2005年 金井病院耳鼻咽喉科 部長兼任
2009年 京都大学大学院 医学研究科 臨床教授
2009年 北野病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科 部長
2011年 神戸先端医療センター病院 診療部再生治療ユニット耳鼻咽喉科 部長
2012年 先端医療振興財団 臨床研究情報センター 客員上席研究員
2012年 北野病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 主任部長
2020年 北野病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 難聴・鼓膜再生センター センター長

論文

  • 1. Application of Regenerative Treatment for Tympanic Membrane Perforation With Cholesteatoma, Tumor, or Severe Calcification. Otol Neurotol. 39(4):438-44. 2018

    Kanemaru SI, Kanai R, Yoshida M, Kitada Y, Omae K, Hirano S.

  • 2. STRATEGY FOR REGENERATION OF CHRONIC TYMPANIC MEMBRANE PERFORATION WITH CHOLESTEATOMA TUMOR OR SEVERE CALCIFICATION. Otol Neurotol. 39(10): 1340-1. 2018

    Kanemaru SI, Kanai R, Yoshida M, Kitada Y, Omae K, Hirano S.

  • 3. Novel regenerative treatment for the tympanic membrane. Nature. Nature Outline 22. 546:S5-8. 2017.

    Kanemaru S, Omae K, Fukushima M.

  • 4. Regenerative treatment for soft tissue defects of the external auditory meatus. Otol Neurotol. 35:442-8. 2014

    Kanemaru S, Umeda H, Kanai R, Tsuji T, Kuboshima F, Yamamoto M, Hirano S, Nakamura T.

  • 5. Functional Regeneration of Laryngeal Muscle using Bone Marrow Derived Stromal Cells. Laryngoscope.123:2728-34. 2013.

    Kanemaru S, Kitani Y, Ohno S, Shigemoto T, Kojima T, Ishikawa S, Mizuta M, Hirano S, Nakamura T, Dezawa M.

  • 6. Improvement of Eustachian Tube Function by Tissue Engineered Regeneration of the Mastoid Air Cells. Laryngoscope. 123:356-9. 2013.

    Kanemaru S, Umeda H, Yamashita M, Hiraumi H, Hirano S, Nakamura T, Ito J.

  • 7. Regenerative treatment for tympanic membrane perforation. Otol Neurolotol. 32:1218-23.2011.

    Kanemaru S, Umeda H, Kitani Y, Nakamura T, Hirano S, Ito J.

  • 8. An early mastoid cavity epithelialization technique using a postauricular pedicle periosteal flap for canal wall down tympanomastoidectomy. Acta Oto-Laryngologica 130:20-3.2010.

    Kanemaru S, Hiraumi H, Omori K, Haruo T, Ito J.

  • 9. A tissue-engineering approach for stenosis of the trachea and/or cricoids. Acta Oto-Laryngologica. 130:79-83.2010.

    Kanemaru S, Hirano S, Umeda H, Yamashita M,Suehiro A, Nakamura T, Maetani Y, Omori K, Ito J.

  • 10. A Case of Floppy Epiglottis in adult: a Simple Surgical Remedy. Auris Nasus Larynx. 34:409-11.2007.

    Kanemaru S, Kojima H, Fukushima H, Tamaki H, Tamura Y, Yamashita M, Umeda H, Ito J.

  • 11. A case report of myasthenia gravis localized to the larynx. Auris Nasus Larynx.34:401-3. 2007.

    Kanemaru S, Kojima H, Fukushima H,, Kaneko K, Yamashita M, Ito J.

  • 12. 5-fluorouracil ointment for the treatment of otitis media with effusion. Laryngoscope. 117:215-9.2007

    Kanemaru S, Nakamura T, Yamashita M, Magrufov A, Omori K, Ito J.

  • 13. Stabilization technique for Columella using trimmed autologous temporal fascia in Type III and IV Tympanoplasty - muffler method -. Acta Oto-Laryngologica Suppl 577:44-6.2007.

    Kanemaru S, Juichi Ito, Tsuji J, Fujino K, Hiraumi H, Omori K.

  • 14. Destiny of the Autologous Bone Marrow Derived Stromal Cells Implanted in the Vocal Fold. Ann Otol Rhinol Laryngol. 114:907-12.2005.

    Kanemaru S, Nakamura T, Yamashita M, Magrufov A, Kita T, Tamaki H, Tamura Y, Iguchi F, Kim TS, Kishimoto M, Omori K, Ito J.

  • 15. Regeneration of Mastoid Air Cells: Clinical Applications Acta Otolaryngol 124,supple551,80-4.2004.

    Kanemaru S, Nakamura T, Omori K, Magrufov A, Yamashita M, Shimizu Y, Takahashi H, Ito J.

  • 16. Regeneration of the vocal cord using autologous mesenchymal stem cells. Ann Otol Rhinol Laryngol 112:915-20.2003.

    Kanemaru S, Nakamura T, Kojima H, Magrufov A, Omori K, Hiratsuka Y, Hirano S, Ito J, Shimizu Y.

  • 17. Recurrent laryngeal nerve regeneration by tissue engineering. Ann Otol Rhinol Laryngol 112:492-8.2003.

    Kanemaru S, Nakamura T, Kojima H, Omori K, Hiratsuka Y, Magrufov A, Ito J, Shimizu Y.

  • 18. Alpha-interferon for the treatment of idiopathic sudden sensorineural hearing loss. Eur Arch Otorhinolaryngol. 254:158-62.1997.

    Kanemaru S, Fukushima H, Nakamura H, Tmaki H, Fukuyama Y, Tamura Y.

著書

  • 1. Shin-ichi Kanemaru. A tissue-engineering approach to tympanic membrane regeneration. The Principles of Regenerative Medicine. p38-46, p95-104, Editor Masanori Fukushima, Editorial Translational Research Center for Medical Innovation, Kobe, Japan 2020.

  • 2. Shin-ichi Kanemaru Regeneration of the Tympanic membrane. Master Techniques in Otlaryngology-Head and Neck Surgery Otology, Neurotology, and Lateral Skull Base Surgery p93-98. Editor J. Thomas Roland, Jr Wolters Kluwer Philadelphia. 2018.

  • 3. Kanemaru S. ""Tympanic Membrane Regenerative Treatment."" “New Horizons"" section of “The Chronic Ear”. Editors: Michael B. Gluth, MD and John Dornhoffer MD. Thieme Publishers. New York ,USA

  • 4. Kanemaru S. “Current Situation of Regenerative Medicine” Chapter 1 of Regenerative Medicine in Otolaryngology” Editor: Juichi Ito MD., PhD. Springer Japan 2015.

  • 5. Kanemaru S. “Regeneration of the Soft Tissue Defects of the External Auditory Meatus” “Chapter 3 of Regenerative Medicine in Otolaryngology” Editor: Juichi Ito MD., PhD. Springer Japan 2015.

  • 6. Kanemaru S. “Regeneration of the Tympanic Membrane” Chapter 4 of Regenerative Medicine in Otolaryngology” Editor: Juichi Ito MD., PhD. Springer Japan 2015.

  • 7. Kanemaru S. “An Approach in Regenerative Medicine for the Treatment of Intractable Otitis Media” “Chapter 5 of Regenerative Medicine in Otolaryngology” Editor: Juichi Ito MD., PhD. Springer Japan 2015.

  • 8. Kanemaru S and Nakamura T. “Peripheral Nerve Regeneration by tissue Engineering for Prevention of Misdirection” “Chapter 6 of Regenerative Medicine in Otolaryngology” Editor: Juichi Ito MD., PhD. Springer Japan 2015.

  • 9. Yamashita M, Kitani Y, Kanemaru S. “Laryngeal Framework Regeneration” “Chapter 10 of Regenerative Medicine in Otolaryngology” Editor: Juichi Ito MD., PhD. Springer Japan 2015.

  • 10. Kanemaru S, Omori K, Yamashita M, Nakamura T. “Regeneration of the Trachea” “Chapter 15 of Regenerative Medicine in Otolaryngology” Editor: Juichi Ito MD., PhD. Springer Japan 2015.

  • 11. Hirano S, Kanemaru S. “Future Prospective” “Chapter 16 of Regenerative Medicine in Otolaryngology” Editor: Juichi Ito MD., PhD. Springer Japan 2015.

  • 12. Kanemaru S. ""Tympanic Membrane Regenerative Treatment."" ""New Horizons"" section of “The Chronic Ear”. Editors: Michael B. Gluth, MD and John Dornhoffer MD. Thieme Publishers. New York ,USA 2015.

特許

  • 1. 発明者/出願人:金丸眞一、児嶋久剛 発明の名称:含気腔の再生用基材およびその再生方法 指定国:米国(第10/841,691号)、日本(特許第3678497号) 出願日:2001年11月6日

  • 2. 発明者/出願人:金丸眞一/科研製薬 発明の名称:鼓膜または外耳道再生剤 指定国:日本 出願番号:特願2008-167744 提出日:平成20. 6.26

  • 3. Title: Agent for Regenerating Tympanic Membrane or External Auditory Canal International Application No.: PCT/JP2009/061767, International Filing Date: 26.06.2009 Countries: USA, CANADA, EPC, AUSTRALIA, CHINA, KOREA, SINGAPORE, MEXICO, BRAZIL, RUSSIA, INDIA.

  • 4. 中空針及びチューブ留置用器具 特許第5021285号

  • 5. 吸引器具、吸引システムおよび吸引方法 特許5516950号 US8613735 B2

その他

  • 【受賞】2002年 米国気管食道科学会 「自己骨髄由来間葉系幹細胞移植による声帯の再生」で日本人初のBroyles Malony Award 受賞

  • 【新聞】2002年3月17日 朝日新聞  「人工神経」で再生治療

  • 【新聞】2002年5月9日 産経新聞  幹細胞から声帯再生

  • 【新聞】2004年5月9日 朝日新聞  人工気管で粘膜再生

  • 【新聞】2011年10月20日 読売新聞  鼓膜再生新治療実現へ一歩

  • 【新聞】2014年8月5日 産経新聞 外科手術なしで鼓膜再生 細胞を活性化、3週間で聴力回復

  • 【新聞】2015年2月13日 日本経済新聞 鼓膜を再生、治験実施へ 神戸の医療財団

  • 【新聞】2015年2月13日 神戸新聞 鼓膜の再生治験開始 先端医療センター病院など

  • 【新聞】2019年12月12日 毎日新聞 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  • 【新聞】2019年12月14日 読売新聞 スポンジ詰めて細胞増殖促す、新たな鼓膜再生法に保険適用

  • 【新聞】2019年12月16日 日本経済新聞 幹細胞の力利用し鼓膜再生 大阪の病院、患者負担減

  • 【新聞】2019年12月17日 朝日新聞デジタル 破れた鼓膜、薬使って再生 大阪の病院、負担少なく聴力改善

  • 【新聞】2020年8月18日 夕刊フジ【ここまで進んだ最新治療】「手術しない」鼓膜の再生療法が保険適用に 聴力の回復は圧倒的に向上

  • 【新聞】2020年8月20日 産経デジタル「手術しない」鼓膜の再生療法が保険適用に 聴力の回復は圧倒的に向上

  • 【新聞・テレビ出演】日経メディカル、週刊朝日、週刊ポスト、毎日放送(テレビ)、関西テレビ、テレビ大阪、ラジオ大阪、地方新聞・テレビなど

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。