まんせいせいちゅうじえん

慢性中耳炎

耳・鼻

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

慢性中耳炎とは、外耳と中耳を隔てている鼓膜の奥にある中耳に慢性的な炎症がある疾患です。そのため様々な病態が含まれます。

原因

耳と鼻の奥をつなぐ耳管がうまく機能しないと、中耳換気が障害されます。そして中耳炎を繰り返し、慢性中耳炎になります。したがって、慢性中耳炎の発症には耳管の解剖学的・機能的要因が大きく関係しています。慢性中耳炎には鼓膜に穴があいている穿孔性中耳炎、鼓膜が中耳の一部と癒着している癒着性中耳炎、周囲の骨を破壊する真珠腫性中耳炎など様々な病態が含まれます。

耳管経由で細菌が中耳に入ると急性中耳炎になり、適切な治療が行われないと炎症が遷延し慢性中耳炎になります。また、中耳換気が上手くいかないと鼓膜が中耳内側壁に癒着する癒着性中耳炎や周囲の骨を破壊する真珠腫性中耳炎が引き起こされるます。

症状

遷延した炎症により音の伝わりが障害され、難聴をきたします。また、耳漏は感染の悪化により容易に出現し、繰り返します。急性中耳炎と異なり、耳痛は稀です。真珠腫性中耳炎については別項に詳しく述べていますが、周囲骨を破壊することで難聴以外にもめまい、顔面神経麻痺、味覚障害、細菌性髄膜炎など様々な症状が出現します。

検査・診断

顕微鏡や内視鏡を用いて鼓膜や中耳の状態を観察します。また、難聴の評価目的に純音聴力検査を行います。起炎菌を同定するために細菌培養検査も行います。側頭骨CTにより中耳発育、炎症の程度、骨破壊の有無などを評価します。頭蓋内の合併症が疑われる場合にはMRIを行うこともあります。

治療

治療の目的は耳漏停止と聴力改善です。まずは抗菌薬の内服、点耳により耳漏停止を目指します。また、鼓膜の穿孔を通じて中耳腔内を洗浄します。根本的治療は手術になります。鼓室形成術で中耳腔を清掃し、耳小骨再建や鼓膜穿孔閉鎖により難聴を改善します。