ちゅうじえん

中耳炎

耳・鼻

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

中耳炎とは、鼓膜(こまく)より内側の中耳(ちゅうじ)という空間で起こる感染症です。細菌やウイルスが喉から中耳へ移動することが原因となります。

中耳炎を発症すると、耳痛(じつう)耳閉感(じへいかん)、また発熱が起こることもあります。3歳以下の子どもに発症することが多といわれていますが、小さなお子さんの場合症状をうまく説明できないため、注意が必要です。

原因

中耳炎は、中耳に細菌やウイルスが入りこむことで起こります。中耳と喉の奥は、耳管(じかん)という管によりつながっています。そのため、風邪を引いているときなど細菌やウイルスに感染すると、喉から細菌やウイルスが中耳に移動して中耳炎を発症します。

子どもの耳管は、大人に比べて太く細菌やウイルスが移動しやすいため、発症しやすいのです。

症状

中耳炎の症状は、以下の通りです。

  • 耳痛(じつう)
  • 発熱
  • 耳閉感(じへいかん):飛行機に乗った後におこる耳が詰まった感じ
  • 耳漏(じろう):耳の穴から(うみ)がでること
  • 難聴

小さなお子さんの場合は症状をうまく説明できないため、以下のような症状があるときには中耳炎の可能性もあります。

  • 耳をよく触る
  • 機嫌が悪い
  • 元気がない
  • 食欲がない

など

検査・診断

診察では、耳鏡(じきょう)という耳の中を観察する器機で、鼓膜の状態を確認します。中耳炎を起こしている場合、鼓膜が発赤(ほっせき)したり、膿が中耳に溜まることによって鼓膜が腫れたりすることがあります。

また、膿がひどく溜まったときには自然に鼓膜に穴があき、膿が流れ出ていること(耳漏)もあります。そのほかにも、聴力検査で耳の聞こえを確認することがあります。炎症の程度がひどい場合にはCT検査を行い、詳細に評価することもあります。

治療

鼓膜が発赤したりや膿が溜まったりしている場合は、まずは抗生剤の内服を行います。痛みに対しては痛み止めの内服が必要です。

抗生剤の内服を行っても膿が溜まったままのときは、麻酔を行い小さなメスで鼓膜を切開して膿を外に出すことが必要です。鼓膜を切開して穴があいた後や、自然に鼓膜が破れたときは、抗生剤の点耳液を耳の中に入れる治療も行います。

耳漏があるときには細菌の検査を行い、どのような抗生剤が効果的かを調べる必要があります。不必要な抗生物質の使用は、耐性菌(たいせいきん)(抗生物質が効かない細菌)を作ってしまう原因にもなりえるため、医師とよく相談したうえで治療を受けることが大切です。

「中耳炎」に関連する他の記事
もっと見る